通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
幻影の書 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

幻影の書 (新潮文庫) ペーパーバック – 2011/9/28

5つ星のうち 4.4 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 189
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 80

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 幻影の書 (新潮文庫)
  • +
  • ムーン・パレス (新潮文庫)
  • +
  • 孤独の発明 (新潮文庫)
総額: ¥2,354
ポイントの合計: 182pt (8%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

その男は死んでいたはずだった──。何十年も前、忽然と映画界から姿を消した監督にして俳優のへクター・マン。その妻からの手紙に「私」はとまどう。自身の妻子を飛行機事故で喪い、絶望の淵にあった「私」を救った無声映画こそが彼の作品だったのだから……。へクターは果たして生きているのか。そして、彼が消し去ろうとしている作品とは。深い感動を呼ぶ、著者の新たなる代表作。

内容(「BOOK」データベースより)

その男は死んでいたはずだった―。何十年も前、忽然と映画界から姿を消した監督にして俳優のヘクター・マン。その妻からの手紙に「私」はとまどう。自身の妻子を飛行機事故で喪い、絶望の淵にあった「私」を救った無声映画こそが彼の作品だったのだから…。ヘクターは果たして生きているのか。そして、彼が消し去ろうとしている作品とは。深い感動を呼ぶ、著者の新たなる代表作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 429ページ
  • 出版社: 新潮社 (2011/9/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102451145
  • ISBN-13: 978-4102451144
  • 発売日: 2011/9/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,210位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
非常に端正な文体で綴られる物語は、極めて魅力的だ。また、人物造形の素晴らしさも、相変わらずである。しかし何よりも本作品での魅力は、その映像的、視覚的描写力に尽きるだろう。物語の前半、知られざる名優(?)たるヘクター・マンの出演作品を追い求める「私」が観た数篇の無声映画、そのひとつひとつのリアリズムは如何だ。細部に至るまで極めて緻密に描ききる筆力、そしてそれを完全に映像として描写している著者の壮絶なまでの幻視・・・まさに圧倒的というよりない。
 そしてそれは、物語の後半で更なる深みへと突き進む。若きヘクター・マンが浮沈の末に辿り着いた地で、密かに創られた幻の映画・・・文字を読みながらにして、我々は映像を観ることになる。
 オースターの最高傑作? 過去の作品との比較に意味はない。過去の作品には過去の作品の素晴らしさがある。そしてこの作品にはこの作品の素晴らしさが。それでいいではないか。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 最愛の妻子を飛行機事故で失い,どうしようもなく圧倒的なまでの絶望感の中にあった「私」を救った一本の映画。
 それは,ほぼ60年前から消息不明で誰もが死んだものと思っているサイレント映画俳優兼監督ヘクター・マンの短編喜劇。
 実はまだどん底まで墜ちていないことを悟らせてくれたこの喜劇俳優の作品が,多額の保険金と損害金によって金と時間だけはいくらでもあった「私」の研究対象となる。
 とにかくやることが見つかった「私」にとって重要なことは,やり続けること,最後までやりとおすこと。
 これは確かにそのとおりだと思う。
 絶望感にうちのめされると何もしたくなくなるものだが,何もしないでいると余計に辛さが深くなる一方だ。仕事でも何でも良いからとにかく何かに取り組む。一心不乱に取り組む。これが絶望感から立ち直る唯一の方法なのかも知れない。
 「私」はついにヘクター・マンのサイレント映画についての詳細な研究本を完成させ世に出す。
 そんな私のもとに届いた一通の手紙。
 それは,死んだと思っていたヘクター・マンからの招待状だった。

 本作の素晴らしさは,「私」自身の再生の物語と,ヘクター・マンの再生の物語が非常にうまく融合されているのみに止まらず,ヘクター・マンが制作した映画のストーリーまでが全体
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久しぶりにオースターの新刊が出たので、早速読んでみた。この本の評判は聞いていたんだけど、翻訳されるまで結構時間がかかっていたので、楽しみにしていた。
評判どおり、今までのオースターの作品の中でも一番、面白かった。面白かったという表現では、足りないな、感動するぐらい美しい小説だった。
あまりにも、感動したので、読み終えたくなくなり、速読派の自分なのに、何日もかけてゆっくり読んでしまった。
無声映画時代の俳優とそれを題材にした本を書いた大学教授の二人の人生をうまく交錯させて、人生の喪失感を無類のストーリーテリングで読ませる。
ラストも胸が詰まった。
いい小説だった。
『マーティン・フロストの内なる生』っていう映画は見てみたい。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 全く心が重くなる一冊。人生が重く感じられる物語。飛行機事故で妻子を亡くし、人生のどん底に喘ぐ主人公のデビット・ジンマーは、ふとした事で無名の喜劇俳優であるヘクター・マンの声無き演技に魅せられ、彼の映画に関する唯一無二となる本を書く。それから11年後、ある一通の手紙を機に、彼の若くしての失踪とその謎に満ちた"音なき"生涯にのめり込んでしまう。
 ストーリーテラーとしてのオースターの手腕は実に見事で、柴田氏が言うように、この一冊はその次元をさらに高めてる。ハリウッドやSEX産業と言った通俗的な素材もこの作品のメインテーマである自己省察に鮮やかな彩りを与えてる。『ミスター・ノーバディ』や『マーチン・フロストの内なる生』といったヘクターが生み出す作品は、彼の内なる物語として自分の人生と折り重なる。特に後者は、実際に映画化された程に熟成度が高い。
 ヘクターの謎に満ちた生涯の中には、彼と遭遇し、彼に惹かれる女性たちの物語が彼の人生に織り込まれ、彼の悲観で悲運な生涯に羨ましい程の贅沢な限りの彩りを添える。彼の自己否定と謎に満ちた生涯を伝記化しようとするアルマ。それを何とか阻止しようとする妻のフリーダとのミステリアスな確執は後半の大きな見所だろう。
 ヘクターの最初の婚約者である若き女優のドローレンスと彼の同棲相手であるブリジットとの三角関係は、最
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー