Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,300

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[前田 将多]の広告業界という無法地帯へ ダイジョーブか、みんな?
Kindle App Ad

広告業界という無法地帯へ ダイジョーブか、みんな? Kindle版

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,300
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1,098

商品の説明

内容紹介

「電通」の理不尽エピソード満載!
「電通新入社員自殺事件」でブログが話題に。
元コピーライターによる激白エッセイ!

恐ろしいのは、どこにでもいる普通の人たちだ――
広告業界の第一線で働いてきた著者が見た、聞いた、大の大人たちが繰り広げる仕事上のしょーもない理不尽の数々を、ユーモアと屁理屈で昇華する必笑コラム集。

内容(「BOOK」データベースより)

「電通」の理不尽エピソード満載!「電通新入社員自殺事件」でブログが話題に。元コピーライターによる激白エッセイ!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1991 KB
  • 紙の本の長さ: 171 ページ
  • 出版社: 毎日新聞出版 (2017/3/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XBS4JGC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 4,657位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
この本を買わねばならない。そんな思いに駆られて購入した。
広告業界の現実と課題がとても分かりやすく描かれている。
電通の歴史部分に関する記述も大変興味深く、広告業界やその中で生きる人々に対する著者の愛を感じられる優しい内容であった。
電通に関するニュースで少しでも興味を持った人、広告業界に生きる人、様々な人に読んでもらいたい本。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
広告業界の端っこにいる人間としては
1番電通の内情を語っている本だと感じる。
賛否両論あると思うが、広告業界はそんなに女性が尊重される業界ではないのも事実だし
そこをできるだけ柔らかく且つ正直な気持で書いているの感じた。著者のマジメでロマンチストな面がうかがわれる。
体裁だけの広告指南本よりはよほど広告業界を知る本と思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は「ダイジョーブか?」という心配の一言を
電通の今奮闘中の元同僚に、日夜荷物を運ぶドライバーさんに、
そして多くの働く人みんなに
問いかけるために書かれた気がする。

職場というのはそこで働く人にしかわからないことがあるが
憶測や噂は一人歩きしていつの間にかそれが本当であるかのように語られる。
著者は一つ一つ真実を洒脱に時には真面目に書いている。

世間の羨望や憧れといった視線と同時に
嫉妬や妬みといった感情にも同じくらいさらされてきたのだろうけれど
著者は一貫して奢ることなく腐ることなく誇り高くいる。
それはいつも弱い立場の人に視線を向けているのが
著書からわかるからである。

自殺することになってしまった女性社員のことをいかに深く考えたか
そこでまだ働き続けている元同僚をいかに思いやっているか感じる。
そして周りに目を向けると
実は多くの人が働き方を考える過渡期に来ていると気づかされる。

私にできることはほんの少し。
みんなに少し優しくなろう。
ほんの少し自分が優しくなれる環境にしていこう。
そして少し自分が変わったことを
著者に感謝している。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の「自分が好きなモノ」への愛、それが道を間違えてしまった哀しみを
ユーモアをたっぷりまぶして書かれている。
私たちがどのように働くべきか、深く考えさせられる。
これからの世代の人たちのために、今、変えるべきことがここには提示されている。
広告業界だけが特別なんじゃない。
全ての働く日本人が読むべき、道しるべのような本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover