この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

平成27年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 (情報処理技術者試験) 単行本(ソフトカバー) – 2014/12/13

5つ星のうち 3.7 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/12/13
"もう一度試してください。"
¥ 800 ¥ 68
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

頻出テーマを,イメージ&クレバー方式(イラストで概念をつかみ,身近なたとえでわかりやすく説明し,“AとくればB"で要点を再確認の3段階方式)でまとめた基本情報技術者試験の参考書です。新試験方式にも対応。「攻略法」など,他にない囲み記事も盛りだくさん。テーマごとに厳選した確認問題も多数収録し,記憶の定着や実力養成に役立ちます。「これで合格しました」の声をたくさんいただいています!

内容(「BOOK」データベースより)

広い範囲から試験に出るところだけを解説。ややこしいところも例え話でイメージしやすい。「攻略法」など役立つ囲み記事もたくさん。「AとくればB」方式で重要ポイントをひとまとめ。頭の整理がしやすい。覚えた知識をすぐ使うから、記憶が定着しやすく実践力がつく。最新の試験問題も多数収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 464ページ
  • 出版社: 技術評論社; 第10版 (2014/12/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774169218
  • ISBN-13: 978-4774169217
  • 発売日: 2014/12/13
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 251,755位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 h0n8m14 VINE メンバー 投稿日 2015/6/18
Amazonで購入
ねこの絵があってとてもわかりやすいです。無事春の試験で合格できました。
この本は午前試験の導入部分というか、午前試験の過去問勉強の前にさらっと1周しておくと、
過去問の内容がぐっと理解できるようになると思います。
この本と、ネット上の過去問をランダムで出題してくれるサイトで午前試験を勉強し、
午後は別で過去問の解説本を1冊買って、あとは過去問を数年分ときました。

そもそも私は文系の頭みたいで、この本を読んでも理解できないところもありました。(特に前半。浮動小数点のところなど)
でも、どうせ6割がわかれば合格だしと思い、わからないところは置いてきぼりに
さくっと通りすぎてとりあえず一通り終わらせられたことが逆に良かったと思ってます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 先ず第一にですが、試験に出てくる内容全ての解説がこの本に集約されていると思わないほうがいいです。
 FEの試験範囲は広く浅いものです。
 その内容は基礎的な数学知識からコンピュータシステム、アルゴリズム、そしてマネジメントまで様々な内容が出題されています。
 これら全てを始めから解説し掲載しようものなら、この本は非常に分厚くなり、やる気を削ぐ見た目と化していたことでしょう。
 そういう意味ではこの内容は仕方が無いものかも知れません。

 他の方々が述べている通り、掲載されている解説は初心者向きではなく、情報系経験者向けとなっています。
 FEの範囲を網羅しているものの、内容がザックリとし過ぎているので、予備知識がないと「意味が分からない」と頭を抱えてしまう恐れがあります。
 最悪投げ出してしまうかもしれません。
 ですがそれはこの参考書の扱い方を間違っているからです。

 本書の使い方としては、これだけに頼らず「理解出来ないところが出てきた時は、別の参考書、もしくはネットで検索する」という二刀流方式に限るでしょう。
 始めから読んでいき、理解できなければ別の媒体で調べ、理解できれば先へ進む。また理解できなければ別の媒体で調べ――と、分からないところを潰していく方
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
AとくればBという形式で覚えていく参考書です。途中で少しつらくなりましたが最後まで勉強し終えて復習に入っています。
この参考書は、合う人と合わない人にわかれると思いますが、個人的には解説がやさしくて気に入っています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず、この試験は「基本」という言葉が付いていますが、「簡単」という意味ではなくむしろ「難しい」です。
それを前提にレビューさせて頂きます。

私は平成27年7月の末頃から勉強を始め、平成27年10月の試験に合格しました。約2ヶ月半です。
教科書としてはこの本しか使っていません。(問題集、擬似言語等はまた別ですが)
ただ、私は所属している大学でのコースがIT系であったため、導入という点ではさほど苦労しなかったので(とはいってもよく知らないところが8割程度ありましたが)、本当の初学者の場合はやはり半年は必要かと思われます。

試験そのものに話が逸れてしまいましたが、正直、本屋で見比べてみたところ、この本と他の本(キタミ式など)との間にそんなに差はないと思います。
情報処理の用語や仕組みは分かりにくいのが普通で、原理まで一気に理解しようとすると嫌になります(笑)
つまり、「とりあえずこういうものなんだな」と割りきって覚えて午前はクリアして、午後試験の問題で実際にその知識を活用して、「ああ、なるほど」となるのが、個人的に基本情報技術者試験合格のポイントじゃないかなと思います。(最悪、「よく分からんが、こうすれば解けるんだな!」で頑張りましょう(笑))
そういう意味ではこの本の「〇〇とくれば✕
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
文系の人間ですが、ITに踏み込む業務に就き、知識の必要を感じて購入しました。

最初に数ページ進み、理解できない用語が多かった事から予備知識の不足に気づいて一旦とりやめ、同じシリーズのITパスポート試験対策のセットを仕上げてから再挑戦したところ、問題なく理解できるようになりました。

実は町の書店で買ったのですが、要点が分かりやすく整理されており、全体的に見やすく、問題量もほどほどあり結構感激してアマゾンでレビューを見たところ……何というか、そもそも初心者向けの試験と勘違いしたままの方々が多いようで。

ITパスポートレベルの知識を侮らず、「どの用語も、見た瞬間、意味を明確に思い出せる」水準に到達しておくことが、この本のみならず他教材でも、基本情報技術者試験の勉強の大前提なのだと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー