通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
幻想古書店で珈琲を―心の小部屋の鍵 (ハルキ文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

幻想古書店で珈琲を―心の小部屋の鍵 (ハルキ文庫) 文庫 – 2017/3/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2017/3/1
"もう一度試してください。"
¥ 518
¥ 518 ¥ 98
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 幻想古書店で珈琲を―心の小部屋の鍵 (ハルキ文庫)
  • +
  • 幻想古書店で珈琲を―賢者たちの秘密 (ハルキ文庫)
  • +
  • 幻想古書店で珈琲を 青薔薇の庭園へ (ハルキ文庫)
総額: ¥1,554
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「御機嫌よう、本の賢者にその友人よ!」。派手な衣装に身を包んだ青髪の魔人・コバルトが嵐のように不思議な古書店『止まり木』の扉を開けた。店番をしていた名取司が、店主の亜門は奥の書庫にこもっている旨を伝えると、コバルトは困りだした。聞けば天使の風音を街で見かけたが、その動向が怪しいので、一緒に調べたいという。半ば強引に連れ出された司はコバルトとともに、風音の張った結界の中に入っていく―。人気シリーズ待望の第四弾!!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

蒼月/海里
宮城県仙台市生まれ。日本大学理工学部卒業。東京都内で書店員として勤務しながら執筆活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 228ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2017/3/1)
  • ISBN-10: 4758440727
  • ISBN-13: 978-4758440721
  • 発売日: 2017/3/1
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,240位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

※ネタバレ注意です

蒼月先生の作品は既刊本全て拝読済みです。
こちらは「縁」をテーマにした作品であるため、毎回色々なことを考えさせられます。

今回も止まり木には様々な人との悩みを持った人たちがやってきます。
女子大学生、人外に恋をしてしまった男性、中間のお話ではコバルトさんと二人でダンジョンに出かける司くんが描かれています。

相手との距離が近くなればなるほどに仲良くなるのはいいことですが、「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるようになんでもかんでもさらけ出して付き合っていいかと言われればそれは違います。相手の態度が変わったからと言って、相手ばかりを責めている。しかし実際変わっていたのは自分であった。自分自身のことって意外に目に入ってこないものですから、それに気づくには時間がかかる。もしくは人に指摘されない限り気が付かないかもしれません。それにさえ気がつくことが出来れば、さらに深い絆を作り上げることが出来るでしょう。

人外に恋した場合も似たようなもので好きになったのがたまたま人間では無かっただけでもう好きになったら後戻りが出来ないのもまた現実です。奇跡というのは小説の中で出てくると私は新鮮で好きなのですが、何かが起きてまた彼らが再会できたことに対して感銘を受けました。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告