Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 702
ポイント : 147pt (20%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[川又 千秋]の幻詩狩り (創元SF文庫)
Kindle App Ad

幻詩狩り (創元SF文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 702
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

受賞歴

第5回(1984年) 日本SF大賞受賞

内容紹介

1948年。戦後のパリで、シュルレアリスムの巨星アンドレ・ブルトンが再会を約した、名もない若き天才。彼の創りだす詩は麻薬にも似て、人間を異界に導く途方もない力をそなえていた……。時を経て、その詩が昭和末期の日本で翻訳される。そして、ひとりまたひとりと、読む者たちは詩に冒されていく。言葉の持つ魔力を描いて読者を翻弄する、川又言語SFの粋。日本SF大賞受賞。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 695 KB
  • 紙の本の長さ: 365 ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2007/5/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B007TAKQAI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 11,246位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 太陽と戦慄 投稿日 2012/7/1
形式: 文庫
 “麻薬的作品”……評論家のレトリックとしてなら、そんな言い方も可能だろう。しかし、一篇の散文詩が、現実に麻薬的効果を読む者に及ぼすなど……(馬鹿馬鹿しい!)……呪文じゃあるまいし……考えられないことだ。(p305)

 作中で登場人物は上のように思う。もちろんその思いは間違っている。詩は十分に麻薬的効果を持つ。詩は明らかに呪文でもある。

 なぜならば、言葉そのものが既に魔術であり呪文であるからだ。そうでなければどうして、文字が文字たり得るだろうか? それが文字であるということは、そこに意味があるということである。何かが単なる「黒い線の絡まり」とは見えず、「文字である」と判断される境目には何があるのか? その境界を誰も明確に語ることはできない。できないのだが、一方に「線の絡まり」でしかないものがあり、他方に「文字」がある。線の集まりが、意味性を担い得るということそのものが魔術である。線の集まりが、様々な情景を描き、状況を説明し、感情を引き起こすことが既にして呪文である。
 『幻詩狩り』は、文字(及び言語)のそのような不可思議さを誇張したに過ぎないとも言える。「……に過ぎない」と言ったが、しかしその些末な飛躍こそが決定的なのだ。そして川又千秋はその飛躍を意識的に行なっている。そのことは「あとがき」に見える「言葉の反在性」という文句に
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
日本SFを代表する傑作中の傑作が、ついに待望の復刊です。川又千秋氏と言えば、『反在士の指輪』、『宇宙船メビウス号』2部作、『火星甲殻団』2部作など、忘れがたい名作を大量生産した作家で、今回の復刊は、まさに《待望》という言葉がふさわしい、ちょっとした事件です。SF界における川又氏の評価は少し地味な感じがあるので、今回の復刊をきっかけに、川又千秋再評価ブームが起こったら、ファンとしては最高に嬉しいです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
世界を記述する言語ではなく、世界を創造し、変容させる言語である幻語。
幻詩は、言葉によって異界を絵として構築し、鏡を造りだし、時間をさえも閉じ込めてしまいます。
単なるメタファーではなく文字通りの言葉の魔術を持つ幻語として幻詩は書かれます。
「”夢の言葉”とは、無意識の中でのみ使用可能であるような言語以前の言葉、
象徴言語といったような意味であり、
”言葉の夢”は、言語が、その固有の構造、結びつきによってだけ生みだせる反現実的世界を示します。」
(『夢の言葉・言葉の夢』川又千秋)
異界への鍵である<夢の言葉>の持つ性質を、川又は<反在性>と呼びます。
<反在性>とは、おそらくは、<ありえないもの>を<ある>とすること。
これは文学そのものの本質でもありますし、SFが何よりも得意とするところです。
作者が「あとがき」の中で書いているように、
『幻詩狩り』は、ありえざる幻詩の持つ<反在性>ゆえに普遍的な物語として私たちを楽しませてくれます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1980年代の東京、1940年代のパリとNY、2131年の火星へと、舞台を変えながら、19歳で伝説的ヴィジョナリーとなった青年「フー・メイ」の綴った詩篇「時の黄金 L'or du temps」が、人類を危機に陥れる。

英訳版に掲げられた巽孝之による長大な序文は、ディック『火星のタイムスリップ』と響きあう作品として本作品を位置づける。

シュルレアリスムの本質は何か、ディックのそれがヒッピー世代の二次的変奏だったとすれば、それはまだ終わっていないのではないか、などと、本作品を通してシュルレアリスムの歴史的役割についても思いをいたらせた。

なお、文章はラノベばりに読みやすく、3時間くらいであっという間に読破できた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover