中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

平成関東大震災--いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかった-- 新書 – 2007/8/24

5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

大地震を生き残り、生き続けるために。 福井晴敏が詳細なデータを基に描く、リアル・シミュレーション小説。突然襲いかかる地震に直面したとき、何をすべきか。情報満載の新書版小説刊行。

内容(「BOOK」データベースより)

ある日の営業を終えたサラリーマン西谷久太郎を突如襲った大地震。震源は東京湾北部、マグニチュード七・三。高層ビルのエレベーターに閉じこめられ、ようやく脱出した西谷が目にしたものは…。リアルなデータと情報を満載した実用的シミュレーション小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 186ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/8/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062142465
  • ISBN-13: 978-4062142465
  • 発売日: 2007/8/24
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,053,455位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

投稿者 miniHDTV 投稿日 2007/9/30
形式: 新書
短編集「6ステイン」を除けば、福井晴敏作品では
最も且つ圧倒的に短い作品です。
解説が章ごとにいくつかあるので、それを省けば160ページ弱。
亡国のイージスの、文庫本脅威の1000ページ超からすると驚きの短さです。

んが、短いからって物足りないわけではなく
福井作品のほぼ全てに共通していた軍事描写が皆無な反面
青臭いけどジーンとくる福井さんの文章が映えています。
ただ、シミュレーション小説と銘打っている通り
平成の今、関東大震災が起きたら・・・と言う想定を
西谷久太郎に歩かせている形で、「お話の作り」と言う意味では、当たり前ですが物足りない面も。
恋愛があるでもなく、人と人の深い意味での人間関係も特には描かれません。
いわゆるエンターテイメント性もほとんど皆無で
良くも悪くもシミュレーション小説に徹している印象です。
しかし、最後の方は思わず落涙。

文書はもう正に「福井節」なので、ファンなら絶対買いですね。

それにしても
西谷久太郎=「サイヤク」=災厄
甲斐節男=解説男
なかなかふざけたネーミングです(笑)。

値段が安くページも少なく、あっさりと読めて為にもなるので
オススメです!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日本沈没のようなパニック小説かと思っていました。中味は生き残り、明日への希望を抱くためのマニュアル小説。でもけっして自分だけが助かる術を教えてくれているわけではありません。
やはり福井晴敏。ラスト近くのくだりはちょっぴりジーンと来たりして。
小説としては極めてシンプルなため、小中学生にもおすすめ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
東京都北部・羽田沖約10キロでマグニチュード7.3の地震が発生。仕事先の都庁のエレベーターに閉じ込められてから、艱難辛苦を経て家族(妻・娘・息子)のいる自宅の墨田区京島エリアに辿り着くまでのヴァーチャル地震体験記。

福井さんの小説仕立てで面白く読み進めることができ、以下の7つのコラムで関東での大地震に関係する相応の知識が得られるので、関東在住で地震対策未実施の方には、災害対策を行うきっかけとして役立つと思います。

コラム1.2007年10月より運用開始の「緊急地震速報」。あなたの運命を決める「速報からの数十秒」
コラム2.電車で、タクシーで移動中に発生したら?交通全ストップで道路は、線路はどうなるのか。
コラム3.結局、歩いて帰るしかない、と覚悟せよ!!
コラム4.火事や倒壊の安全な地域と危険な地域。同じ「東京」でも、どこにいるかが問題だ。
コラム5.支援物資が届くまでの三日間、サバイバルに必要なものは何か。
コラム6.サバイバルの分かれ目は72時間。そして心の危機はそのあとにやってくる。
コラム7.生き延びてさえいれば未来はある。打ちひしがれず、前へ進もう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
大地震シュミレーション小説で、福井さんには珍しく短め。
でも、福井節は健在!おじさんと若者という相変わらずの設定なのだが
楽しめたし、ためになったし、ほろっとしました。
人は逆境にたった時にその本性が現れる。でも主人公はごくごく普通の人間で
迷い、戸惑い、血迷う。その中でも生きていく術を学んでいくものなのですね。
「ローズダスト」以来、久しぶりの福井小説でしたが、やはり福井さんは良い!!
短く、解かりやすい(地震解説は別の方です)ので、是非ご一読を。
さあ、地震の備えをして、次はガンダムだ!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック