Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,620

¥ 540の割引 (25%)

ポイント : 16pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[エンリコ モレッティ]の年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学
Kindle App Ad

年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学 Kindle版

5つ星のうち 4.2 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,620

商品の説明

内容紹介

《浮かぶ都市》の高卒者は、《沈む都市》の大卒者より給料が高い――。
気鋭の経済学者が実証した「ものづくり」大国にとっての不都合な真実!


「いい仕事」はどこにあるのか?なぜ「いい仕事」は特定のエリアに集中するのか?
アメリカではシアトル、オースティンといった都市で
労働人口増加、投資増加、雇用増加の好循環が生まれている一方、
かつて製造業で隆盛を極めたデトロイトなどの都市は
過去20年以上にわたり人口流出、失業率の上昇に悩まされている。

両者の格差はそのまま平均賃金格差に反映されており、
成長する都市の高卒者の給料は衰退する都市の大卒者の給料よりも高い。
沈む都市周辺にいる限り、スキルアップの努力は大部分が無駄になる。

なぜ特定のエリアに雇用が集中して平均賃金が上がるのか。
本書ではこれを「イノベーション産業の乗数効果」で説明している。
イノベーション系の仕事1件に対し、地元のサービス業の雇用が5件増えるというのだ。
この乗数効果は製造業の2倍。ゆえに富める都市はさらに富み、沈める都市はどんどん沈む。

 ■イノベーション産業は製造業の3倍のサービス業の雇用を生む
 ■ご近所さんの教育レベルがあなたの給料を決める
 ■本当に優秀な人材はそこそこ優秀な人材の100倍優れている
 ■<沈む都市>は死亡率・離婚率ともに<浮かぶ都市>より高い

《本書は、日本が、世界が、そしてあなた自身が
「イノベーションの世紀」という大海原へ飛び出すための、心強い羅針盤となるだろう。
本書を手に、一人でも多くの日本の読者が、過酷なこの航海をぜひ成功させてほしい》
(大阪大学経済学部准教授・安田洋祐氏による本書解説より)

日本人の働き方、ものづくり重視の産業政策、雇用政策に一石を投じる一冊。


【目次より抜粋】
◆第1章 なぜ「ものづくり」だけではだめなのか
高学歴の若者による「都市型製造業」の限界
中国とウォルマートは貧困層の味方?
先進国の製造業は復活しない

◆第2章 イノベーション産業の「乗数効果」
ハイテク関連の雇用には「5倍」の乗数効果がある
新しい雇用、古い雇用、リサイクルされる雇用

◆第3章 給料は学歴より住所で決まる
イノベーション産業は一握りの都市部に集中している
上位都市の高卒者は下位都市の大卒者よりも年収が高い

◆第4章 「引き寄せ」のパワー
頭脳流出が朗報である理由
イノベーションの拠点は簡単に海外移転できない

◆第5章 移住と生活コスト
学歴の低い層ほど地元にとどまる
格差と不動産価格の知られざる関係

◆第6章 「貧困の罠」と地域再生の条件
バイオテクノロジー産業とハリウッドの共通点
シリコンバレーができたのは「偶然」だった

◆第7章 新たなる「人的資本の世紀」
格差の核心は教育にある
大学進学はきわめてハイリターンの投資
イノベーションの担い手は移民?
移民政策の転換か、自国民の教育か
ローカル・グローバル・エコノミーの時代

内容(「BOOK」データベースより)

「イノベーション都市」の高卒者は、「旧来型製造業都市」の大卒者より稼いでいる!?新しい仕事はどこで生まれているか?「ものづくり」大国にとっての不都合な真実。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6354 KB
  • 紙の本の長さ: 249 ページ
  • 出版社: プレジデント社; 1版 (2014/4/23)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00JUDYNSS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 9,550位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
E.Moretti氏の著書の翻訳書である。
タイトルが奇をてらっている感があるが、内容はまともである。
収入と都市居住との関係を様々な観点から分析している。
立地の重要性が説かれているが、
誤解を恐れずに言えば、世田谷区に住むか足立区に住むか、
というミクロレベルの立地でなく、
東京圏に住むか地方圏に住むか、というマクロレベルの立地について議論している。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
書かれているのは主に米国内での研究内容だが日本の事例もあり、特に失われた20年については納得がいく。移民のもたらす効果 、教育の重要性についてはハッとさせられる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アメリカの研究結果もとに収入のみならず健康や寿命と居住地域の
相関までを紹介している書籍です。
(日本ではどうなのかということはほぼ書かれていません。)

かつてインターネットの発達によってフラット化すると予想された
世界が現実は逆の方向に進んでいるという事実には驚きました。

イノベーション産業(かつての自動車、現在のITやバイオ産業)こそが
アメリカの成長の鍵でありイノベーション産業の成長は地理的な人材の
集積と相関が強いということが述べられています。

結果として地域の年収は上がり、その高い年収の人へサービスを提供する
床屋さんなどの地域サービス産業も比例して収入が多くなるため地域格差は
決定的に広がっていくということになります。

国としては如何にそのようなイノベーションの集積地を作るか、
個人としてはどんな職業であれ如何にその集積地で仕事をするかが
生存戦略としてどれほど大切なことかわかりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
こんにちは、古舘健です。

本書を一言で表すと、「どこに住むかが収入、寿命、結婚・離婚を決める」です。

本書によると、その根っこは教育にあります。
人は周囲の環境から影響を受けます。そのため教育レベルは、同じくらいの経済や生活習慣のコミュニティを形成するそうです。
これは、学習が自分のためだけでなく、家族、地域などのコミュニティにいい影響を及ぼすということを意味します。

ある産業が発展すると、その周辺の産業やその産業がある都市も儲かるという流れは理解できます。
地方に住む自分としては、「給料が学歴より住所で決まる」というのは衝撃的でした。

個人的にイノベーションの活発な都市圏の一つに挙げられていたボストンーケンブリッジ圏に興味があります。
一流の大学と世界水準の医療機関があり、科学系研究開発サービスとライフサイエンス系の企業が多いイノベーションのハブを形成しているからです。

住所が収入、寿命、結婚・離婚を決めてしまうとしたら、なぜ人はいい場所に引っ越さないのでしょうか?
詳しくは本書を読んでいただきたいですが、地理的流動性、個々のコミュニティ、生活コストが影響しているそうです。

最後に、日本が停滞する理由
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
なぜアメリカがイノベーション産業で最も優れた国なのかが書かれています。
また、これからもアメリカがイノベーション産業でトップを走り続けていくことを示唆しています。

なぜ年収は住む所によって決まるかという点については、下記が主な理由とされています。
 ・ある地域でイノベーションが起きると続々とその地域に優秀な集まり始める(利益が多く、年収が高い人材が増える)
 ・相互に良い循環が作用し、一人で生まれなかったはずのイノベーションが起こることになる(ますますリッチに)
 ・イノベーション事業に参加していない低学歴な人材も年収の高い人が落とす金が相対的に増える為、年収が上がる

過去に栄えた産業の現状についても詳しく書かれています。
また、イノベーション産業との比較も行われています。

アメリカ国内の話に限らず、
中国、ヨーロッパ、日本についても言及されています。
 ・ヨーロッパは生まれた地域に住み続ける傾向がある為、特定の地域で優秀な人材が集まりにくい。これにより、イノベーション産業が発生し難い
 ・中国や日本に関してはアメリカと同様、一部の地域にイノベーション産業が集中している
 ・他国もアメリカのイノベーション産業と同じ流れで地域によ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す