中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ♪『土日祝日も営業中!!』 ○こちらの商品はクリーニング済みですが若干の汚れ、傷み、日焼けはご了承下さい。 ※当店では24時間以内に佐川飛脚メール便で発送し、その際にAmazon上より出荷通知をお送り致します。 【注意】この商品は店頭でも販売している為、タイミングによっては稀に売切れの場合がございます。その場合はお取引をキャンセルとさせていただきます。予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

幻想水滸伝4〈上〉 (電撃文庫) 文庫 – 2005/9

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ガイエン公国領に属するラズリル島では、新しく誕生した騎士たちを祝う祭が盛大に行われていた。15年前にこの島に流れ着いたラズロも、新たに騎士に任じられた訓練生の一人。孤児だったラズロは領主の家に引き取られ、領主の息子のスノウとともに成長してきた。そして今日、ともに騎士の資格を得たのだ。騎士になったラズロとスノウに与えられた使命は、大型商船の護衛。退屈な任務のはずだった。しかし、その途中、二人が乗る船の前に、冷酷非情で恐れられている海賊ブランドが現れた…。海を舞台にした、シリーズ最新作『幻想水滸伝4』のノベライズ第一弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高瀬/美恵
7月31日、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 286ページ
  • 出版社: メディアワークス (2005/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840231710
  • ISBN-13: 978-4840231718
  • 発売日: 2005/09
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 575,341位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
まず、「やった…」の一言です。
幻想水滸伝4は(ゲーム)、いろいろと指摘する部分が多く、
内容薄で、賛否両論でしたが、今回小説としてかえってきた
ことにより、理解しやすくなりました。
(所々の穴の開いた話は、ラプソディアへの伏線だったかもしれません。)
幻想水滸伝の主人公は基本的にしゃべらない(感情移入のため)
ようにしてありますが、小説ではもちろん彼の「心」が
あります。ゲームでは味わえません。
しかし、公式設定の主人公ですので、自分の中の4主と異なる部分
ももちろんでてくるので、そこは仕方がありませんが…。
でも、読んでみて、自分の中で描いた4主と、小説の中の4主は、
ほぼ同じイメージでした。ですので、イメージを崩すことのない
仕上がりです。私は安心して読めました。
小説の中では、4主の心がみえます。だから理解しやすく、
迷いや苦しみ、悲しみや楽しみなど共感できる部分が多く、
より一層幻想水滸伝が好きになりました。
ゲームのCGでは、細かい感情の表現が無いので、小説の中の4主
は、喜怒哀楽の表現が多数存在し、その場面と共に小説とゲームが
重なりました。
4主だけではなく、その周りをとりまく1
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cgl 投稿日 2006/3/6
形式: 文庫
原作のゲーム自体が短いものですが、上中下巻の3冊でゲーム内の出来事がほぼ違和感無く纏めてられているので、良かったと思います。海戦をきちんと描写されても、読者がそこで何が行われているかを知るためには船の各部分(帆、マスト、甲板、各帆を動かすロープ等)の名称について正確に知らねば把握出来ないと思われるので、本文中の割合としては妥当なところだと思います。個人的にはあと2冊分くらい船と海について書き込んで貰えると、嬉しかったのですが(笑) というわけで、星4つです。主人公と親友が好きな方にはおすすめです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/12
形式: 文庫
作家の個性もあるので賛否両論だとは思うが、個人的には特に違和感なく読めた。
ただ、キャラクターによっては若干ゲームと印象が違う場合があることが少し気になった。
スノウは明らかにゲームとはセリフ回しが違ったように思う。
ゲームではもっとぼっちゃんぼっちゃんしてたと思うが、お育ちの悪い口調になっていた。
また、行動やセリフに伴う修飾の類も、少々ゲームとはずれがあった。
まぁその辺りは、解釈や捉え方、描き方の違いということで。
映像はないがゲームよりも場面毎が細部まで描かれるので、そういう意味ではやはり漫画や小説になるのは良いことだと思う。

世界観やセリフ回しに寸分の違いでもあったら嫌だ!という人でなければ一読してみてもいいかも。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ゲームの幻想水滸伝Ⅳは、賛否両論ありましたが、
「否」の方には特にこの小説を読んでいただきたいです。
ゲームで曖昧だったところが小説でははっきりすると思います。
かなりゲームに忠実に文章におこしてあるので違和感はなかったです。
ただでさえ無口な4様の心情がよくわかります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/15
形式: 文庫
ゲーム本編のシナリオの補完を期待しましたが、勉強不足・練り込み不足の感が
強かったゲームのまま、台詞をちょっといじる程度で書き流されている感じで、
好感は持てませんでした。海戦にしても、もう少し勉強してから描写してほしい
ですね。ノベライズは、そのゲームを好きな作家さんにこそ書いてほしい、と
思います……。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告