Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,400
ポイント : 205pt (14%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大原扁理]の年収90万円で東京ハッピーライフ
Kindle App Ad

年収90万円で東京ハッピーライフ Kindle版

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,400

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

年収90万円で、誰よりもハッピーに暮らす方法(しかも東京で)。



堀江貴文氏、共感!

↓↓↓

親も先生も信用してはいけない。

就職しなくても生きていける。

終身雇用なんて期待するな。

世間の常識は疑ってかかれ。

同調圧力や空気に負けるな。

人生は一度きり。他人に自分の運命を左右されるのは御免だ。

など、僕と考え方はほとんど同じだ。

「働かざるもの食うべからず」なんて、古い。---堀江貴文



【目次】

はじめに



第一章 ハッピーライフの基本とは

わたしの暮らし

実感を大切にすること



第二章 フツーって、何?

進学とか就職って、しないと生きていけないんでしょうか?

将来やりたいこと、マジないんですけど

友達って必要?

他人と比べられてツライとき

いじめられて死にたいとき

自分の見た目が好きになれない

LGBTのこと

意味不明なルール

人間はみな平等のはずですよね?

隠居はベストな生き方でしょうか

個性って、何?



第三章 衣食住を実感するくらし

1 「食」で、ひとはつくられる

何を食べればいいのか

粗食をしたらこう変わりました

MY粗食マニュアル

1週間の献立

自分に合う食生活を見つける

キッチンと、その周辺

食材をどこで買うか問題

紅茶とスコーン

野草狩りもまた楽し



2 「衣」を、生活から考える

服装がしっくりくるのは20代から

隠居のワードローブ大公開



3 「住」は、恋人のようなもの

今のアパートにたどり着くまで

部屋の選び方、付き合い方



第四章 毎日のハッピー思考術

心と体のチューニング

お金とうまくやっていくために

働く、ということ

貯金について

低所得者にとっての税

夢や目標はないとダメなのか

平和=退屈ではない

将来について

生きること、死ぬこと



おわりに

著者について

1985年愛知県生まれ、東京都在住。高校卒業後、3年間引きこもり、海外ひとり旅を経て、現在隠居6年目。著書に『20代で隠居 週休5日の快適生活』。最近、木食行(木の実だけ食べて暮らす修行)に憧れています。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 9367 KB
  • 紙の本の長さ: 138 ページ
  • 出版社: 太田出版 (2016/11/4)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MPXWKKV
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 5,951位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2016/9/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者曰く、都市型隠居ライフに
もっとも「要らない」ものは
「変化」「刺激」「生産性」。

要るのは

①ひま耐性(働かずにいられる時間をひまと思わず、遊んでいられる能力)

②楽観性(病気、年金、老後のことなど心配し始めるとキリがない。なるべく病気に
ならないよう、適度な運動と食事に気をつけて、あとはなんとかなるさと割り切る能力)

③無理しない能力(世間体を気にせず自分の実感を基準にし、常に好きなこと、やりたいことを選びとっていく能力)

自身は20代で東京・多摩での隠居ライフを始めて6年目。
週に2日だけ仕事をして週休5日。
一か月7万円で暮らしをまかなっているという。

部屋はバストイレ付き一か月28000円。
食事は自炊。玄米菜食が基本で、1日の食費は300円。

ふだんの外出は、自転車で行ける範囲。
月に一度は、在来線を乗り継いで日帰り温泉へ。

世間と距離をおきながら、淡いかかわりを保っている。

毎日の時間の使い方から、モノを減らす方法、台所の配置、
日々の献立、楽しみとこだわり、人との距離のおきかた、
...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ニンジン トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
読みやすくて、かなり深い!素晴らしい本でした
著者の辛かった過去、衣食住の話、人生の話、色々な話題があってどれも良かったです

常識にとらわれて苦しんでいる人はこの本を読むと救われることでしょう
仕事ができない、学校がいけない、お金が稼げない
そんなことで自殺したり人生を諦める必要は全くありません
それは間違った常識にとらわれているから苦しいだけです
そんな常識を捨てればこの大原さんのように楽しくハッピーライフを送ることも可能だということです。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
みんながみんな同じ方向を向いて人生を生きる必要はないんだなあと思わされました。マスコミや企業広告に踊らされ、必要のないものまで必要なのだと思い込まされていた自分に目が覚めました。

著者の生活は読んでいて面白かったのですが、いじめられている子に対するメッセージにも目が止まりました。私の住む町近隣であった、いじめが原因で亡くなった10代の子を思い出しました。生きているときにこんなことを言ってくれる人が周りにいたら・・・と、今となってはたらればの話ですが、思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者の生活と思想が満載の一冊。
一週間の献立が書かれていたりと、個人的生活にかなり密着した作風となっている。
通常、個人的生活を前面にだしたものはセレブか芸能人クラスを除いては、誰の興味もひかないつまらないものとなる。
が、これは面白い。

ヤンキーにぼこられた話やいじめられた話などが、自然にスルッとでてくるので、グイグイひきこまれる。
最終章ではやや力みがでてしまっているように感じたけど、力みのなさ、心理学でいう防衛的でない姿勢が本書のなによりの魅力だと思う。

なぜ東京に住み続けるのかは不思議。
著者がやりたい隠居生活をおくるのなら、何も東京でなくてもいいはず。
「東京で20代で隠居」をブランドに著書出版を狙ったのなら、かなりのやり手。

もしも著者がこの先生活保護受給者にでもなり公金をくいつぶすようになってしまうと、本書に描かれた生き方とメンタリティは世間から全否定されることになる。「なんだ、えらそうなこと言って、結局、生活保護になってるじゃん」と一蹴されることになる。

そういった事態にはならないでほしいな。
本書で描かれたような生き方もOKだと、アリだと、なってほしい。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ミニマリストの本を探しまくってたとき偶然この本を知ったのでポチりました。しかもホリエモンをリスペクトしてるから尚更きになって。

最初の方、読み出したら、この著書やっぱりかわってるよ!!かわってるってゆーかわがままなのかな? こんなことでいいの!? って反発心がありました。 私も常識とかそーゆーのにしばられたくないし、自由に生きたいなってあこがれてたけどこれを読んでいて、結局自分も常識とか、多数派の意見にがんじがらめになって心がガチガチになっちゃってたんだなぁって気づかされました。 でも読み進めてるうちになんだかガチガチな心もとけていくかのように、どんどんのめり込んで一気に全部読んじゃいました!
お金ってかわいくないですか??ってところ、すごいよかった笑 たしかに!!!っておもえてきて、無駄なものとかばっかりにお金つかってたなぁって。。。 せっかく自分のとこに来てくれたお金もっと大切につかおう!わたしも募金箱あったら募金してみよう!っておもいました。 あと、私ってミーハーなんです。好奇心も旺盛で資格とかもいろいろとってみたい!勉強してみたい!ってタイプなんですけど、著者がいってるとおり親からは、「それとってどーゆーとこに就職できんの?」 「それとってなにができるよになるの?」 「それいかせるとこで就職できないなら勉強するいみあるの?」「むずかしい
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover