この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

平和のための「戦争学」 単行本 – 2003/10

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 99
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

新しい世紀に入り、20世紀の後半に構築された「平和のしくみ」がすべて過去の遺物となってしまった。これまで米ソ対決の狭間で日米安保条約体制を構築し、平和を享受してきた日本も、全く新しい思考をしなければならない時代となった。むしろ、前の時代の枠組みの中での観念的、心情的な「戦争反対!」を叫び続けていたら、次の時代の平和構築のための阻害要因になってしまう危険性もあるのである。
必要な戦争と不要な戦争とは? 瀬戸際政策とは? 日本の国防戦略はいかにあるべきか? 国際平和維持活動をいかに展開するか? そして戦争の本質とは何か? 著者の論は、次々と核心をえぐっていく。
「真摯に医学を学び、研究するのは、病気を恐れるからであろう。同じように、戦争を恐れるなら、真正面から戦争に向き合い、学ばなければならない」。まさに、これまで戦争を直視してこなかった日本人にとって必読の戦争論である。

内容(「BOOK」データベースより)

「戦争のメカニズム」を知るものこそが真の平和を創造できる!元作戦幕僚の著者による、いま日本にとって真に必要な「戦争論」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 213ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2003/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569631681
  • ISBN-13: 978-4569631684
  • 発売日: 2003/10
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,109,525位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2004年5月1日
形式: 単行本
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ihクッキングヒーター ビルトイン