通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
幸腹グラフィティ (6) (まんがタイムKRコミッ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆2016年初版本。帯なし。カバーに僅かなキズありですが、使用感少なく状態は良好です。※ネットカフェ・漫画喫茶・レンタル落ち商品ではありません。◆迅速に発送いたします。クリーニング済み。丁寧に対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

幸腹グラフィティ (6) (まんがタイムKRコミックス) コミック – 2015/12/26

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 885
¥ 885 ¥ 274
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 幸腹グラフィティ (6) (まんがタイムKRコミックス)
  • +
  • 幸腹グラフィティ (5) (まんがタイムKRコミックス)
  • +
  • 幸腹グラフィティ (4) (まんがタイムKRコミックス)
総額: ¥2,655
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



マンガ読みが選ぶ2016年の一推!
「マンガ大賞2017」ノミネート13作品決定!東村アキコ氏『東京タラレバ娘』など 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

TVアニメ化もされた、お食事4コマ最新刊! 食い倒れ大阪旅行、皆でカップ麺、プールで水着ごはん等々、今回も食欲を刺激するエピソードがいっぱい。さらに、ずっと距離のあったリョウとお母さんがついに……。ストーリー特別編も収録で、心もお腹も大満足の1冊です。


登録情報

  • コミック: 120ページ
  • 出版社: 芳文社 (2015/12/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4832246488
  • ISBN-13: 978-4832246485
  • 発売日: 2015/12/26
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
人気シリーズも第6巻となり、主要メンバーの物語をより深く掘り下げた内容になっています。
親子の想い、姉妹の葛藤。
6巻を読んで1巻から読み返すとまた違った味わいがありました。
今巻は比較的重い内容で構成されてますが、それでも閑話休題なエピソードが巻中にあります。リョウ達三人にリョウの伯母明さんと椎名家お手伝いの露子さんの五人でプールに行きます。
ここで明さんと露子さんが意外な友情を育みます。
また、露子さんは多分登場人物中断トツのポテンシャルを秘めていると思われますが、このプール回でさらにとんでもない飛び道具を隠していることが判明します。
ただこれは脇役だからいいんでしょうね。
主要メンバーでやってしまうと、物語の方向性が歪んでしまうでしょうから。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
始まった当初はリヨウときりんそして椎名の三人の関係をそれぞれの親子関係を背景に置く形でした。それがだんだんそれぞれの親子関係が三人の関係を背景に語られるようになり、今回はリヨウときりんそれぞれの母子の関係がメイン。しかもどちらも親が子供に遠慮している風なのが今の親子関係らしいなと思う。
読者層を考えると子供達の目線の方が感情移入しやすいのではと思うけど、数少ない親世代の読者としてはこれはこれで面白い。出来の悪い子なら気合の入った雷も落とすのが親の務めだしその方が実は簡単。でも出来が良いと親はかえって戸惑う。特にリヨウは親が手を懸けられなかったから余計に出来が良いというのは反対方向にぐれたようなもの。親にとってはかえって扱いにくい。その距離を縮めようと奮闘するリヨウの母は健気というか滑稽というか、読んでいて面はゆい。そして何かつらい。
その点、きりん親子の大阪旅行は気楽に楽しめる。いや、リヨウ親子の関係が難しいだけにこちらが余計に気楽に見える。元気で丈夫、でもちょっとおっちょこちょい。これくらい親の目からみてかわいい子はいない。
今回は親子ではないが、内木姉妹のお話は甘酸っぱい佳品。姉妹ってのはよくわからないが、可愛らしいような怖いような、でもお互いの距離感はちょっと縮まったような、リヨウ親子の話に比べればハードルは無いに等しい。
さて、番外編
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
アニメ終了を期に原作を集め始めました。既刊六巻のうちアニメ化されたのは二巻中盤まで、二巻後半からの高校生編はアニメ化されていません。
アニメでは終始良い子と描かれていた町子リョウですが、前巻では大好きなおばあちゃんとの苦い思い出、今巻で母親に苦しかった心情を吐露するなど、人間臭い部分が描かれています。
自分はそんな感情的なシーンが凄く心に残りました。
アニメで興味を持たれた方は、ぜひ原作コミックを手に取っていただきたいです。高校生編からが本番ですよ!
それにしても作者の川井マコト先生の書く字は非常に読みやすい…
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック