通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
年をとってもモテるフランス人 年をとるとモテなくな... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、商品によっては多少のキズがある場合がございます。付属品は揃っております。帯・応募券・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

年をとってもモテるフランス人 年をとるとモテなくなる日本人 (宝島SUGOI文庫) 文庫 – 2016/4/6

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2016/4/6
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 22

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 年をとってもモテるフランス人 年をとるとモテなくなる日本人 (宝島SUGOI文庫)
  • +
  • フランス人の40歳からの生きる姿勢
  • +
  • フランス人は年をとるほど美しい
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 112pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

フランスでは女性は年を経るにしたがって、その知識や人生経験の深さからくる魅力でモテるようになるが、
日本では若い女性がもてはやされている。
20年間のパリ滞在経験を持つ生活文化研究家の著者が、日仏の『見た目』『恋愛』『人付き合い』『生き方』などの
モテの価値観の相違にスポットを当てながら、どうしたら年を経ても魅力的な女性になれるのかを教える、
「モテ」をテーマにしたエッセイ集。

内容(「BOOK」データベースより)

女性が年をとると、日本では“おばさん”。でもフランスでは“マダム”。若い女性がもてはやされがちな日本とは逆に、フランスでは人生経験豊かなマダムたちに憧れの眼差しが注がれる。それは一体なぜなのか。年齢にとらわれることなく、「50代がバラ色の時代よ」と人生を謳歌するフランス女性。彼女たちの自由で軽やかな生き方を、パリ生活20年の著者が伝える書き下ろしエッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 189ページ
  • 出版社: 宝島社 (2016/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800236371
  • ISBN-13: 978-4800236371
  • 発売日: 2016/4/6
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.4 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,925位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

最近年をとることを応援するような雑誌や本が日本でも流行りです。若い子だけがかわいいわけじゃないのよ、というメッセージ。ただ、ありのままでいてねという話ではなく、年齢がわからない見た目を目指す美魔女や、お母さんに見えない容貌を競い合う世界が新たに繰り広げられ、うんざりしていました。年をとることを肯定しつつ、いかに年をとっているように見せないかの競争。
でも、この本にはそれがありませんでした。フランスでは、ありのままで、ふつうのおばさまたちがなぜ幸せでチャーミングに見えるのか。その理由がかいま見られました。
エッセイで、著者の独特の語り口調なので、好き嫌いはあるかもしれませんが、逆に他の人に似ていない文章が新鮮で、私はいいなと思いました。読んでハッピーになる一冊です。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
もう少し人生の糧になる内容を期待していたが、わざわざ購入して読むまでもない内容だった。
古本なのに千円だったというのも評価に影響してるかも。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まずタイトルにひかれて購入。読み進めているうちにドキドキ、わくわくするような内容でした。
年齢を重ねて、「おばさん」扱いしかされない日本とは全く異なる人々の感覚を、この本で学び、参考にしていきたいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
フランス女性の年を重ねて増す優美さを説いた本。
著者の文章は上手いですが、内容は「で、日本在住の人はどうししたらいい訳??」と疑問に感じました。

フランス女性が美しくいられるのは「ありのままを受け入れてくれて、愛をささやき続けてくれる男性パートナーがいるから」
「熟年女性を美しいと感じる心がフランス人(若者を含む男性)にはあるから」だそうです。

それはいい事だと思います。
しかし、そんな土壌の無い日本在住の女性はどうすればいいの???

フランス女性の自慢じゃないけど「それはよかったですね~」と言いたくなる状況をひたすら紹介し続ける内容に飽きてしまい、
半分強読んで読むのを止めました。


何か、年を重ねるにあたってヒントになる事が書いているのを期待して購入しましたが、得られるヒントは皆無でした。
単純に、なんでこの本を日本で出版したのか分かりません。

前向きに年を重ねたい方は、最近読んだ幻冬舎「フランス女性は80歳でも恋をする」野口雅子著をお勧めします。
日本在住でもヒントになる事は多数得られました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告