平成狸合戦ぽんぽこ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 BUY王
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,160
通常配送無料 詳細
発売元: メディアパーク(評価をする前に検品ミスなどありましたら、きちんと対応させていただきます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

平成狸合戦ぽんぽこ [DVD]

5つ星のうち 4.2 55件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,160 通常配送無料 詳細
ポイント: 1pt  (0%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Cutting Edge Recordsが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 5,160より 中古品の出品:23¥ 2,349より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 平成狸合戦ぽんぽこ [DVD]
  • +
  • 耳をすませば [DVD]
総額: ¥8,732
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 上々颱風, 野々村真, 柳家小さん, 桂米朝, 福澤朗
  • 監督: 高畑勲
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語, フランス語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • 発売日 2002/12/18
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 55件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005R5J8
  • JAN: 4959241980205
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 10,665位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ジブリがいっぱいCOLLECTION
『平成狸合戦ぽんぽこ』

<ストーリー>
自然の恵み豊かな多摩丘陵。そこでのんびり暮らしていたタヌキたちの間に、餌場を巡る争いが起こる。調べてみると、餌場の激減は、人間たちによる宅地造成が原因だと分かる。こんな争いをしている場合じゃない!このままだと、餌どころか住む所すらなくなってしまう。ここに丘陵のタヌキたちの大会議が持たれ、開発阻止を決議。人間たちに立ち向かうため、まず茶釜やだるまなど簡単に化けられるものから始められ、お地蔵さんや招き猫など次々と難しい課題へ移行していき、総仕上げは、人間に化けて街に繰り出す街頭演習。タヌキたちの特訓のかたわら、宅地造成は着々と進められていた。いよいよ卒業テストに合格した若手タヌキたちの人間撃退作戦が開始される。大木に扮してトラックを妨害したり、ダンプを“八畳敷き”で目隠しして転落させたり…。タヌキのせいとは知らない人間たちは「開発のありかたに疑問」と報道、束の間、タヌキは大喜びする。その一方、四国や佐渡に住む長老たちの援軍も仰ぐために使者が差し向けられた。緒戦の成果に力を得たタヌキたちは、化け学を駆使したゲリラ作戦を展開。ところが新興住宅地で続発する怪事件は、面白可笑しく報道されるばかりで、開発阻止にはほとんど効果がない。焦りが広がる中、待ちに待った長老たちが到着した。三長老は、化け学の粋をこらした“妖怪大作戦”の発動を宣言。これにより人間たちの間にタヌキに対する尊敬と畏怖の念を蘇らせ、ひいては開発を中止に追い込もうと目論むが、しかし、人間たちの図太さは想像をはるかに超えていた。最初のうちこそ驚いたものの、途中からはおばけ屋敷さながらの大変化に喜び出す始末。あまつさえ、レジャーランドの宣伝に利用されるに及び、タヌキたちの間に、次第に落胆と自暴自棄の気分が広まっていくが…。

<映像特典>
●絵コンテ
●予告編集
●特別語りおろし 古今亭志ん朝/落語「狸賽(たぬさい)」

内容(「Oricon」データベースより)

宅地開発により棲む土地を失う危機に瀕したタヌキたちが、先祖伝来の“化け学”を再興して人間達に抵抗する姿を描いたアニメ。声の出演は野々村真、石田ゆり子ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
この作品に関して、自然破壊をテーマとしているが内容が浅いという批判をよく目にします。
しかし、この作品の本質的なテーマは自然破壊ではありません。

狸達は、義理と人情に生きていた時代の日本人の比喩であり、都市開発を進める人間達は近代資本主義の象徴として描かれています。

自己中心的で拡大主義の人間に、牧歌的な暮らしをしていた狸達の土地が奪われてしまう。
悲しいかな、敵であるはずの人間の空家に住み、人間の食べ残しを拝借して生き延びる狸達。
追い詰められた狸達はなんとか対抗しようとするが、甘さの抜けきらない狸の計略など人間の前では子供だまし同然、さらにはいいように利用されてしまう始末である。決死の玉砕も虚しくあっさり敗れ去ってしまう。
結局、居住区の片隅で野良狸となるか、狸本来のアイデンティティをひた隠しにして人間に同化するしか生き延びる方策はない。

テーマ曲『アジアのこの街で』の街とは日本の事であり、狸達の世界の事である。江戸時代から続く義理と人情の価値観が、西欧からやってきた資本主義の前にあっけなく失われていく様を哀愁や切なさ、時に滑稽さを交えて見事に描き切っている。「おかしくも、やがて哀しき狸かな」とはまさにそれを表現した一言だ。

この作品の素晴らしい点は、
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
一応人間なので、人間側についてしまいたくなるけど、この作品を見るたびに、
いかに私たちが自然や動植物に対していけないことをしているのだと思い知らされる。
狸たちの妖怪大作戦で、トトロやキキ等がいつ出てくるか探すのも楽しみ(^^)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
物語全体が意味ある表現であると思います。
キャラクターのかわいらしさ、芸術的なパレードは素晴らしい。
狸たちの考え方がまさしく失われつつある日本人の在り方であり
また人間たちも発展してゆかねばならぬ
重荷を背負っているのだと考えさせられます。
わたしは都内に住んでいますが、先日狸が出没し
車にひかれてしまうという悲劇を見ました。
何かダブるものがあり、ふと思い立ち購入しました。
当時10代だったわたしでしたが30代になり時を経て更に
感動が増しています。
みなさんに是非とも観て感じて頂きたい作品だと思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この作品は小さい頃何度か観て、とても大好きな作品でした。
こんな狸たちがいればいいのになんて思っていました。
けれど、大人になった今このDVDを買って観たところ、
動物と人間が共存することの難しさを知りました。
愉快なのに、楽しいのに、寂しい。
最後のとあるキャラクターの言葉は忘れられません。
勝手に消える動物なんていないんです。
1人でも多くの人に観てもらいたい映画です。本当に。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 ほかの評者が述べているように,「環境問題」「自然との共存」はあくまで表層的なテーマではないでしょうか(権太が最後の抵抗を試みる際,樹木に抱付くシークエンスは現在の自然保護活動家を揶揄しているように見える)。

 この映画の肝は,落語や妖怪といった日本古来の風習・文化と,学生運動の崩壊過程をトレースする部分だと思います。

 前者は,やはり志ん朝の語り口や文枝,米朝のあて,妖怪大作戦に現れる妖怪・物の怪たちにつきるでしょう。ここがこの作品の最大の見どころ・聞きどころ。HDだと色鮮かな物の怪たちは目に楽しく,無国籍な音楽も心地よい。

 後者については,巨大な敵(狸なら「開発を手がける人間」。学生運動なら「体制」)に立向かい,緒戦の勝利に盛り上るが,圧倒的な敵の力の前に敗色が濃厚になった場合をわかりやすく描写しています。

・大衆向けアピールを行うが,周囲からはお祭り騒ぎとしてしかみられない:狸なら「妖怪大作戦」。学生運動であれば「大規模デモ」。
・テロル:「造成中の工事現場での重機の転覆,破壊行為など」「浅草橋駅放火事件,三菱重工爆破事件」
・内ゲバ,党派闘争:「権太vs正吉」「中核派vs革マル派」
・セクト争いにより先鋭化する活動家。暴力が広汎な支持を得られず,破滅へ:「
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー