Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 907

¥ 713の割引 (44%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[本田哲也, 田端信太郎]の広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。
Kindle App Ad

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。 Kindle版

5つ星のうち 2.8 47件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 907

商品の説明

内容紹介

『アナと雪の女王』は、なぜ1000万人を動かしたのか?
LINEは、なぜ4億人のユーザーの心をつかんだのか?
誤発注されたプリンは、なぜ完売したのか?

“戦略PR”の第一人者とLINE大ブレイクの仕掛人が考える
「情報爆発・消費者主導の時代に、人はどうすれば動くのか?」

「テレビや新聞に広告を打てば、自社商品やサービスはもっと売れるのに!」
「ソーシャルメディアでクチコミを巻き起こせばヒット間違いなし!」
「広告宣伝費を使ってキャンペーンを張れば、知名度は確実に高められる」

そんな期待を持っている人がいたら、そうしたことはいったんあきらめたほうがいいかもしれません。

インターネットの普及などにより流通する情報量が爆発的に増える一方、生活者はネットやHDDレコーダーなどを活用し、自分で情報を選択するようになっています。そんななか、旧来のマス広告やメディア露出では、昨今、人は動かなくなっています。

本書では、企業発信の情報よりも、売るための世論=空気をつくることが大事と説く『戦略PR』がベストセラーとなった本田哲也氏と、数々のメディア立上げに携わり、現在大ブレイク中のコミュニケーションアプリLINE仕掛人としても知られる“メディア野郎”田端信太郎氏がタッグを結成。大々的な広告キャンペーンやメディア展開をせずに人を動かすことに成功した事例を、1000人、1万人、10万人、100万人、1000万人、1億人、10億人と、スケールごとに分析。生協のプリン誤発注からアナと雪の女王、LINEまで、そのヒットの秘密を探っていきます。

広告・メディア業界人はもちろん、企業経営者、マーケティング担当者も必読の一冊。

「人を動かせない時代」に「人を動かす」ヒントがここにある!

出版社からのコメント

おそらく、本書を手にとった人は、広告やメディアを使って
自社製品やサービスをアピールしたい、たくさんの人を集め行動を促したい――
そんなふうに思ってこの本を手にしたはずだ。

タイトルどおりに「あきらめなさい」と言われて、その通りだと思える人は、
実際に本を手にとって、読み進めることはしないだろう。
ページを開き、この序文を読みだしたあなたは、広告やメディアで人を動かしたり、
モノを売ったりするにはどうすればいいのだろうかと、あきらめきれずに考えているはずだ。

しかし、はじめに断言しておく。

テレビや新聞・雑誌といったマスメディアに取り上げられることや、
大量の出費をして多くの広告枠を買うこと、それ自体によって
人を動かせると思ったら、それはもはや過去の考え方だ。
そうしたことは、もうあきらめたほうがいい。

流行の新概念のベールをまとい、カタカナ言葉とともに小難しく語られる
「×××マーケティング」の類いが、魔法のような御利益をもたらすと
期待することもあきらめたほうがいい。

そして、人間心理の本質への共感や洞察もなく、
まるでアリバイづくりのように日々ローンチされ続ける「新製品」から
大ヒットが生まれるというような期待を持つこともあきらめたほうがいい。

筆者は、広告やマーケティングを通じて人を動かそうとすることに関して、
表面的なテクニックに関する議論ばかりが溢れかえり、
小学生でもわかるような「本質」論がおざなりにされていることに、
強い懸念を抱いている。

(田端信太郎「まえがきにかえて」より一部抜粋)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4354 KB
  • 紙の本の長さ: 149 ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014/7/30)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00MA3Q1JY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 16,953位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
●追記●
この本に5つ★を付けている人は、この本含めて「全員が」3冊以内ないしは、ほとんどが<この本のみのレビュアー>です!!!(2014/10/1時点)

 ステマと言うのも笑ってしまう何とつたないマーケティング戦略でしょう!! 
いわゆる「PR会社」のやりそうなことを、そのまんまやってます。

ネガティブレビューに即座に「参考にならなかった」票を入れてくる人がいたので、もしやと思ってポジティブレビュアーの実態を見れば、
笑っちゃうほどのこのくだらない有りさま。もうちょっと考えてマーケティングしましょうよ。頼みます! 

これまで★2つ評価でしたが、★1つに下げました。もし、0点があるなら、喜んで0点付けさせていただきます。

●以下最初のレビュー●

言っていることには、たいへん共感!
本当にその通り! よくぞ言ってくれました!

でも、ではいったいどうやってこの素晴らしい問題提起を解決するの?
まさか、「対象の想定数によってメディアを使い分けていく」――というだけじゃありませんよね????

この先を知りたかったら、コンサル契約結ばないといけないの?
じゃあ、コンサルお願いしよ
...続きを読む ›
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書の主張は、タイトルに凝縮されるが、この主張は6年以上前までなら正しかったが、
今は「古すぎて、正しくない・使えない」駄本である。

 6年という数字の根拠は、本書24頁から引用される『明日の広告』の刊行が6.5年前だから。
本書の主張は、6.5年前のベストセラー『明日の広告』と全く同じ「パクリ」である。

 あれから6年以上経過した現在の広告業界は、かなり進化している。 その事実を
「知らずか、無視して」あたかも広告業界が全く進化していないと断じる「ウソを流布」してはいけない。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
何で、著者らに代表される、この手の人たちの言葉には深みがないのだろうか。ほぼすべて推測の域を出ない話ばかりで、マーケティングに携わる読者に有益な示唆を与えられるとは到底思えない。読んでいて、内容の非論理性に非常なる不快感がこみ上げてきてしまった。消費者を動かすには共感が大事だと主張されているが、全く著者らの話には共感できなかった。そもそもこの著者らは消費者をバカにして上から目線で見ているのではないだろうか、著者らが展開してるビジネスもそうしたものだろう…などという印象をもってしまうほど、著者らへのイメージ低下を感じてしまった。LINEとかいう韓国資本のビジネスで一発当てれば、こういう駄本も出版してもらえるということか。ブランド戦略の視点から見ると、この駄本の出版は著者らの本業に負の影響を与えていると言わざるを得ない。本当はマイナス点を与えたいが、Amazonでは1点が最低点なので、1点。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルとPART1の冒頭をチラッと
読んで買いました。
結論から言うと、
大学生の論文レベルの構成・文章力で、
お金を払って読むものではなかった。
PART1で論じられている、
顧客をコントロールしようとする
旧態依然として発想は通じないという
箇所はなるほどだが、これだけ。
PART2では、●万人を動かすには、
ということを、
具体的事例をもとにダラダラした
対談が続く。
まるで「●●さんはこうやっていた、こう言っていた」
ということを聞かされているようだ。
PART3は、どうしたら人の心を動かせるのか?
を論じているようで、
結局何が言いたいのか不明瞭であった。
加えて同じフレーズ、内容が何度も繰り返される。
全体を通して、文章がじゅうぶん推敲されていないとしか思えない。
書籍のつくりも、する必要のない本文2色刷で、
入れている図表なども、
そのまま掲載しているだけ、
著者の持論なり発見がない。
意味のない2色刷であれば、
その分本体価格を下げた方が
読者のためだと思う。
この手の本を日頃読んでいない人々
...続きを読む ›
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover