この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

広島お好み焼物語―ふしぎな食べものが生まれたのはなぜ? (PHPノンフィクション) 単行本 – 2004/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 11,820
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

独自のスタイルを持つ広島風のお好み焼。なぜ広島であの形になったのかを探ると、そこには原爆被害との強いかかわりが隠されていた。

広島のお好み焼は、一般のお好み焼とは形も材料も異なり、焼き方が難しく、店の人が焼いてくれることが多い。実は日本の中で人口に対してお好み焼店が一番多いのが、広島県。大阪などより、群を抜いて多い。それだけお好み焼が、広島人に愛され、親しまれているのは、なぜなのだろうか。
本書では、時代をさかのぼって、お好み焼の発祥からたどり、子どもの駄菓子のひとつだったお好み焼がいつごろから大人も食べるものになったかをさぐる。また、なぜ広島でお好み焼が独自のスタイルを作り出したかの答えを探すと、やはり広島が受けた大打撃・原爆につながっていた。1945年の原爆の投下によって壊滅的な被害を受け、なにもない荒れ地となったため、ゼロからの出発に、お好み焼はここで独自の進化をしていくのだ。平和な現在は、メーカー、行政、お好み焼店などが結束して、広島の誇れるお好み焼を未来を担うこどもにつなげようとする活動もはじまっている。

内容(「BOOK」データベースより)

広島の人はお好み焼が大すき。でも、広島のお好み焼は日本人の多くが知っているお好み焼とは少しちがう。このふしぎな食べものが広島で生まれたのは、なぜなのか?謎を解くカギは、一九四五年八月に襲ってきた原子爆弾にあった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 162ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2004/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569684874
  • ISBN-13: 978-4569684871
  • 発売日: 2004/06
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,118,821位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。果実酢