Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,620

¥ 540の割引 (25%)

ポイント : 16pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[エンリコ モレッティ]の年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学
Kindle App Ad

年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学 Kindle版

5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,620

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

《浮かぶ都市》の高卒者は、《沈む都市》の大卒者より給料が高い――。
気鋭の経済学者が実証した「ものづくり」大国にとっての不都合な真実!


「いい仕事」はどこにあるのか?なぜ「いい仕事」は特定のエリアに集中するのか?
アメリカではシアトル、オースティンといった都市で
労働人口増加、投資増加、雇用増加の好循環が生まれている一方、
かつて製造業で隆盛を極めたデトロイトなどの都市は
過去20年以上にわたり人口流出、失業率の上昇に悩まされている。

両者の格差はそのまま平均賃金格差に反映されており、
成長する都市の高卒者の給料は衰退する都市の大卒者の給料よりも高い。
沈む都市周辺にいる限り、スキルアップの努力は大部分が無駄になる。

なぜ特定のエリアに雇用が集中して平均賃金が上がるのか。
本書ではこれを「イノベーション産業の乗数効果」で説明している。
イノベーション系の仕事1件に対し、地元のサービス業の雇用が5件増えるというのだ。
この乗数効果は製造業の2倍。ゆえに富める都市はさらに富み、沈める都市はどんどん沈む。

 ■イノベーション産業は製造業の3倍のサービス業の雇用を生む
 ■ご近所さんの教育レベルがあなたの給料を決める
 ■本当に優秀な人材はそこそこ優秀な人材の100倍優れている
 ■<沈む都市>は死亡率・離婚率ともに<浮かぶ都市>より高い

《本書は、日本が、世界が、そしてあなた自身が
「イノベーションの世紀」という大海原へ飛び出すための、心強い羅針盤となるだろう。
本書を手に、一人でも多くの日本の読者が、過酷なこの航海をぜひ成功させてほしい》
(大阪大学経済学部准教授・安田洋祐氏による本書解説より)

日本人の働き方、ものづくり重視の産業政策、雇用政策に一石を投じる一冊。


【目次より抜粋】
◆第1章 なぜ「ものづくり」だけではだめなのか
高学歴の若者による「都市型製造業」の限界
中国とウォルマートは貧困層の味方?
先進国の製造業は復活しない

◆第2章 イノベーション産業の「乗数効果」
ハイテク関連の雇用には「5倍」の乗数効果がある
新しい雇用、古い雇用、リサイクルされる雇用

◆第3章 給料は学歴より住所で決まる
イノベーション産業は一握りの都市部に集中している
上位都市の高卒者は下位都市の大卒者よりも年収が高い

◆第4章 「引き寄せ」のパワー
頭脳流出が朗報である理由
イノベーションの拠点は簡単に海外移転できない

◆第5章 移住と生活コスト
学歴の低い層ほど地元にとどまる
格差と不動産価格の知られざる関係

◆第6章 「貧困の罠」と地域再生の条件
バイオテクノロジー産業とハリウッドの共通点
シリコンバレーができたのは「偶然」だった

◆第7章 新たなる「人的資本の世紀」
格差の核心は教育にある
大学進学はきわめてハイリターンの投資
イノベーションの担い手は移民?
移民政策の転換か、自国民の教育か
ローカル・グローバル・エコノミーの時代

内容(「BOOK」データベースより)

「イノベーション都市」の高卒者は、「旧来型製造業都市」の大卒者より稼いでいる!?新しい仕事はどこで生まれているか?「ものづくり」大国にとっての不都合な真実。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6354 KB
  • 紙の本の長さ: 249 ページ
  • 出版社: プレジデント社; 1版 (2014/4/23)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00JUDYNSS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 28,196位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 A・Y 投稿日 2014/8/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
ある都市でハイテク関連の雇用が1つ生まれると、長期的にはその地域のハイテク以外の産業でも5つの新規雇用が生み出される。この5つの雇用の内訳は、専門職(医師や弁護士)が2つ、非専門職(ウェーターや小売店員など)が3つとなっている。

著者が2004年に発表した研究によれば、ある都市に住む大卒者の数が増えれば、その都市の大卒者給料は増えるが、それは大きな増加ではない。一方で、高卒者の給与の増加は大卒者の4倍に達する。高校中退者ならば5倍にもなる。つまり、教育レベルが低い人ほど、他の人達が高度な教育を受けることによって大きな恩恵を受けることになる。

現在、アメリカの半分の世帯は、5年に1度の頻度で引っ越している。しかもアメリカでは同じ都市内で引っ越すのではなく、他の都市に移り住む人が多い。自分が生まれた州とは違う州で暮らす人は、アメリカ人全体の約33%になり、この割合は1900年時の20%から大きく上昇している。

「大学進学」を投資として考えた場合、その「利回り」は他のどんな投資よりも有利となる。大学進学することによって給与が増える「利回り」は、インフレ調節済みで年間15%以上となる。これは株式投資(約7%)、債券、金、不動産(いずれも3%未満)よりも、はるかに大きい。さらに、人的資本に対する投資は、他の投資に比べて安全性が
...続きを読む ›
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルに惹かれて思わず購入してしまいました。
「住むところで年収が変わるのであればいくらでも引越してやる!」と。

さまざまなリサーチやデータを元に、年収が住所によって決まることを明らかにした、一冊です。

「世界の電話通話、ウェブサイトへのアクセス、投資資金の流れの九五%は、
比較的近接した地域内で起きている。
むしろ、今日のハイテク産業は、二〇年前に比べて一部の土地への集積がさらに加速している」
といったデータなど、普段気にしなかった年収と住所の関係が詳しく書かれています。

現在地方都市に住んでいますが、引っ越ししてもいいかな、と考えさせられました。

数字が多く出てきますので、数字が苦手な人にはあまりお勧めしませんが、
データとお金が好きの方はぜひお読みください。

以下に、私がこの本を読んで参考になった部分を引用して紹介します。

研究によると、ある都市に科学者が一人やって来ると、
経済学で言うところの「乗数効果」の引き金が引かれて、
その都市のサービス業の雇用が増え、賃金の水準も高まることがわかっている。

ドットコム・バブルの最盛期だった二〇〇〇年、識者は口を
...続きを読む ›
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
年収は人の能力で決まるのではなく、住んでいる地域で決まる。
高卒者の年収は、その地域に大卒者が多いと上がる傾向にある。
これは、イノベーション型都市というのはイノベーション自体が多くの雇用を作り、良い人材が集まってくるから相乗効果を生むという好循環を創りだすからだ。
だから、シリコンバレーの本質は、何か特別な都市というわけではなく、良き人材が集まってくるという循環が作り出している都市だということだ。
なるほど確かにそうかもしれないと気づきが多い図書だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本の題名から僕が思い浮かべたのは、かれこれ10年ほど前に、都市経済学をポピュラーの土俵に押し上げ一斉を風靡したリチャード・フロリダ氏だ。最近は近未来予想の著作が目立つ高城剛氏も敬愛していると聞いたことがある。がしかし、僕と同様の連想をし本書を目を留めた方がいたら忠告したいのは、この本はそれとは根本的に毛色が異なるということ。むしろフロリダ氏と同類を挙げるとしたらダニエル・ピンク氏が適役だから。
さて、実はこの本のなかでもフロリダ氏について触れられているくだりがあり、著者のモレッティ氏曰く『ものごとの原因と結果を混同してはならない』(P250)『魅力的な町というだけでは、地域経済を支えられない。結局、必要なのは、雇用を創出することだ』(P254)と名指しで否定。アーティストやクリエイターを惹き付けるクールな都市として知られるベルリンのここ20年を例にとりながら、数ページ割いてフロリダ理論の反証を試みているくらいだ。

では、この一冊はいかなるものか。それは『イノベーション』と『ローカル化』と『経済発展』の相乗効果を徹底して語ってくれている秀作だと僕は感じた。技術革新なくしては常に時代の先端を行く変化を遂げ続けることはできない。止まれば必ず衰退を招くと。そして、アイデアや発明が起きるのは決まって、直接交わす対話からの偶然や、満足な人的資本の獲得による、狭い
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す