通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
幽霊人命救助隊 (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

幽霊人命救助隊 (文春文庫) 文庫 – 2007/4

5つ星のうち 4.3 134件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 238
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853
¥ 853 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 幽霊人命救助隊 (文春文庫)
  • +
  • 13階段 (講談社文庫)
総額: ¥1,553
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

夕方までは死なないでください。僕たちが必ず助けてあげます
大学受験に失敗して首吊り自殺し幽霊となった裕一は、同じ立場の三人と共に、天国行きと引きかえに自殺者の救助を神に命じられる --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

浪人生の高岡裕一は、奇妙な断崖の上で3人の男女に出会った。老ヤクザ、気弱な中年男、アンニュイな若い女。そこへ神が現れ、天国行きの条件に、自殺志願者100人の命を救えと命令する。裕一たちは自殺した幽霊だったのだ。地上に戻った彼らが繰り広げる怒涛の救助作戦。傑作エンタテインメント、遂に文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 605ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167717263
  • ISBN-13: 978-4167717261
  • 発売日: 2007/04
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 134件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 64,053位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
救助された中に自分に似た症状の人がいて
「ああ、私はこれだったんだ」と納得したら気が軽くなり、
うつに関する本も怖がらずに読んでみようかという気になりました。

ふさぎこんでいるときは病院という選択肢があることすら気づかないものなので
うつ病予備軍の私の前にオレンジのつなぎをした人が
この本を置いたのではないか?と
思ってしまうほど運命の出会いの一冊でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
深刻な話題を軽妙に語っています。
しかし、軽妙すぎだし、同様の内容が延々続くのはきつい。
また困窮者(自殺志願者)に対する対応も方法が安易すぎ。
こんなに長いページである必要があったのでしょうか。大変疑問。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nttn 投稿日 2004/4/18
形式: 単行本 Amazonで購入
 タイトルに惹かれて購入してみたのだが、思っていたより涙腺が刺激された。
 自殺してしまったがために成仏できない四人。成仏するために、七週間で百人の自殺者志願者を救わなければならない。
 気軽に読める文章と展開が大きい。なぜなら、自殺を少しでも考えている人でも重い雰囲気で読む必要がないからだ。
 たとえばあなたが少しでも自殺を考えているとして、この小説を読めば救われるかもしれない、そんな可能性を秘めている。
 物語も、純粋に楽しめる。読んで損はない。かなり涙腺を刺激される。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
もしもこんな世界があったら、確かにこのような行動を取るのだろうと、想像通りの展開。少し、救助の事例が多すぎて退屈した。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
夕方からちょっと読み始めたらおもしろくてやめられなくなり、一気に読了。テーマは、「うつ状態に入り自殺しそうな人をいかに助けるか?」です。このテーマで正面から書いたら、大変暗い話になってしまいます。それをこの本は、見事にエンターテインメントに仕立て読ませてしまいます。
受験を苦に自殺してしまった高校生の幽霊に神様が言います。「49日以内に100人の自殺志願者の命を救うことができたら、天国に行かせてあげよう。」頼みの綱は、3人の仲間と神様からもらったいくつかの小道具。一人、また一人と苦労して助けていくうちに、孤独・貧困・いじめ・借金苦・失恋など人が死ぬ数々の理由や、人間の弱さや強さ、命の尊さに気付いていく・・・。
著者の、自殺志願者を救いたい、救う方法をみなに伝えたいという想いがあふれています。「何か伝えたいことがあるから、人を惹き付ける形にして、伝える。」と言う意味で、大変成功している本です。感動します。うつについて勉強になります。そして何より、おもしろいです。ぜひ読んでみてください。
1 コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 経営マニア 投稿日 2016/8/5
形式: 文庫 Amazonで購入
☆1というより0
久しぶりにこんなくだらない小説読んだ。
途中でやめたけど。
この☆の多さ意味不明。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ペネロペ VINE メンバー 投稿日 2014/12/27
形式: 文庫
初めは、亡くなった母の霊が同じ仕事をしていると言っていたので、すごく興味深く読みました。

読み進めるうちに、一人で爆笑したり、または、泣いたりしていたため、私を見た人は、かなり怪しい人だと思っただろうと思います。

風刺的な内容も多々ありましたが、最後は読んで良かったと思える作品でした。

映画化したら、面白いだろうなー。と思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/5/10
形式: 単行本
「夕方までは死なないでください。僕たちが必ず助けてあげます」
帯に書かれたこの台詞に惹かれて、何となく購入した本だったのですが、まさかここまで泣かされるとは思いませんでした。
生きた年代も死んだ理由もバラバラな自殺者四人の幽霊が、神様に命令されて今にも自殺しそうな人間100人を救助するお話です。
最後の最後まで飽きのこない展開と、現代に生きる全ての人に訴えるような文面。
日常に疲れたときに読めば、間違いなく元気を分けて貰えます。
世界の上に命があるのではなく、一つ一つの命こそが世界を支えるのだと、私はこの本に教えて頂きました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
例えばこの話がTVドラマで、1話毎に1人の自殺者を救う、とかいうのであれば結構面白いだろうなと思う。
あるいは漫画化したら面白いものになると思う。

しかし読み物としては退屈で、中途半端で面白くない。
この著者を存じ上げなかったが、読後に検索したところ脚本家であるのことで納得。

設定に無理があるのは仕方がないが、それでも辻褄の合わない強引な展開が多く辟易。
自殺志願者が簡単に救え過ぎだと思うし、ラストも「え?それだけ?」って感じ。

なぜこんなにアマゾンレビューの評価が高いのか、幽霊の仕業としか思えません。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー