幸せな時間 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【amazon配送】正規販売品☆背表紙に色あせがございますが、その他に目立ったキズや汚れ等はなく、中古品として良好な状態です◎経年による若干の劣化(小傷等)はご了承ください◎除菌クリーニング後、クリスタルパックで包装し、アマゾン配送センターより迅速に発送いたします☆応募券・シール・カードなどの封入物、記載のない特典等につきましては原則付属いたしません☆希少価値の高い商品の場合、プレミアム価格となっている場合がございます☆検品には万全を期しておりますが、万が一問題がございましたら、Amazonカスタマーサービスまでご連絡下さい。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,630
通常配送無料 詳細
発売元: FUSOU SHOP
カートに入れる
¥ 4,630
通常配送無料 詳細
発売元: 株式会社高木屋
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

幸せな時間 [DVD]

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,629 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 555 (11%)
ポイント: 1pt  (0%)  詳細はこちら
残り7点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、玉光堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 4,629より 中古品の出品:15¥ 1,247より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 幸せな時間 [DVD]
  • +
  • 毎日がアルツハイマー [DVD]
  • +
  • しわ [DVD]
総額: ¥10,474
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 丸山忠吾, 丸山サチ子
  • 監督: 横山善太
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOブックス
  • 発売日 2013/01/25
  • 時間: 72 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00A39QOVM
  • JAN: 4562166271565
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,689位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

<文部科学省 社会教育(教養)青年・成人向き 選定作品>

人生の終焉に気付き始めた老夫婦が助け合い、思いやる心を持ち続ける「普通なこと」に感動が止まらないドキュメンタリー作品。


「観終わって 気付いたら 少し涙ぐんでいた。私たち夫婦も83と81。結婚56年。
私は心肺機能が衰え 妻は物忘れが進む。老いは人間に例外を作ってくれないが私も妻もつれあいに優しくなった。いたわり合って終末を迎えるしかない。
ただ 男の子ばかりの私たちには、しっかり者の娘さんの存在がうらやましかった。」

三宅久之さん(政治評論家)


【見どころ】

がんと認知症が発覚した一組の老夫婦とその周囲の者たちの姿を見つめたドキュメンタリー。

老夫婦の孫娘が5年間にわたって撮影した祖父母たちの映像を、『カヲリの椅子』などの短編作品で注目を集める横山善太が監督を努め、ひとつの作品としてまとめ上げた。

老い、介護、別れといったものだけを見つめるのではなく、そこから家族のきずなや人を愛することの尊さを浮かび上がらせていく温かな視線が、観る者の心をつかむ。


【ストーリー】

50年も連れ添ってきた、丸山忠吾と丸山サチ子の老夫婦。そんな二人の姿を孫娘である武井彩乃がビデオカメラで記録することに。

平穏で平凡な毎日を送っていた夫婦だったが、サチ子が認知症だと診断され、ほどなくして忠吾のガンが見つかる。

病が進んでいってしまう祖父母、介護に必死な母親の姿などをカメラ越しに見つめながら、老いや別れという現実をかみしめていく彩乃。やがて、サチ子は彼女のことを忘れるまで認知症が進んでしまうが、それでも夫のことだけは何かと心配し続ける。


【STAFF】

●監督:横山善太
●撮影:武井彩乃
●音楽:高山英丈
ほか


【CAST】

丸山忠吾
丸山サチ子
ほか


(C) 「幸せな時間」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

がんと認知症が発覚したひと組の老夫婦の姿を捉えたドキュメンタリー。50年連れ添った丸山忠吾と丸山サチ子の老夫婦。ふたりの姿を孫娘・武井彩乃がビデオカメラで記録することに。平穏な毎日を送っていた夫婦だったが、サチ子が認知症だと診断され…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
衝撃的な一品であった。祖父母の介護を行う母を通した孫娘の撮影。祖父のがん闘病を把握できない祖母。そして、内情は夫として追従していながらも、その夫から冷たく扱われる祖母。看護師の母の介護方法に若干の戸惑いが生じる。これらは、祖母の病態に対する祖父への状況説明をきちんとすべきであったのではと感じている。認知症が進み夫の死を理解できない祖母の顔が印象的で、夫婦としての幸せな時間とは百様だと思うが、気持ちが通じ合う時間のなんと短い時なのか。30~40代の夫婦の方に見てほしい一品である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
認知症の研修に使おうと思い、購入しました。ドキュメンタリーということもあって、認知症の人がどんな思いで日々生活しているのかを、知ってもらうにはとても良いものではないかと感じました。大げさではなく、自然な時間の流れがそこにはありました。認知症のケアは大変だと思っている人には、ぜひ見てもらいたいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
いろいろな立場の気持ちを感じてしまって、涙が出ました。
ぼけてしまう前の、3年前が幸せという意味のタイトルかと思ってみたのですが、幸せな時間の反対は幸せではないではなく、いつも幸せな時間なんだなと思い直しました。幸せの種類がちょっとずつちがうけれど、幸せではないという時間はないんだなと。 生きてる時間を大事にしなくてはならないなと、まだジーンとしています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画に寄せられたコメントでひと際印象に残る、
「老いは人間に例外はつくってくれない」という
評論家の故・三宅久之氏の言葉ほど普遍的な示唆はない。
そしてこの、何の外連味(けれんみ)もないタイトルは
カメラを携えて自分のじいちゃん、ばあちゃんの日常を“撮ってみた”孫の女性の
気持ちそのままを表したものなのだろう。
僕はよく生きていくということを森に例えて考えることがある。
私たちは目隠しをしながら手探りで深い森を歩き続ける旅人であり、
旅は予見できない出来事をはらみ、一つひとつ、あるいは踏み越えて、
また或る時はやり過ごし、時にはすり抜けることもそれぞれに必要とされる。
しかし確実に正確に無情にも、人は老いるのだ。
その一点に恐怖を覚える瞬間が訪れるのは一体いつなのだろう。

孫である女性は自分の祖父祖母を特別な視点で撮ることをしない。
ここにあるのはあなたの祖父祖母である。
ドキュメントフィルムは、撮る側が移入する部分と全くしない(させない)部分との
危ういバランスで成り立っていると思うが、
この作品に於いては、もとより撮影者にはそんな意図すらないようだ。
一つ確実なのは対象者が自分の身内であることぐ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告