通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
年金は本当にもらえるのか? (ちくま新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、使用感・経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。簡易クリーニング済み。 日本郵便のゆうメールにて発送します。帯は付属していないものとお考えください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

年金は本当にもらえるのか? (ちくま新書) 新書 – 2010/7/7

5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 年金は本当にもらえるのか? (ちくま新書)
  • +
  • 財政危機と社会保障 (講談社現代新書)
  • +
  • 社会保障亡国論 (講談社現代新書)
総額: ¥2,570
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

とにかく難しいイメージがある年金。わかりにくいだけではなく、未納、未加入、給付カットと将来の不安は尽きることがない。それでも、厚生労働省は、難解な言葉を用いて年金の実態から国民の目を背けさせ、不適当な数値を使って試算を行い、「年金は破綻しない」と強弁する。では、彼らが教えてくれない「本当の年金」は安心できるものだろうか。一問一答で、年金に関する誤解を解く、誰でもどこからでも読める入門書。付録表で「あなたのもらえる本当の年金額」がわかる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鈴木/亘
1970年生まれ。上智大学経済学部卒業後、日本銀行入行。98年に退職後、大阪大学大学院博士前期課程修了、後期課程単位取得退学(2001年、経済学博士号取得)。大阪大学社会経済研究所助手、(社)日本経済センター研究員、東京学芸大学准教授などを経て、学習院大学経済学部経済学科教授。専門は社会保障論、医療経済学、福祉経済学。著書に『だまされないための年金・医療・介護入門』(東洋経済新報社、2009年、第9回日経BP・BizTech図書賞)、共著に『生活保護の経済分析』(東京大学出版会、2008年、第51回日経・経済図書文化賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 253ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2010/7/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 448006561X
  • ISBN-13: 978-4480065612
  • 発売日: 2010/7/7
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 207,193位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
今の年金制度は、増改築を繰り返し行った地方の錆びれた旅館の様である。
長期戦略がないためにその場しのぎで改造を行い、構造がさらに複雑になってしまった。
本書は、そうした年金制度を解きほぐし読者に分かりやすく説明している。
厚生労働省率の甘い試算方法やマスコミや人々の間に飛び交う噂話を検証し、丁寧に解説している点は大きく評価できる。

しかしながら、人々の注目度が高いと思われる「年金は損か得か」という解説において、
労使折半は実質労働者が負担しているのと同じという理論はやや無理がある。
無論、そういった会社も存在するだろうが、すべての会社でそうであるという前提の元での試算は負担率を多く見積もってしまわないだろうか。
さらに個人で運用した場合の方が得であるという様な文脈もあるが、健康保険及び厚生年金は非課税である点も留意する必要がある。
以上2点を考慮すると企業や所得によって、損得が変わってくると推察される。
厚生労働省の給付負担率の試算方法が甘すぎる点に異論はないが、著者の試算も厳しすぎる様に思われた。

総評としては、一読の価値はあるが他の年金関連の書籍との併読も推薦する。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 著者の鈴木氏「はじめに」で、いきなり喧嘩を売ってます。既存の年金入門書は、厚労省OBが書いた大本営発表か、年金マニアが書いたトリビア本だと。
 とっくの昔に破綻している年金制度は、綻びを覆ううちに複雑怪奇になり、それが国民にバレヌように専門用語で武装した制度なので分かり難いが、この制度はオカシイという前提に立てば理解への道が開けるようだ。

 実は初期の日本の年金制度は積み立て方式、つまり「自分の世代の収めたお金を運用し老後に戻ってくる」というまともな制度だったそうだ。それが歴代自民党政権の高齢者への人気取り政策、とくに'70年代の田中角栄氏の総理大臣時代の大盤振る舞いにより、積み立てられた年金はみるみる取り崩され現代に至ったという。本来なら670兆円あったはずの厚生年金の積立金が現在わずか130兆円しかない!5億は目をつぶるから500兆円かえせ!!!

 皆さんの一番気になる年金の損得については、1960年生まれ辺りを境にそれ以降は損だそうだ。しかもその損得の差は強烈にデカイ。
 少し前に話題になった基礎年金の消費税化による税率17%という驚愕の数字は、今より年金がずっともらえる条件で計算したデマカシみたいである。消費税を財源にした場合の、「数年毎に内閣ひっくり返るような税率の議論するんかい?」という疑問については、目
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tnek 投稿日 2013/8/17
形式: 新書
本著の著者は現行の年金制度を批判している学者であり、厚生労働省官僚や同省御用学者などとは違い、国民の視点より客観的に年金制度について解説、問題点の指摘をしている。

年金制度といわれても一般国民にとっては非常にわかりづらい
年金に関する情報は錯綜しており、官僚や御用学者が発する情報はいわば制度製作者側からの情報であるので、年金制度に対し楽観的な意見であったり、都合の悪い個所に関しては専門的な話に持っていきぼかす、といったことも多い中で、本著はむしろ年金制度の国民が不安に感じる部分に重点を置き、一問一答形式で解説するといったスタイルでこちらが知りたい情報にある程度うまく的を絞り説明できていたと思う

本著は初級編、中級編、上級編とパート別に分かれており、初級編だけであっても簡単な年金制度の解説はされており、中級編以降は財源、制度改革などのやや込み入った解説となるので、読者は自分の興味、理解に応じて読み進めていけばよいと思う

あくまで制度に関する解説が中心であるため、「年金は本当にもらえるのか?」というタイトルではあるものの、読者が私は年金がもらえるのか、いくら、いつもらえるのかといった個別具体的な疑問に対して答えを出す、といったつくりの本ではない

また年金制度に関して包括的に論じられているわ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
タイトルよりも、帯の方が本書の趣旨をよく表している。
帯は、厚生労働省は真実を教えてくれない!
厚生労働省、福田康夫政権時の社会保障国民会議(事務局は厚生労働省)の試算や説明のデタラメぶりを、Q&A方式で説明している。
例えば、Q.年金が2.3倍貰えるって本当ですか?という質問には、まず一刀両断。
A.うそです。
そして、このあと丁寧な解説が続く。実証分析を数多く手がける著者ならではの説得力だ。厚生労働省は真実を教えてくれない、だからこそ、著者をはじめ研究者がそれに立ち向かっているのに、厚労省の「2.3倍以上もらえます」といううその受け売りを続けているカリスマ受験講師は(
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック