¥1,100
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
幾何学の基礎をなす仮説について (ちくま学芸文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

幾何学の基礎をなす仮説について (ちくま学芸文庫) (日本語) 文庫 – 2013/11/6

5つ星のうち5.0 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥1,100
¥1,100 ¥730
お届け日: 明日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
2 時間 54 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 幾何学の基礎をなす仮説について (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 幾何学基礎論 (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 数とは何かそして何であるべきか (ちくま学芸文庫)
総額: ¥3,960
ポイントの合計: 50pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

H.ワイルの解説で読み解くリーマン幾何学の構想。ミンコフスキー「空間と時間」併収。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

リーマン,ベルンハルト
1826‐1866年。解析学、幾何学、数論などの分野で先駆的な業績を上げ、20世紀の数学に多大な影響を与えた数学者。ゲッティンゲン大学でガウスのもと、複素解析の基礎づけと多様体概念を導入したリーマン幾何学を確立。数論では「リーマン予想」が未解決問題としてよく知られている

菅原/正巳
1917‐2011年。東京帝国大学理学部卒業。名古屋帝国大学助教授、統計数理研究所所員、国立防災科学技術センター所長などを歴任。水文学において、河川流量の時系列を予測するための「タンクモデル」の提唱者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2013/11/6
  • 文庫 : 142ページ
  • ISBN-10 : 4480095837
  • ISBN-13 : 978-4480095831
  • 出版社 : 筑摩書房 (2013/11/6)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
3 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年11月17日に日本でレビュー済み
94人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告