通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫) 文庫 – 2000/9/18

5つ星のうち 4.3 32件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 18,127 ¥ 668
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)
  • +
  • 野に出た小人たち―小人の冒険シリーズ〈2〉 (岩波少年文庫)
  • +
  • 川をくだる小人たち―小人の冒険シリーズ〈3〉 (岩波少年文庫 (064))
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

Japanese edition of The Borrowers. Classic humorous tale of mouse sized "little people" who "borrow" human devices to live comfortably. This Carnegie Medal winner soon to be a movie made by world famous Studio Ghibli. In Japanese. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

イギリスの古風な家の床下に住む小人の一家。暮らしに必要なものはすべて、こっそり人間から借りていましたが、ある日、その家の男の子に姿を見られてしまいます―カーネギー賞を受賞した「小人シリーズ」の第1作。小学5・6年以上。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 273ページ
  • 出版社: 岩波書店; 新版 (2000/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4001140624
  • ISBN-13: 978-4001140620
  • 発売日: 2000/9/18
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.9 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,065位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2001/7/11
形式: 文庫
かりぐらしとは、人間の持ち物を借りて(持っていって)暮らしている小人たちのことです。この本は、かりぐらしたちのお話の最初の本。私は、これを読んで以来、何かを無くしたときは、小人たちが借りていったのかもしれないと思うようになりました。自分の家の床下に、こんなに楽しい小人たちが居たら、とても素敵なことだと思います。大人も、子供も、かりぐらしと友達になりたいはず。シリーズで数冊ありますが、この本が一番、かりぐらしたちの楽しい生活を間近で見ているような気分になります。ほんとに、おすすめ。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer トップ1000レビュアー 投稿日 2016/6/27
形式: 文庫
ロンドンに住む少女ケイトは、同居しているメイおばさんに編み物を習っているのだが、ある日肝心の編み棒を失くしてしまう。
確かに置いたと記憶しているのは本棚の一番下の段。
それを聞いたメイおばさんは、ケイトに「借り暮らしの小人」たちのことを話し始める。
メイがまだ子供だったころ、幼い弟が病気の療養のために田舎の屋敷で暮らすことになった。
その屋敷の大時計の下には小さな穴があり、その奥には身長が僅か20センチ足らずの借り暮らしの小人の家族が暮らしていたのだ。
母親のホミリーは、借りたジャガイモの皮を剥くのに、これまた借りた爪きりばさみの片割れを使う。
一人娘のアリエッティは、肖像画の替わりに借りたヴィクトリア女王が描かれている切手を壁に掛けた部屋で、借りた豆本を愛読する。
それらを人間の居住場所から借りてくる、借り物の名手こそは父親のポッドだ。
小人たちは、人間とは自分達を養うために存在しているのだと言って憚らないのだが、本能的に人間達によって「見られる」ことを恐れている。
ところが、初めて父親の借り物の手伝いのために外に出たアリエッティは、旺盛な冒険心が災いして、メイの弟である巨大な男の子に「見られて」しまうのだった・・・

物語はメイおばさんがケイトに話しかけるというスタイル
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 romarin 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/1/26
形式: 文庫
この本は、ファンタジーに分類してもよいと思いますが、魔法が出てきたり
壮大な話だったりするわけでもありません。
床下なんかに、とっても小さな人たちが住んでいて、人間の持ちもの 安全ピンなどを「借りて」暮らしている、という物語です。
小人達は、人間に「見られる」ことを最大の恐怖として生きているので、その
生き様はなかなかスリリング。本当に、家にいるような、そんな身近な感覚
をおこさせてくれる本です。
「(床下の)小人がいないなら、なぜ工場は安全ピンを作り続けるのか」
というのはある意味名言ですね。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
床下のアリエッティ(ジブリ映画)を観て、興味があったので原作を手にとりました。
原作のほうが、断然面白い!!
映画を観ていて、「急に話飛んだなぁ」と思ったシーンがいくつかありましたが、
原作を読むと、「ああこれを盛り込みたかったのか!」と納得したり。

訳が好きで、林 容吉さん訳のものを全シリーズ読みました。

ハードカバーなので電車で読むわけにもいかず、
夜寝る前にベッドで読むのが楽しみでした☆
アリエッティたちは床下で暮らしているので、
薄明かりの中で読むのが雰囲気でます。

お勧めです!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「借り暮らしのアリエッティ」をみて、判然としない部分が多々あり、原作を購入しました.アニメの翔は、原作では9歳の男の子。父親のポッドは家主でねたきりの婦人に毎晩、話し相手になっていたり、アリエッティが安全のために外に出してもらえない境遇であったり、初めて「借り」にでたアリエッティが初めて人間の男の子の実物に出会い、長々と話し込むシーンなど、原作では人間と小人の世界感の大きな違いがアリエッティ視点でしっかりと描かれています。アニメでは唐突な感じがする翔とアリエッティの会話のシーンも原作をよむとなるほどと納得できます。いろいろな物がなくなることでメイドがやめさせられる事件があったことなどから、お手伝いが小人たちを「泥棒」として追い出そうという心理もよくわかります.ただ、海外の古典童話という範疇をでない作品なので、児童文学の好きな方や、アニメがらみで読まれる方以外には退屈かもしれません.
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー