日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

平成天才バカボン

シーズン1
 (5)1990NR
バカボンのパパのいるところに事件あり!パパのパワーの前にはつまらない日常など一気に吹き飛んでしまうのだ!世間の常識を覆すパパの行動には、目からウロコが落ちる大発見がいっぱい!ギャグマンガの巨匠・赤塚不二夫のいわずと知れた名作のリメイク版アニメーション。©赤塚不二夫/ぴえろ
出演
富田耕生林原めぐみ増山江威子
オーディオ言語
日本語
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
New Fire HD10

新しくなった大画面のFire タブレットでPrime Videoを楽しもう。
今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 「バカボンのパパなのだ」/「ウソは世のため人のためなのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    お年玉をとられコブをつくって帰って来たバカボン。仕返しとばかりに出て行くが、自分より背の低い子供に負けてしまうパパ。かくして、バカボンとパパの血のにじむような特訓が始まった。/近所で評判の悪い医者を懲らしめてやろうと思い付いたパパ。腕を折ってしまったと言って無理矢理その医者を呼んでくる。いざ手術と言う時に、医者の顔が怖いと言って髭、眉毛、髪の毛を剃らせてしまう。 [コメディ/ギャグ]©赤塚不二夫/ぴえろ
  2. 2. 「バカ田大学の後輩なのだ」/「ネコババではないひろったのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    壊してしまったバカボンの椅子の代わりを買いに行ったパパ。車が付いている椅子が気に入ったパパは、途中でであったバカ田大学の後輩たちと共に町中を走り回る。/パパが拾った鞄を交番に届けに来た。中の財布には10万円も入っていたので、本官さんがネコババしないかと疑うパパ。そんな時に限って、本官さんにお金を借りに来る人が多く、手持ちのお金の無かった本官さんはついその10万円を貸してしまう。©赤塚不二夫/ぴえろ
  3. 3. 「天才ハジメちゃんなのだ」/「夕焼けは赤いドレスのマドモアゼルなのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    今日はハジメちゃんがカセットデッキを完成させた。あまりの天才ぶりにパパはハジメちゃんをパパの子じゃないと言って大騒ぎ。そんな時、パパの本当の子供だという少年が現れた。パパは信じてハジメちゃんを取り替えてしまう。/ママが小説を読んでいた。とても美しい文章で、世の女性を虜にしている作品だが、実はゴミの山の中で創作されていたのだ。大失敗した臭いおでんを捨てようとしていたパパは、偶然通りかかった作者に気に入られて家を汚してくれと頼まれる。©赤塚不二夫/ぴえろ
  4. 4. 「アチョ~のキェ~なのだ」/「犯人はワシが決めるのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    パパがバカ田大学の後輩にであった。“なんでも割っちゃう研究会”のトースト君だ。物が割れるのに興奮を覚える本官さんの手引きで、ふたりは町中の物を片っぱしから割り歩く。/テレビを見ていたパパは、その主人公が発した“犯人はお前だ!”と言う言葉に反応して家を飛び出した。本官さんの所へ行って、通りすがりの銀行員を起きてもいない事件の犯人に仕立て上げてしまう。©赤塚不二夫/ぴえろ
  5. 5. 「物置みたいな人なのだ」/「英語は自分でつくるのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    パパが手品を見に行った。次々に物を出すだけの時代遅れの手品だったのにパパは大感激。バカボンたちにも見せようと手品師を家に連れ帰る。タネもないのにいろいろな事を要求されて、ついつい無理していろいろな物を飲み込む手品師だが…。/バカ田大学の恩師が訪ねてきた。朝ボケの花のスープを飲んだら英語を全部忘れてしまったが、アメリカに行く用事があるので何とかしたいとパパに助けを求めに来たのだ。いろいろ試してみるが、自分たちで英語を創り出すのが一番良いと言う事に成って…。©赤塚不二夫/ぴえろ
  6. 6. 「夜廻りは昼廻りなのだ」/「神様のおつげのかたぐるまなのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    今日はパパが町内会でやっている「火の用心」の夜まわり当番の日だ。恐がりのパパはさんざん脅かされて一人では夜回りできないのでバカボンを伴って出発。恐る恐る進むが前方に不気味な影が…。/バカ田大学“神のおつげ研究会”の山本くんが訪ねてきた。“パパを三日間肩車しろ”というおつげを受けたのだそうだ。おかげで家の大掃除から開放されたが、肩車されていると何かと不便な事ばかり。©赤塚不二夫/ぴえろ
  7. 7. 「空頭の大先生なのだ」/「強盗殺人の予約なのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    どんなものでも頭で割ってしまう“空頭”の大先生に弟子入りをしたパパ。技を会得して大喜びで交番や家中のものを空頭して壊してしまうのでママたちは迷惑顔なのだが…。/泥棒の初心者にバカボン家に泥棒に入れるように指導してやる本官さん。泥棒に入ったとき逮捕して手柄にしようと言う算段だった。給料を使い果たしてお膳立てしたのに、実はその泥棒はパパの後輩で、本官さんはだまされたのだった。©赤塚不二夫/ぴえろ
  8. 8. 「ウナギイヌ登場なのだ」/「ウナギイヌの秘密なのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    パトロール中の本官さんがヘンな動物を見つけた。ウナギイヌだ。が、通りかかったパパに言っても信じてもらえず、皆に見せようとウナギイヌを追いかけ回す。その本心は、脂の乗ったウナギイヌを蒲焼きにして食べようと言うのだが。/逃したウナギイヌを惜しがっている本官さん。パパも興味深々なので、協力して捕まえる事を約束する。運良くウナギイヌに出会ったパパは、ウナギイヌの家に招待してもらう。そこで、パパイヌと母ウナギの馴れ初めを聞く。©赤塚不二夫/ぴえろ
  9. 9. 「私は石になりたいのだ」/「パパはそうじ大臣なのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    100万円もする貴重な石を見せられたパパ。どう見てもフツーの石なのにその持ち主は自分の息子よりも大事だと言ってしまう。ショックを受けた息子は自分の誘拐事件を計画する。もちろんその身の代金は100万円の石。さて、主人は…。/新しく買った掃除機を早速壊してしまうパパ。ハジメちゃんに直してもらって強力になった掃除機をもって街へ出たパパたちは、いろんな物を吸い込んでやいたずらを始めたが、それを見ていた男たちに盗まれてしまう。彼らは銀行強盗だった。©赤塚不二夫/ぴえろ
  10. 10. 「パパは警官になったのだ」/「鳥さんは王子様だったのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    散歩の途中で本官さんの制服を拾ったパパ。制服を身に纏い、本官さんのかわりに事件解決に乗り出すお巡りさんパパなのですが…。/商店街で呼び止められたパパ。その声の主は九官鳥で、実は悪い魔女に魔法を掛けられた王子様だと言う。お礼に目が眩み魔女を探しに出るパパたちだが、九官鳥が“魔女だ!”という相手はいつも食べ物屋の人間で、しかも皆魔女ではい。どうやらこの九官鳥は…。©赤塚不二夫/ぴえろ
  11. 11. 「靴みがきは恐ろしいのだ」/「ミイラの殿様どこ行ったのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    最近家にいない事が多いバカボン。実は、ママの誕生日プレゼントを買うために靴みがきを始めたのだった。パパもまねして靴みがきをするがバカボンみたいにうまくいかない。でも、ママの誕生日に何かしてあげたいというパパに舞い込んだのは…。/工事現場から小判が出てきた。パパたちも早速掘り始めると、出てきたのは殿様のミイラだった。お湯をかけると生き返り、自分をだまして城を乗っ取った悪家老に復讐するといって、そっくりな本官さんの所にパパたちを従えてやって来た。©赤塚不二夫/ぴえろ
  12. 12. 「イヌのようなイスなのだ」/「交番取り調べ日記なのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    骨とう屋さんから変な形のイスをもらったパパ。なんと、そのイスはイヌのように動き回るのだ。イスを散歩に連れ出すが暴力団に盗まれてしまう。暴力団の小競り合いから逃げてきたイスを調べると、神様が生まれ変わらせる先のイヌをイスと間違えたらしい。/強盗犯を取り調べしている本官さん。でも相手は全く口を開こうとしない。あの手この手で口を開かせようとするが一行に進まない。そんなところにパパがやってきて世間話をするとなんと、気軽に話し始めるではないか。パパを通じての取り調べが始まったが…。©赤塚不二夫/ぴえろ
  13. 13. 「アメリカのパパなのだ」/「アメリカは外人ばかりなのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    バカ田大学の後輩・権田からテレポートの指導を受けたパパ。いろいろ失敗を繰り返している内に調子に乗ってテレポートでニューヨーク行きに挑戦した。でも失敗して頭だけがアメリカへ行ってしまった。/日本に忘れてきたパパの体を持って権田がニューヨークにテレポートして来た。元に戻ったパパはニューヨーク見物に出かけたがどこに行っても日本語が通じない。そんな所に日本語を話す天才犬が現れた。©赤塚不二夫/ぴえろ
  14. 14. 「本官さんのサオ竹なのだ」/「よってないけどヨッパライなのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    通りかかった制服好きのOLさんに一目惚れされた本官さん。次の日、これからデートだというのにが突然クビになった。制服もピストルも取り上げられてまる裸。バカボンのパパは下着がわりにサオ竹をプレゼントするが…。/ママのいない時にバカボンの学校の先生が家にやってきた。パパと面談をするのだが、この先生、普通にしていてもヨッパライにしか見えない。パパも負けずにお酒をのみ、先生に進めているうちに、今度は本当に酔っ払ったというのだけれど…。©赤塚不二夫/ぴえろ
  15. 15. 「三本立ての夢なのだ」/「突撃芸能お巡りさんなのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    バカボン一家が映画に出かける直前に間違って眠り薬を飲んでパパが眠ってしまった。パパは夢の中で、今日見に行くはずのの3本の映画の主役になっていた。夢から覚めたパパは、夢の中での仕返しをしに、外へ出て行ってしまった。/本官さんのところに業界人らしき男が人気アイドルの両親の家を聞きに来た。ちょうどその時、空き巣に入られた!と、これまたアイドルの使用人が飛び込んできた。芸能人をみると目の色を変える本官さんにパパは腹を立ててしまう。©赤塚不二夫/ぴえろ
  16. 16. 「ドロボーは二度くるのだ」/「二度きたドロボーは四度くるのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    パパが泥棒をつかまえた。が、よく調べてみると何も盗まれていない。パパに言われて修行し直す事にするが、弟子にしてもらった先生泥棒はプライドだけが高く、開いている窓からは泥棒に入らず、わざわざ中からカギを掛けさせるような泥棒で…。/修行中の泥棒が、今度は東大出のエリート泥棒の弟子になった。そしてまたもバカボン家に盗みに入るが、物を一つ盗もうとするたびに解説をするので、バカボンたちが帰ってきてしまう。次に弟子入りした凝り性の泥棒もバカボン家に盗みに入って…。©赤塚不二夫/ぴえろ
  17. 17. 「電送マシンの先輩なのだ」/「秘密結社紅トカゲ団なのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    パパの先輩が電送マシーンを発明した。どんな物でも好きな所に一瞬で送れると知ったパパは、自分を送ってみたり、銀行からお金を出してみたり、消したりして本官さんをからかったりといたずらし放題だ。/帰したくない一心で、テレビやビデオを皆に無断であげてしまったバカボン。それをごまかす為に強盗事件をでっち上げたが、話がどんどん大きくなって、謎の強盗団“紅トカゲ団”が発足してしまう。©赤塚不二夫/ぴえろ
  18. 18. 「何でもカケる人生なのだ」/「困った人の神様なのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    パパのもとに“バカ田大学かけごと研究部”にいた賭山くんがやってきた。さっそくふたりは小銭を取り出し、かけを始める。夢中になっている最中に賭山くんのお母さんが亡くなったという訃報が入った。霊前で自分が賭け事をやめる方に賭ける賭山くんだった。/車に轢かれるところをパパが助けてあげた男の子の家には病気の父親がいた。薬が切れると誰かまわず攻撃を仕掛け難病らしい。薬を買う為に働きまくりお金を作るパパだが、実は、その親子はそうやって人からお金を騙し取る詐欺師親子だった。©赤塚不二夫/ぴえろ
  19. 19. 「パパは家出するのだ!」/「家出で迷子になったのだ!」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    毎日のようにママにおこられているバカボンとパパが家出を決意。2人して股旅姿で家を飛び出した。道中、同じ家出仲間と思い込みチンドン屋さんに合流したり芝居に出たり大忙し。/家出を続けるバカボンとパパ。お腹が空いたけれどお金が無い。ちょうど通りかかった本官さんをだまして何とかお腹は一杯になったが、やっぱり家に帰りたいと嘆く2人。お金も無く、帰り道も分からない。そんな時、バカボンがママからの手紙を見つけた。©赤塚不二夫/ぴえろ
  20. 20. 「強いおくさんコワイのだ」/「百万円をひろうのだ!」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    “飲めば力の出る薬”を研究している博士にはコワ~イ奥さんがいる。薬が完成したら奥さんをやっつけようと考えているのだが、試作品で造った薬を飲んだ博士が豹変。怪力男に変身して 暴力妻に復讐を始める。/ニュースでごみ箱から百万円を拾った人を見て、パパも百万円探しに出かける。なかなか見つからないが、本官さんから当たりが百万円の宝くじをもらう。それを使って高級レストランで豪遊しようとするが…。©赤塚不二夫/ぴえろ
  21. 21. 「長い舌はいいことなのだ」/「パパは何でもうめるのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    パパの後輩の大下君が遊びに来た。大下君の舌はとっても長く、しかもどんなことでもできるのだ。パパもバカボンもビックリ!それは大下君の恋しいミツコさんがカメレオンを見てステキだ、と言ったので修行した成果だと言う。早速プロポーズに出かけるが…。/バカ田大学“可哀想研究会”の同窓生が訪ねてきた。パパが家でもてなしている所へ、本官に苛められた男が復讐してくれ!と言って絶命(ふり)した。丁重に葬った(?)二人は本官さんに復習をしに出かける。©赤塚不二夫/ぴえろ
  22. 22. 「パパはひいきするのだ!」/「いやな雨でもほしくなるのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    バカボンの友だちの双子の男の子の家にくっついてきたパパ。突然、訳もなく、双子の一方だけをヒイキしてもう一人の方にヤキモチを焼かせて喜ぶパパ。でも、ヒイキが大嫌いな人をヒイキしようとしてひどい目に会う。/雨が続く梅雨のある日、雨にうんざりしたパパとバカボンは、同じく雨がきらいな金ヶ崎というお金持ちに出会う。金ヶ崎は雨のない所に行くと言う。そこは、一面の大砂漠だった。だが、途中でプロペラ機が故障してしまって大変な事に成ってしまう。©赤塚不二夫/ぴえろ
  23. 23. 「一つぶ飲んでふとるのだ」/「犯人はやさしさによわいのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    子供たちのおやつを横取りしようとしてママに怒られたパパ。あやしげな博士から一粒飲むと丸々と太ってしまう不思議な薬“ブタナミン”を手に入れ、おやつの仕返しにママたちに飲ませようと企むが…。/パパが留守番している時に脱走犯がバカボン家に忍び込んできた。狂暴で恐ろしい男だが、戸棚に有った饅頭を食べて食中毒に成ってしまう。苦しむ男に、優しい言葉をかけるバカボン。人の暖かみを知った男は、監獄に戻り、マジメな人間に成ると約束する。©赤塚不二夫/ぴえろ
  24. 24. 「魚をとったのだれなのだ」/「親切にしたら死にそうなのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    バカボンが友だちから預かったペットの魚を、パパが焼いて食べてしまった。そうとは知らず泣いて悲しむバカボンを見てかわいそうに思ったパパは、池に代わりの魚を釣りに行く。魚は釣れるのだが、大きな魚ばっかりで…。/何を見ても「死にたい」と呟いている男を気の毒に持ったパパは、あの手この手で、死なせてあげようとするのだが、なぜか、毎度パパの方が死にそうになってしまう。最後の手段で、その男に銀行強盗をさせようとするが…。©赤塚不二夫/ぴえろ
  25. 25. 「ロボットはパパなのだ」/「スイカのためならなんでもするのだ」
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    1990/01/01
    24分
    NR
    オーディオ言語
    日本語
    ロボットアニメにあこがれたバカボンの作った中身の無い巨大ロボット。もちろん動くわけが無いが、バカボンの気持ちを汲んだパパがその中に入って動かしたら、バカボンは大はしゃぎ。次から次へ用事を言い付けられたパパはくたくたで…。/庭先からバカボンの生まれた時に埋めた冷蔵庫が出てきた。その中には10年もののスイカがあった。それを見ていたお金持ちがどうしても譲ってくれと言う。いくらでも出すというお金持ちにむかってパパは、何でも言う事を聞いてくれたらあげると言う。©赤塚不二夫/ぴえろ
46件のエピソードをすべて表示

詳細

監督
笹川ひろし
出演
坂本千夏千葉繁田原アルノ
シーズンイヤー
1990
提供
myシアターD.D.
コンテンツ警告
暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
5 件のグローバル評価
星5つ
57%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
43%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年9月23日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月16日に日本でレビュー済み
2020年5月13日に日本でレビュー済み
2020年7月28日に日本でレビュー済み
2020年2月23日に日本でレビュー済み