通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
幼女戦記 6 Nil admirari がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、非常にきれいな状態の商品です。※破れ・書き込み・線引きはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

幼女戦記 6 Nil admirari 単行本 – 2016/7/30

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 641

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 幼女戦記 6 Nil admirari
  • +
  • 幼女戦記 7 Ut sementem feceris, ita metes
  • +
  • 幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

幼女の皮をかぶった化け物

生存とは、いつだって闘争だ。
帝国軍、ターニャ・フォン・デグレチャフ中佐は極寒の東部戦線において
文字通りに原初的な事実を『痛感』していた。
精緻な暴力装置とて、凍てつき、動くことすら、骨を折る季節。
なればこそ、冬には策動の花が咲く。
矛盾する利害、数多の駆け引きが誰にも制御しえぬ混迷の渦を産み落とす。
誰もが嘆く。こんなはずではなかった、と。さぁ、覚悟を決めよう。
何事も、もはや、驚くには値しない。

内容(「BOOK」データベースより)

生存とは、いつだって闘争だ。帝国軍、ターニャ・フォン・デグレチャフ中佐は極寒の東部戦線において文字通りに原初的な事実を痛寒していた。精緻な暴力装置とて、凍てつき、動くことすら、骨を折る季節。なればこそ、冬には策動の花が咲く。矛盾する利害、数多の駆け引きが誰にも制御しえぬ混迷の渦を産み落とす。


登録情報

  • 単行本: 425ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2016/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047342106
  • ISBN-13: 978-4047342101
  • 発売日: 2016/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.9 x 13.1 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,129位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
おもしろかったです
連邦(ロシア)の厳冬期に放り込まれる幼女とサラマンダー魔導大隊
連邦の銃火器を片っ端から分析、その設計思想にうなる幼女
凍らない武器、壊れない武器
そんな兵器をもつ敵にどう戦うか、幼女の戦術はさすがです
次巻に期待!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容にはとても満足しています
もっと早く!もっと多く!出してほしいのです
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今日届いて一回読み終わった
誤字でルーデルさんの巌のような外見が岩男(ロックマンのAA思い出して笑)だったり正解が政界になってたり(しかも終わり際の気になる所ェ…)
一番おかしかったのは344ページで幼女と話してるウーガ中佐の名前がドレイク中佐になってたりしてて気になった

内容のほうは狡猾な男達の謀略&異なる国家間での戦友誕生で働くオジサンニイサン成分が体感八割くらい占めてた。このラノベの議論のやり取りではロリヤすらかっこいいなぁと思ってしまう
それに対して今回幼女は癒し担当でした。マジで。しょっぱな口絵からほっこりさせてくれましたもん。あの絵大好き。あとコーヒーうまうま可愛い
次巻の12月までに漫画版の単行本でも出ないものか…
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この巻はいわば終わりの始まりと捉えるべきか。

ある程度は予測できていたが、この作品においてターニャの知識は彼女の戦術的問題を助けることはあっても、侵略レベルではほぼ全く状況を打開しない。

そのことについてある程度説明はしているのだが、ゼートゥーアが此の期に及んでターニャに意見を聞こうとしないのはほとんど不自然と感じた。そもそも大戦を予言した彼女の知見をここで参照したいと言う誘惑に彼が一切かられないのはやや奇妙と感じざるを得ない。

メアリーに関してはトリックスターを想定しているのはわかるが、ややアホとして描きすぎており、だからこそやらかす、と言うシナリオは予測できるものの、あそこまでいきり立っている彼女に対して、パルチザンの人達が、ならばなぜ残らなかったのか、というセリフをぶつけなかったのはあまりに訳知りすぎて予定調和が気にかかる。

ドレイクとミケルは予想通りというか予想以上に物語における良心となっており、敵国側におけるターニャと同等とは言わないまでも充分に対抗しある存在として、彼らは必然的にその地位を物語内で高めている。ただ、単純に魔力という問題点で主人公に匹敵しないため、最終的なところでターニャにぶつかりあるのは結局メアリーだけだろう。

言ってみれば1巻において彼をプラッ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告