残り1点 ご注文はお早めに
Kindle版は今すぐお読みいただけます。Kindle無料アプリがあれば、さまざまなデバイスで読書が可能。 在庫状況について
この商品は、京都大垣書店オンライン が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーにいたみがありますが、その他に使用感は少なく概ね良好な状態です。★原則48時間以内に発送いたします。★ゆうメールで配送の場合は、日曜・祝日の配達はありません。★一部、クリックポストでの配送の場合がございます。★清掃後丁寧に防水用の袋に簡易梱包して発送いたします。★付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。★Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。★検品には万全を期していますが、ご連絡して頂ければ対応させて頂きます。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

幻の料亭「百川」ものがたり :絢爛の江戸料理 (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 2019/5/29

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥605
¥605 ¥215
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 幻の料亭「百川」ものがたり :絢爛の江戸料理 (新潮文庫)
  • +
  • 猟師の肉は腐らない (新潮文庫)
  • +
  • 小泉武夫の 味覚極楽舌ったけ
総額: ¥3,278
ポイントの合計: 48pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

旬の鱸や真鯛は煎酒で食すのが粋。夏は砕いた氷を入れた霰酒を嗜む。採れたての松茸は丸ごと焼いて、昆布の味噌漬けを土産に。化政文化が花開いた頃、贅を尽くした料理と風流なもてなしで頭角を現し、文人墨客にも愛された日本橋の料亭「百川」。幕末には黒船一行を迎える饗宴を任された名店の運命とは。古今東西の食に通じた著者が解き明かす、江戸料理の真髄!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小泉/武夫
1943(昭和18)年、福島県の酒造家に生れる。東京農業大学で教授として永く教鞭を執った後、現在は発酵学者・文筆家として活躍中。農学博士。専攻は、醸造学、発酵学、食文化論。学術調査を兼ねて辺境を旅し、世界中の珍味、奇食に挑戦する「食の冒険家」でもある。単著だけでも140冊を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ 100% (100%) 100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび1のカスタマー評価があります。