この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

広告も変わったねぇ。「ぼくと広告批評」と「広告の転形期」についてお話しします。 単行本 – 2008/11/28

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

第1章 広告も変わったねぇ。
─── 天野祐吉

第2章 それでも広告は表現じゃなきゃ。
─── 杉山恒太郎(電通/常務執行役員) × 天野祐吉

第3章 CM はあいさつじゃないのかな。
─── 中島信也(東北新社/ CM ディレクター)× 天野祐吉

第4章 「明日の広告」って、手間はかかるけど楽しそうだね。
─── 佐藤尚之(電通/クリエイティブディレクター)× 天野祐吉

第5章 消費者が広告を「する」時代、でしょ?
─── 伊藤直樹(GT /クリエイティブディレクター)× 天野祐吉

第6章 やっぱり変わるんだよねぇ、言葉も広告も。
─── 谷山雅計(谷山広告/コピーライター)× 天野祐吉

あとがき

出版社からのコメント

広告はいま、大きな転形期です。 ─ 天野祐吉

広告業界にいま起こっている「大きな変化=転形」を、『広告批評』の天野祐吉氏が解き明かした1冊。
30年にわたって広告を見つめつづけてきた広告批評家の視点からの解釈に業界のトップランナー5人との対話も交えて、「広告のいま」と「これから」をさまざまな側面から描き出しています。

・広告はいま、どのような方向に進みつつあるのか。
・ウェブ広告は今後、どのような役割を担うようになるのか。
・ウェブ広告とマス広告の関係はどうなっていくのか。
・「消費者」「生活者」との関係は、どうあるのが理想的か。
・いま広告業界の最前線にいる人たちは、どういう意識をもって広告制作に取り組んでいるのか。
・『広告批評』休刊の「お知らせ」でも引き合いに出された「広告の転形期」とは、いったいどういうものなのか
といった、多くの人たちが感じている「変化」の探究が、この本のテーマです。

【特別インタビュー】
著者が本書の企画意図を語る「逆インタビュー」を特別公開。(インタビュアー:天野祐吉「広告も変わったねぇ。」著者、話し手:松永光弘出版プランナー、エディター)


【対談より】

対談1:杉山恒太郎(電通/常務取締役)×天野祐吉
ウェブは広告そのもののカタチをも変えていくことになるでしょう。(天野)
ぼくはコミュニケーションデザインだとかなんだとか、言葉はいろいろ変わっても、広告の基本が表現だということは変わらないと思うんですよ。(杉山)


対談2:中島信也(東北新社/CMディレクター)×天野祐吉
クリエイティブとは)芸を見せるということですよね。(中島)
これからのマス広告は、「オピニオン」に集約されていくんじゃないかと思うんです。(天野)



対談3:佐藤尚之(電通/クリエイティブディレクター)×天野祐吉
「アタシはバカだけど、アンタもバカだねぇ」というのがコミュニケーションの基本だよね。(天野)
伝えたい相手のことをとことん考えていくと、使うメディアなんて自然と決まる。(佐藤)



対談4:伊藤直樹(GT/クリエイティブディレクター)×天野祐吉
日本人には、さわらないことで不足しているものを埋めようとする欲求が強いと思うんです。(伊藤)
ぼくもあと20年、若かったら、伊藤さんたちみたいな仕事をやってみたいね。あ、20年じゃ、無理か。30年、いや、40年だ(笑)。(天野)


対談5:谷山雅計(谷山広告/コピーライター)×天野祐吉
こんどこそ「言文一緒」の言葉が出てくるんじゃないかと思ってるんですよ。(天野)
人がコメントをつけやすい、コメントをつけたくなる隙のようなものは、すごく必要だと思っているんですよ。(谷山)


第1章では、天野祐吉氏が、みずからの「広告批評人生」と広告の歴史や変遷についても振り返りつつ、長年の批評を通じて見きわめた「広告の本質」についても確認しながら、「いま広告に起こっている転形」を総括。
つづく、第2章以降では、天野氏と広告制作のフロントラインで汗を流す5人のクリエイターたち、すなわち、

杉山恒太郎 …… 電通の常務取締役。いま話題のコミュニケーションデザインの推進者。
中島信也  …… 「伊右衛門」をはじめとした数々の名CMの制作を手がける。東北新社のCMディレクター。
佐藤尚之  …… ベストセラー『明日の広告』の著者。最先端を走る電通のクリエイティブディレクター。
伊藤直樹  …… カンヌ国際広告祭で連年受賞をつづける気鋭のクリエイター。GTのクリエイティブディレクター。
谷山雅計  …… TSUBAKIやYonda?を手がけた名コピーライター。ベストセラー『広告コピーってこう書くんだ!読本』の著者。

との対話を通じて、現場の実感やクリエイティブ感覚の変化なども交えながら、「広告のいま」と「これから」を浮き彫りにしています。

【目次】
第1章 広告も変わったねぇ。
─── 天野祐吉

第2章 それでも広告は表現じゃなきゃ。
─── 杉山恒太郎(電通/常務執行役員) × 天野祐吉

第3章 CM はあいさつじゃないのかな。
─── 中島信也(東北新社/ CM ディレクター)× 天野祐吉

第4章 「明日の広告」って、手間はかかるけど楽しそうだね。
─── 佐藤尚之(電通/クリエイティブディレクター)× 天野祐吉

第5章 消費者が広告を「する」時代、でしょ?
─── 伊藤直樹(GT /クリエイティブディレクター)× 天野祐吉

第6章 やっぱり変わるんだよねぇ、言葉も広告も。
─── 谷山雅計(谷山広告/コピーライター)× 天野祐吉

あとがき

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: インプレス (2008/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844326430
  • ISBN-13: 978-4844326434
  • 発売日: 2008/11/28
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 869,750位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2009年1月27日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年12月3日
形式: 単行本
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月3日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年12月2日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ヒルズ 犬ヒルズ サイエンスダイエット 犬