通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
年金制度は誰のものか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆全体的に汚れがあります。全体的に日焼けがあります。カバーにスレがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

年金制度は誰のものか 単行本 – 2008/4

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 980 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 年金制度は誰のものか
  • +
  • 財政危機と社会保障 (講談社現代新書)
総額: ¥2,765
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

年金と生活保護と税制は一体的に改革せよ!政治家や官僚の都合によって複雑怪奇にされた日本の年金制度。少子高齢化が進むなかで、急ぐべき制度改革とは?本書は諸外国との比較を交え、年金問題を分かりやすく解説。年金制度を国民の手に取り戻すための“ガイドブック”、ここに誕生。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

西沢/和彦
(株)日本総合研究所調査部主任研究員。1965年生まれ。89年一橋大学社会学部卒業、三井銀行(現三井住友銀行)入行。98年より現職。法政大学修士(経済学)。06年より厚生労働大臣の諮問機関社会保障審議会年金部会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 289ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2008/04)
  • ISBN-10: 4532490308
  • ISBN-13: 978-4532490300
  • 発売日: 2008/04
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 539,441位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
とことん詳しく書かれているし、わかりやすい。20代や30代の人間が将来もらえる年金額はどうなるのか、外国の年金制度はどうなっているのか、消費税による税方式に変えるには?、今まで払ってきた積立金は大丈夫なのか、こういった疑問に全て答えている。このままだと若い人ほど、とくに独身者は大変だと思った。最近新聞に出てくる税方式の動きや年金積立金の運用機関GPIFについても、先回りして書かれていた。買って損はない年金本の決定版だと思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は「国民一人ひとりが年金改革を考えるための…ガイドとしての役割を目指した」のが本書と述べています。読み終えて、その役割は十分に果たしている読み応えのある内容と評価します。ただ、これも著者が言う「予備知識がなくても読めるようにした」は、さすがに無理があるかなぁ…。せめて、国民年金と厚生年金の概要と違いくらいは知っていないとしんどい(というか、提言されている内容の是非(賛否?)が判断できないのでは?)と思います。
さて、その内容ですが、序盤で「基礎年金制度の問題点」「年金財政」に触れたうえで、直近の2004年の法改正内容を検証し、かつ、執行機関、つまり社保庁に代わる組織のあり方について論じ、外国との制度比較も行いつつ、最後に年金制度の改革案を提言しています。
著者の指摘はなかなかに筋が通っていて、しかも、私の個人的見解と考え方が近いこともあり、共感できる内容でした。
私が共感したところは…「(基礎年金と厚生年金の)二階建ては実質は二階建て年金を棄却したもので、基礎年金は財政を一元化しただけの『フィクションとしての基礎年金』」「さまざまなシミュレーション手法やスローガン(例:「100年安心年金」「2.3倍もらえる年金」)における政府による意図的なミスリーディング」「税と社会保険料の一括徴収、つまり歳入庁構想」などなど…。
まぁ、あるべき年金制度
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
消えた年金記録、税・社会保障一体改革など年金に関するニュースを新聞で読むことは多いが、現在の年金制度の仕組みがどうなっているのかを正確に理解している人は実は少ないのではないだろうか。この本を読めば、先ず年金制度を正確に理解できる。

また、海外と比較するとどうなのか、課題は何か、解決策はどうすべきかにつき著者が歯切れいいじろんを展開しており、年金問題の論点、持続可能性の危うさについて理解を深めることができる。

新鮮だったのは、年金制度と生活保護制度(そのなかの高齢者向け生活扶助)の一体改革と、税、社会保障費の国税庁による一括徴収による税徴収の効率化。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
社会保障審議会において煩型(うるさがた)の委員として鳴らしている民間シンクタンク研究員による年金改革論。前著『年金大改革』同様、政府および行政への一貫した懐疑的目線から繰り出される考察が本書の魅力。個人的には賛同しかねる見解も散見されるものの、御用学者による鈍(なまくら)本が跋扈する年金分野において、筆者の考察の鋭い切れ味は貴重な存在である。なお、個人的には以下の見解が興味深かった。

<刮目すべき見解>
・マクロ経済スライドが基礎年金にも適用されるのは、所得保障機能の観点から問題である(基礎的所得水準を下回る恐れあり)
・スウェーデンの年金制度はスウェーデンのお国柄(納税者番号制、
...続きを読む ›
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告