この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

幻野 幻の野は現出したか 〜`71日本幻野祭 三里塚で祭れ [2CD+DVD / 豪華ブックレット入りボックス仕様] (FLPB001) Box set, CD+DVD, Compilation, Deluxe Edition, Live

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 5,832より 中古品の出品:4¥ 2,980より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2003/11/25)
  • ディスク枚数: 3
  • フォーマット: Box set, CD+DVD, Compilation, Deluxe Edition, Live
  • レーベル: HAYABUSA LANDINGS
  • ASIN: B0039NBEGY
  • EAN: 4571167361977
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 79,788位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. プロローグ
  2. 演奏1「涙 ラ グリマ」(高柳昌行ニュー・ディレクション)
  3. 論争1
  4. 演奏2「WEEPING LOVE GLASS」〜「THE FLEET CIRCUS」(落合俊トリオ)
  5. 論争2
  6. 論争3
  7. 演奏3「FACE」(高木元輝トリオ)
  8. 論争4
  9. 演奏4「二人のブルース」(DEW)
  10. 演奏5「夏は終り」(DEW)
  11. 論争5

ディスク:2

  1. 演奏6「原爆落し」〜「悪い夢」(ブルース・クリエイション)
  2. 論争6
  3. 盆踊り「せっせっせ」「武田節」(婦人行動隊)
  4. 演奏7「世界革命戦争宣言」(頭脳警察)
  5. 演奏8「銃をとれ」(頭脳警察)
  6. 演奏9「セクト ブギウギ」(頭脳警察)
  7. 演奏10「銃をとれ(アンコール)」(頭脳警察)
  8. 演奏11「叫喚地獄」(ロスト・アラーフ)

ディスク:3

  1. ドキュメント 日本幻野祭 三里塚1971(DVD)

商品の説明

三里塚幻野祭—
1971年、成田空港建設反対運動に揺れるかの地において、熱狂を巻き起こしたイベントの模様を納めたライヴ・アルバム『幻野』--
高柳昌行、高木元輝ら当時の先鋭的なフリー・ジャズメンの貴重な演奏と灰野敬二率いるロスト・アラーフ、頭脳警察、ブルース・クリエイション、布谷文夫率いるDEWといった日本のロックに重要な役割を果たすことになるアーティストたちの最初期音源を収録し、文化が政治に向かってためらうことなくコミットした時代を象徴する貴重な物的証拠として、今なお日本のロック/ジャズ史上にその名をとどろかしている伝説的作品である。

その『幻野』が、CD2枚+DVD1枚のBOXセットとして、蘇える!

1989年の再発売時には、ロック系アーティストの演奏を抜粋した形での再発売であったが、今回は全音源をCD2枚組のボリュームで完全収録の上、当時のデザインをも紙ジャケット仕様によりほぼ完全再現。
さらに、青地憲司監督が幻野祭の模様をシューティングしたドキュメント・フィルム『ドキュメント 日本幻野祭 三里塚1971』を初DVD化の上で同梱。当時アルバムをプロデュースした名テレビ・ディレクター今野勉氏の談話、出演者灰野敬二へのインタビューをはじめ、貴重な資料・証言を満載した封入ブックレットもともなって、伝説的な一夜の全貌がここに明らかになる。

日本のロック/ジャズ史上の伝説が、ベールを脱ぐ。
32年の時を経て、幻の野が現出する。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 がい トップ1000レビュアー 投稿日 2011/12/29
参加者のアジテーションが詰まってこその一作。

馬鹿げてるでしょう、今の感覚で言ったら。

三里塚にミュージシャン集めて、
空港反対運動を展開する。

しかも、当時尖りまくっていた連中集めて、
騒乱覚悟で演奏する。

半分くらいは、集まった群集のアジテーションです。

その合間を縫って、当時尖りまくっていた高柳昌行さんたちが
フル回転で演奏する。

聞き手は、文句垂れっ放し。

唯一かみ合っているのは頭脳警察ですが、
それよりもフリージャズ勢の熱演、

最後のロストアラーフの会場の雰囲気ぶち壊しの
「叫喚地獄」が白眉です。

灰野敬二さんのインタビューも誠実。

こんな時代と音楽があったこと、
みなさん、覚悟して聴いてください!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック