この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

幸福の条件 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.0 28件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 8,480より 中古品の出品:2¥ 998より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で幸福の条件 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ロバート・レッドフォード, デミ・ムーア, ウディ・ハレルソン
  • 監督: エイドリアン・ライン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2011/04/28
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 28件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004MKMJKI
  • JAN: 4988113743747
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 188,530位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

“愛はお金で買えるか”というテーマに挑んだ恋愛ドラマ。カジノを訪れたダイアナとディヴィット夫婦の前に、「100万ドルで奥さんと一夜を共にしたい」と億万長者のジョンが申し出る。愛と信頼で結ばれた夫婦は、お金のためにこれを受け入れるが…。

内容(「Oricon」データベースより)

“お金で愛が買えるのか”をテーマに、「危険な情事」のエイドリアン・ライン監督が描いた衝撃のラブ・ストーリー。出演はロバート・レッドフォード、デミ・ムーアほか。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
現在でも、 監督業だったり かってはヒーロー役でかっこいいところみせてくれた。
今回は違った面で 主役でなく 脇役といったところもみせてくれた。
やはり ロバートレッドフォードは男前にかぎらず、幸福をもとめるというか 愛が大事かの選択もみせどころです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
この映画の成功はひとえにロバートレッドフォードの功績と言えると思います。ある中年の富豪がお金に困っている若夫婦に出会い、若妻を一晩100万ドルで買うと言う話です。あるインタビューでポールニューマンがこれを茶化して「百万ドル出されればゴリラとだって寝るさ」と言っていたのが笑えました。

この役はロバートレッドフォード以外の誰にも演じられないと思います。いやらしくなく、嫌味でなく、甘過ぎず、メロドラマになり過ぎず、重すぎず さらりと流せるのは彼をおいて他にはいません。

私は決してレッドフォードの大ファンではありませんがこんな紳士から100万ドルでと言われればよろめくでしょう。

既婚の女友達が感激していました。はは

生活にくたびれた主婦の皆さん、この映画を見ましょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
「愛はお金で買うことが出来るのか?」というテーマ
ある若夫婦がカジノで遊んでいた所、
一人の富豪から“百万ドルで奥さんと一夜を共に”との申し出を受ける。
お互いの愛を信じ、そしてお金が必要だった
彼らはその申し出を受け入れる。
貧乏な家庭において、
「愛よりも金」「愛がなくても金」ということが、
世間のありきたりな状況に、「挑戦」している。
Have I ever told you I love you?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
仲の良い夫婦の間に突如あらわれた大富豪(レッドフォード)。  しかもその時、夫婦は金銭的にピンチな状態。  億単位の大金を積むので、一晩奥様を貸して欲しいと言われたら、どんな人でも心が揺らぎます。  だって、たった一晩で億単位のお金が入るんですよ?  これは本当に迷います。  そういった心理が丁寧に描かれていますので、結構感情移入しやすいと思われます。  しかし、レッドフォード目当てでDVDを買った私にとっては、どう考えても付いて行きたくなるシチュエーション。  レッドフォードが良すぎて、迷ってる余地がないのがこの映画の欠点でしょう(笑)。  デミムーアは、ファンにも納得の美しさでした。  レッドフォードの金持ちっぷりがカッコ良かった。  
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
すでに11年前の映画になるが非常に興味深い映画。フラッシュダンスや危険な情事を撮ったエイドリアン・ライン監督が「愛はお金で買えるか?」をテーマにした作品。この90年代前半のハリウッドは、40年代の古きよきアメリカへの回帰心なども強く、その当時の「悪魔の金」という映画の再現とも言われた作品。昔見たときには自分の感性が足りなかったが、『幸福の条件』はあまりにも巧みに描かれた作品だと言うことについ最近DVDを見て気が付いた。
愛はお金で買えるのか?
買えると言う人もいれば、買えないと言う人もいる。この映画を見終わると、この映画を見た人の感想は大きく分かれると思う。
ほら、お金で愛は買えなかったね!
ほら、お金で愛は買えたね!
解釈の違い、そしてお金で買おうとしているものの違い、お金で買われてしまうと思っているものの違い・・・。この映画では、この件に関する自分が所有する価値観を浮き彫りにしてくれる。
ちなみに、お金を払って自分が恋に落ちていってしまったロバートレッドフォードが、僕は好きだ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Mickey The Drifter VINE メンバー 投稿日 2010/2/27
形式: DVD
場所はラスヴェガスのカジノ。経済的窮地に陥った若い夫婦の前に、ひとりの大富豪が現れ、妻を一晩「レンタル」してくれれば、100万ドル支払うと提案する。巨額の金を前に、夫婦の心は揺れる……。
こうした「あらすじ」と、いささかインディーセントな邦題を聞くと、だいたい映画の内容は予想できてしまう。金の魔力に一度はつまずき、深刻に破損した夫婦の愛が、疑惑、罪悪感、憎悪、嫉妬、などなどを乗り越え、最終的には、たくましく美しく回復する。「愛は金で買えるのか? 結局、買えませんでした」という道徳訓話。
実際、この予想はだいたい合っているのだが、少し違うところもある。
それがわかるのは、問題のインディーセントな一夜の後、映画の後半にいたってロバート・レッドフォード演じる大富豪が、徐々に意外な誠実さを明らかにしてゆくあたりからである。大富豪の行為は、ゲームではなく、愛ゆえだったのだ。彼が少年時代の愛の喪失と、その後悔について、つまりは自らのオブセッションの真実について、静かに率直に語る場面は、たいへん美しい。インディーセントな彼の行為は、ディーセントな動機に裏付けられていたのである。
戦っているのは「愛」と「金」ではなかった。結局、二種類の違う愛が戦っていたのだ。そして最終的に、大富豪のオブセッションとしての愛は、夫婦の愛の歴史に敗北する。
ようするに、すべてが愛のまわりをまわっている、ということだ。なにせ、監督はエイドリアン・ラインなのだから。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー