通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 当店は広島県古書籍組合加盟店です。クリーニングしてお届け。多少の棚擦れがございますがその他はおおむね良好のコンディションです。商品の保管、発送はAmazon配送センターより365日迅速に発送されます。管理ラベルは剥がしやすいタイプを使用しておりますのでご安心ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/26

5つ星のうち 4.1 262件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,314 ¥ 825

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
  • +
  • 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
  • +
  • アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
総額: ¥3,940
ポイントの合計: 120pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

◆ミリオンセラー『嫌われる勇気』待望の続編! ◆
3年ぶりに哲人を訪ねた青年が語る衝撃の告白。
それは「アドラーを捨てるべきか否か」という苦悩だった。
アドラー心理学は机上の空論だとする彼に「貴方はアドラーを誤解している」と哲人は答える。
アドラーの言う、誰もが幸せに生きるためにすべき「人生最大の選択」とは何か?
貴方の人生を一変させる哲学問答、再び!

内容(「BOOK」データベースより)

人は幸せになるために生きているのに、なぜ「幸福な人間」は少ないのか?アドラー心理学の新しい古典『嫌われる勇気』の続編である本書のテーマは、ほんとうの「自立」とほんとうの「愛」。そして、どうすれば人は幸せになれるか。あなたの生き方を変える劇薬の哲学問答が、ふたたび幕を開ける!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 296ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2016/2/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478066116
  • ISBN-13: 978-4478066119
  • 発売日: 2016/2/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 262件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 367位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は学校で生活指導を担当しています。
教員歴は約30年。皆さんは生活指導の教師と言えばどんなイメージを受けるでしょうか?私は叱るより褒めることを大切にしようと頑張ってきました。生徒が褒められる行動を起こすのを待つのではなく褒められる行動を起こすように種を蒔き、実を結べば褒めるという指導です。この指導に少なからず自信を持っていたので、前作をつい最近読んだときは衝撃でした。ただし「承認要求」の息苦しさも肌で実感していたので、内容はとても納得できるものでした。前作は、根っこの部分から全て掘り起こし、露わにして、きちんとあるべき場所に置き直す。そんな感じでした。
そして、読み終える矢先に本作が出るとの情報を得て、初日に購入し、読みました。
前作はかなり衝撃的なイメージでしたが、本作は前作を知っている分、出会い頭の衝撃は低めだった気がしますが、より具体的な内容だったため、後からジワジワ目から鱗が一枚一枚と剥がれていく感じでした。
具体的には「尊敬」を入り口に「横の関係」を築き、最終的には「共同体感覚」へというのが教職に就いているものとして実際的で分かりやすかったです。特に今まで「褒める」という武器で「縦の関係」を築いてきた私にとって「尊敬」という手段を用いて「仲間」を意識し「横の関係」を築くことは「精神的に安心でき、所属感を高め、うれしい気持ちになる」
...続きを読む ›
3 コメント 1,013人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2017/4/21
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
自己中心性からの脱却こそが大人になる=自立ということ。愛とは人生の主語がかわるということで「自分の幸せ」でも「相手の幸せ」でもなく「わたしたちの幸せ」を築くこと。という箇所がなるほどぉと腹落ちして、時々読み返しています。お風呂で読んだりするのでもうボロボロ…
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
自分的にはこっちの方が内容的に重要な気がします。実践してゆくには。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
勇気、しあわせになるには必要なのですね。
存在そのものが意味があり、貢献している。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「嫌われる勇気」に引き続き、購入しました。正直、目から鱗でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 「嫌われる勇気」に続けて読んだが、この本にも心動かされる。内容は濃く、学ぶこと
だらけである。
 挙げていけばきりがないが、個人的には愛と自立の関係に心惹かれた。「ほんとうの
愛を知ったとき、『わたし』だった人生の主語は、『わたしたち』に変わります」とあり、「
幸福なる生を手に入れるために、『わたし』は消えてなくなるべき」だと言う。「愛が『わた
し』からの解放」なのだそうだ。つまり、「われわれは愛によって『わたし』から解放され、
自立を果たし、ほんとうの意味で世界を受け入れる」のである。「われわれは、他者を愛
することによって、ようやく大人になる」のであり、「愛は自立」だからこそ、「愛は困難」な
のだ。
 「結婚とは、『対象』を選ぶ」ことではなく、「自らの生き方を選ぶ」ことだと言う。「出会い
のかたちなど、どうでもいい。もしもそこからほんとうの愛を築いていく決意を固め、『ふた
りで成し遂げる課題』に立ち向かうのであれば、いかなる相手との愛もありえます」と述べ
る。「運命とは、自らの手でつくり上げるもの」であり、「運命の人を求めるのではなく、運命
といえるだけの関係を築き上げる」のである。「どこへ行くのかなど考えることなく、互いの
手を取り合い
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とっかかりは、教育に転じた青年の現場でもあるのだが、愛というテーマに関して考えさせられる誰にとっても共通の課題だ。
続編なので、やはり青本から読んでもらいたい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
前作の『嫌われる勇気』が非常に面白く読めたので今作も楽しみにしていました。アドラー心理学という聞きなれないものに触れ、その考え方に共感を覚えたかたも多くいらっしゃったと思います。前作のファンとしてあえて言わせて頂きますが今作はそれほどのインパクトはありません。哲学者と若者のやり取りも今作ではどうしても若者の言うことがわざとらしいことばかりに聞こえて全く共感することができませんでした。前作から三年が経ち自分自身が成長したからなのかどうかは分かりませんが今回の作品にはあまり自分として共感できる部分は多くはありませんでした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
嫌われる勇気で取り上げられた内容を主に「教育」に沿って話されている。嫌われる勇気の復習、といった印象。
青年のセリフはほぼ流し読みしても事足りていて、サラサラ読める。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー