この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

広河村異聞 戦前・戦中茨城県教育史 ―祖父母の生き来し道より― 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/25


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/7/25
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

国民学校長だった著者の祖父は敗戦の翌年に、民主教育担当者として適任ではないとして退職した。祖母に「学校やめて百姓する」といったという。戦後の「新しい教育」をあたりまえのように受けた世代である著者は、祖父がなぜ学校をやめなければならなかったのか理解できなかった。そもそも戦中・戦前の教育はどういうものであったのか。著者は祖父母がどういう教育を受け、時代をどのように生きてきたのかを知るために、さらに曽祖父母の生きた時代へと郷土の歴史をさかのぼる必要にせまられた。先祖の生きた時代をたどる旅は、新鮮な驚きと発見、示唆に満ちていた。この感動をぜひ若い人たちに知らせたい。

著者について

東京都在住。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 226ページ
  • 出版社: 青山ライフ出版; 初版 (2015/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864501904
  • ISBN-13: 978-4864501903
  • 発売日: 2015/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 952,491位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう