通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門 単行本 – 2014/8/28

5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/8/28
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 193

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門
  • +
  • 広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「大阪の虎ガラのオバチャンと227分デートしてみた! 」「忍者女子」など、ネットで話題になった数々の人気コンテンツの仕掛け人が初めて明かす、「広告なのにシェアされる」コンテンツマーケティング実践論。「広告らしくない広告」「コンテンツとして楽しんでシェアしてもらえる広告」は、具体的にどんな形で実現していくのか? 「ネット上で話題になり、バズるコンテンツをどう作るか?」「効果にどう結び付けるか?」「ステマ扱いされないようにするには?」などをテーマに、実例と作り方を解説。

著者について

谷口 マサト(LINE 広告事業部 チーフプロデューサー)
1972年滋賀生まれ。横浜国立大学の建築学科を卒業後、空手修行のため渡米、主にヌンチャクを学ぶ。空手のテキサス州大会と柔術の大会で優勝した後、帰国するもヌンチャクでは食えず、96年にいち早くネット業界に入る。制作会社を経て外資系のIT系コンサル会社へ。当時日本で数少ないIA(情報設計)の専門家として、大手コマースサイトのリニューアルを多数担当後、ライブドアへ。現在はLINEにて、企業とのタイアップ広告企画を担当する。一方で、運営する個人サイト「chakuwiki/借力」は累計4億2千万PVでベストブログ・オブ・イヤー賞(エンタメ部門)など受賞多数。サイトから発展した『バカ日本地図』などの書籍を宝島社などから6冊出版している。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 148ページ
  • 出版社: 宣伝会議 (2014/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883353087
  • ISBN-13: 978-4883353088
  • 発売日: 2014/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,579位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 一市民 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/1/6
LINEのコンテンツプロデューサーで、個人でエンタメサイトchakuwikiを運営する著者自身の
経験による、ネット時代にウケる企業コンテンツの作り方の解説本。

本書によれば現代にもっともウケるコンテンツは、ツッコミがいがあるもの、ということらしい。
それは現代がSNSの発展で誰もが発言できるようになり、国民が一億総ツッコミの時代になっている
からだそうだ。総ツッコミという視点は共感する。
だからウケるコンテンツの大事さはひたすらボケることだとか。ちょっとおまぬけ、バカなことを、
しかしやっている本人は笑わず大真面目にやっている、というのが大事らしい。

なるほど、ネットで見かけるある種の面白コンテンツのベースにある考え方が理解できたし、
またこういう流れが近年、たとえば何とか女子を使った広告とかのように、ネイティブ広告として
徐々に浸透してきていると感じる。この視点はもっぱら著者の得意とする手法なので、すべての場合に
使えるものではないとは思うが、ボケつづけるということの大事さの部分は参考にさせていただこう。

しかしそれにしてもこの感触、どっかで既視感があるな、と感じて著者の紹介を読んで気づいた。
著者は若いころ武道をしていたよ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Jo 投稿日 2014/10/1
「WEBマーケティング」という限られた領域の話としては、
まあまあ悪くないと思うが、
タイトルにある「広告」という広い領域の話としては、
テーマがとても小さいし、作者の志が低いと思う。

たとえば、
事例として語られる映画「ライフオブパイ」のプロモーションが、
本当に世の中にこの映画の価値を伝えたのか?映画のためになったのか?
という点については、疑問。

こういう小手先ばっかりやってるから、
広告ってダメになったんじゃないの?という疑念さえ沸く。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者はLINEのチーフプロデューサーであり、最近のWebマーケティング手法が事例と共に具体的なコンテンツ作りの実践論まで踏み込まれており分かりやすい。

広告とコンテンツの一体化や、スマホ等に見るコンテンツの情報量の軽量化、制作費のローコスト化によるコンテンツの量産、ボケによりユーザーにいじってもらいやすいコンテンツを作るなど、なるほどと共感出来る一方、(著者も認識されていることが読み取れるが)、クライアント企業や広告会社の産業構造や体質を考えると、まだ広がっていくには一定の時間がかかると感じた。

また、(非常に個人的な感想であるが)読みやすくライトなボケばっかりのコンテンツ(およびその広告)ばかりがはびこるのもどうかと思う。
(もちろん一手法としては大いにありだと思うが)

なお、後半にある各広告、メディア分野の有識者との対談では、著者の語る手法が必ずしもフォーマット化された完成系のものではなく、まだ発展途上であることが伺え、逆に客観性を持ちながら読むことが出来たのは良かった。

個人的には広告業界に身を置くものとして、気付きを得ることが出来、またこれからの広告のあり方について考える示唆を得られたと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「ネット上で話題になり、バズるコンテンツをどう作るか?」「効果にどう結び付けるか?」「ステマ扱いされないようにするには?」

といった、コンテンツマーケティングにおけるpointを、

事例をもとに紹介しています。

なるほど、と思いますが、実践するのに少し高いバーを感じてしまった点もありますので、

零細企業よりも中企業以上のマーケティング部門の方向けの書籍だと思います。

内容は参考になる点も多かったので、インバウンドのコンテンツマーケティングの内容や

着眼点としては面白いと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告