通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
幻獣遁走曲 (創元推理文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に傷みがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

幻獣遁走曲 (創元推理文庫) 文庫 – 2004/4/9

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 623
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 幻獣遁走曲 (創元推理文庫)
  • +
  • 日曜の夜は出たくない (創元推理文庫―現代日本推理小説)
  • +
  • 静かな炎天 (文春文庫)
総額: ¥2,300
ポイントの合計: 47pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

幻の珍獣・アカマダラタガマモドキの捜索から、戦隊ショーの怪人役まで、いっぷう変わったアルバイトに明け暮れる神出鬼没の名探偵・猫丸先輩が出合う、五つの愉快な事件。

内容(「BOOK」データベースより)

ある時は幻の珍獣アカマダラタガマモドキの捜索隊員、ある時は松茸狩りの案内人、そしてある時は戦隊ショーの怪人役と、いっぷう変わったアルバイトに明け暮れる神出鬼没の名探偵・猫丸先輩が遭遇した五つの事件。猫コンテスト会場での指輪盗難事件を描いた「猫の日の事件」、意外な真相が爽やかな余韻を呼ぶ「たたかえ、よりきり仮面」ほか三編を収録した、愉快な連作短編集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 325ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2004/4/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488421040
  • ISBN-13: 978-4488421045
  • 発売日: 2004/4/9
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,173位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 pfs7 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/2/12
形式: 単行本
本名なのかあだ名なのか、それさえ定かではない名探偵”猫丸先輩”。デビュー作『日曜の夜は出たくない』でも紹介されている通り、眉の下までふっさり垂れた前髪、猫のようなまん丸の目をした愛嬌たっぷりの童顔、小男、30過ぎだが年齢不詳、はしゃぐ時はまるで子供のようで、時に(深読みすれば)辛辣。そして、興味の赴くままに何にでも首を突っ込み、何の脈絡もないアルバイトを転々とする人物である。だからどの話でも、いつどこからこの人が出てくるのか全くわからないという楽しみがある。
本書はこの猫丸先輩の、互いに何の接点もないアルバイト中に起きた事件簿。『日曜の夜は~』でも、ヘンなバイトばかりしていたが、この作品集ではさらに輪をかけて、ペットショーのお使いやら新薬の人体実験Aらと、奇妙なところにばかり出没する。
死体は一つもなく、あえて共通点を探すとすれば、人かモノの「消失」の謎を解くものばかり。どの作品も物語としてよくできており、ユーモアたっぷりな作風は変わらない。謎解きの鮮やかさと共に、奇妙な猫丸先輩プレゼンツのちょっとした非日常を楽しむ短編集にも仕上がっている。
個人的には、あまりにもハマりすぎていてのどかな「猫の日の事件」、人体実験!のために小柄なのに採血されまくりでクタクタな猫丸先輩がかわいい「寝ていてください」がお気に入り。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『日曜の夜は出たくない』に続く猫丸先輩シリーズ第2短編集。
「よっ、待ってました!」と掛け声をかけたくなったくらい、
今回の文庫化は嬉しかったです。
これほどお気楽な探偵ってのも、そうそういないんじゃないでしょうか。
奇妙な事件を前にして、うーんと首を捻る人たちを面白そうに見つめ、
しばしば煙に巻いたり、げははははと大笑いしたりしながら謎を解いて
みせる猫丸先輩。人一倍好奇心旺盛で、茶目っ気があって、お調子者の
猫丸先輩。妙に馴れ馴れしかったり、くだけた態度をとるかと思いきや、
謎を解き明かす時は、さり気ない優しさを垣間見せる猫丸先輩。
そんな猫丸先輩を見ているのはとっても楽しく、心がなごみます。
今回の猫丸先輩の事件簿は、全部で五つ。
いずれも、猫丸先輩がアルバイト先でひょっこり遭遇した、
殺人とか一切なしの消失事件。
事件の謎をこうひょいひょいっと、まるで子供が手品を披露して
得意そうにしている、そんな感じで解き明かしていくんですね。
読み終えた後の後味の良さ。くすりとさせてくれる爽やかな味。
春駘蕩、いい湯だなあと、鼻歌のひとつも口ずさみたくなる
倉知淳さんの猫丸先輩もの作品集なのでした(^^)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
猫丸先輩のみならず『鬼軍曹』のキャラが面白い。
珍獣は脇役の『イタちゃん』が最後の最後に発見
するのですが、その後の展開が気になります。
面白そうなバイトを面白くこなす先輩は、トボけた
フリでスルドイ、身近にいてくれたらきっと楽しいだろうと
思わせてくれます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 有花 VINE メンバー 投稿日 2006/11/14
形式: 文庫
 初めて読んだ猫丸先輩の作品なのですが、前作を読んでいなくてもなんら問題はありませんでした。短編5つが収録されていますが、どこから読んでも大丈夫。

 この猫丸先輩、なんともいえず愉快なキャラクターです。初対面の人には、「この人、ちょっと足りないんじゃないか?」と思わせるような、言動と行動。それが、ひとたび”事件”が起こると、名探偵に変身してしまいます。

 ここに出てくる謎は、誰が殺したとか、そういったものではなく、いわゆる日常の謎。結果が分かってしまうとなあんだ、そんなことか、と思うようなことだけれど、みんな答えがわからなくてイライラ、おろおろする様子がおもしろい。この謎を解けるのは、やはり猫丸先輩だからでしょう。彼が追求するのは「おもしろさ」。自分の興味の赴くままにいろんなことに首をつっこんでいる。だからきっと、既成概念にとらわれないんでしょう。

 なにか”事件”が起きると、普通の人は「誰がやったんだ」とまず考える。それから「どうして(そんなことを)やったんだ」となる。そのとき人は、そこに”悪意”を見いだそうとします。そしてついつい、”犯人探し”のようなことになってしまう。しかしそこで、いやいや、そんなことじゃないんだよ、と事件全体を単純に解明してくれるのが猫丸先輩です。

 彼のような生き方を
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック