この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

平凡サラリーマンから大逆転! 年収1億円を生む〈実践〉不動産投資法 単行本(ソフトカバー) – 2010/9/17

5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 14
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆まずはキャッシュ(CF)を生むRC一棟物を買いなさい!

頭金ゼロ・知識ゼロから
5カ月で3棟を購入し会社員をリタイア!
家賃収入1.13億円、CF6200万円を
超短期で実現した私の投資術

◆3棟のうち2棟がフルローン、1棟はオーバーローンで購入。
 頭金ゼロどころか、銀行からお金が返ってきた!
◆本書の焦点は、①投資規模の成長スピードをあげることと、
 ②リタイアするのに十分なキャッシュフローを得ること。

[単純だから実行できる4ステップ投資方法]
ステップ① 銀行評価の出る物件を探す
ステップ② キャッシュフロー評価で、自分の基準にあった物件を絞る
ステップ③ 現地調査で満室経営可能かどうかの調査を行う
ステップ④ 銀行に融資申し込みをする

[本書のポイント]
・普通のサラリーマンが銀行から融資を引き出す方法
・リタイア可能なキャッシュフローを短期で得る方法
・銀行融資の付く、高CF物件かを瞬時に見極める方法
・不動産投資のリスクをコントロールし、回避する方法

◆頭金ゼロ! サラリーマンが収益不動産で最速でリタイアする方法
不動産投資を決意するまでは、専門知識ゼロのごく普通の会社員でした。
そんな私が、たった5ヶ月後、所有物件3棟、総資産4億5000万円の収益マンションを購入し、「経済的自由」を勝ち取ることができたのです。しかも3棟のうち2棟はフルローン、残りの1棟はなんとオーバーローン。頭金ゼロどころか、お金が銀行から返ってきました。
しかし本書は、その成功ストーリーを解説した本ではありません。経験から掴んだ「早期リタイアに必要なキャッシュを得るための」リスクをコントロールした不動産投資の方法です。
成功の秘訣は「投資目的に合った戦略シナリオを立てること」です。投資方法は目的によって変わります。「老後の年金代わり」だったり「節税効果を得る」「不労所得」だったりしますが、私の目的は「キャッシュフローの獲得」です。時間を拘束されるサラリーマン生活から卒業し「自由な時間」を持ちたかったからです。
キャッシュフローを得るための不動産投資で重要なことは、「物件の見極め」です。「キャッシュフローの出る物件か?」を見極めることができることが、成功への近道となります。それには「投資家目線で見る能力が必要です。
また「投資規模の成長スピードを上げる」には、「銀行評価の出る物件か?」という「銀行目線」の考え方を理解しておく必要もあります。2棟目に全く融資が付かずに「経済的自由」を諦めてしまった人がいかに多いことでしょう。不動産投資を継続的に進めるためには「与信の毀損」の罠に陥らないようにしなければなりません。いつまでも「不動産屋目線」のままでいては、成功などおぼつかないのです。
銀行の物件評価、融資基準は厳しくなったと言われますが、実際には変わっていないのです。リーマンショッ

内容(「BOOK」データベースより)

頭金ゼロ・知識ゼロから5カ月で3棟を購入し会社員をリタイア!家賃収入1.13億円、CF6200万円を超短期で実現した私の投資術。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 222ページ
  • 出版社: ぱる出版 (2010/9/17)
  • ISBN-10: 482720585X
  • ISBN-13: 978-4827205855
  • 発売日: 2010/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 181,835位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
RCの一棟物で積算・収益評価も出て、ハイレバで長い年限のローンを組める物件を購入することで、ローン返済額を少なくし、キャッシュフローの出る高額の物件を買い進めていくという今田氏の「光速投資法」の実践者の本。この高速投資法は、一棟が極めて巨額のため、初回に失敗すると、挽回が不可能に近い状態となってしまう。私の知り合いでも、この方法で一棟目を購入して失敗し、大変な目にあっている。それほど、高額のRC一棟物の投資は難しいものだと思う。今田氏の信奉者は多いが、私は1地方の高額のRC物件は出口に極めて大きいリスクをとっているということと、2返済期間を長くすることで、ローンの返済を遅らせることで、キャッシュフローが出ていることに過ぎないという風にしか思えない。1についていえば、耐用年数の短い高額のRC一棟物を持っていたら、現金買いの人がいないので、出口がその時々のわずかな金融機関が融資をしてくれるかどうかにかけている博打のような気がする。その時に入居率の低下と家賃の下落の負のスパイラルが来ていたら、固定資産税で吹っ飛んでしまうことだろう。2「光速投資法」は利回りよりもキャッシュフローを重視するが、耐用年数が短くても、返済が進んでいけば、その部分は自分の資産が増えたのと同様に考えることができるから、私は何十年もの融資を組んで、目先の高いキャッシュフローを得ることを好まない。ただし、この手法でも成...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Mad Mango 投稿日 2010/10/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者には悪いのですが、
何冊か不動産の本を読んでいる方には
この本は不要かと思います。

内容はフルローンで借り入れして、
次々に不動産を増やして儲けた話。
まず不動産を購入していた時期が書いていないこと。
それもこんなフレーズがありました。
「普通の会社員2億8000万円の融資を認めてくれたのですっ」
どこの銀行か教えてほしいぐらいです(笑)

それから途中から書くことがなくなったのか、
不動産の売買、必要経費の話、基本的な話まで飛び出す有様。。。

タイトルの付け方からして、
お金を儲けようとしている態度が丸見えに感じて、
著者には失礼ですが、途中から読む気にならなくなりました。
期待した分、とても残念です。

知人の銀行員から
「最近、変な本を見てくる人がいるが、相手にするのがバカらしい」と
言っておりました。

家族が資産家又は勤務先が大企業勤務またはDINKSで
配偶者の所得が合算で連帯保証人とできる場合は、
このように借入ができます。
しかし普通の人は、銀行からの借入は現実的にできないでしょう。
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
不動産投資界では著名で多くの本も書かれている「今田信宏氏」の監修を受けた著者が全くの不動産投資初心者から
3棟の物件を購入して不動産投資を成功させた体験談を綴る。

不動産投資は目的や個人の考え方で投資スタイルが分れ、
・区分マンション派
・木造・鉄骨造築古高利回り一棟アパート派
・テナントビル一棟派
・RC・SRC一棟マンション派
などがあります。

その中でも割合として多いと思われるのが、この本の著者が採られている「RC・SRC一棟マンション派」の模様。
というのも不動産投資は入り口(最初の1〜2棟目)が非常に重要な位置付けになり、入り口を間違えると方向を転換したり修正したりが
そもそもの話で出来ないという事態に陥る可能性が高いからです。

最初の1棟・2棟は購入できたんだけど、その後が融資が下りずに全く購入が出来ない・・・・・。
これが所謂「信用毀損(しんようきそん)」という状態になります。
・区分物件を現金ではなく融資を付けていくつも購入してしまった方
・利回りが低い物件(10%以下)を融資を付けて購入してしまった方
・空室率が高い物件を融資を付けて購入してしまった方
・積算(土地の路線
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 流行の(元)サラリーマンによる不動産投資本。一流企業(?)のサラリーマンという社会的な信用を背景に、銀行から莫大な借り入れを受け、収益不動産を短期間で一気に買い進む。それも頭金ゼロで。ひと頃はやった「通販大家さん」と似ているような、でもどこか少し違っているような。通販大家さんが流行したのは、メガバンクが収益不動産への融資姿勢を緩和した05年頃〜だったと記憶しているが、この著者が収益不動産を買い進んだのは、まさにこの時期だったのではないのか。本の中には、具体的な購入時期がはっきり書かれておらず、やや不誠実な印象を持った。読者が本当に知りたいのは、08年のリーマンショック後もこうしたハイレバレッジ型の不動産投資が本当に可能であるのかどうかである。それから、RCマンションを3棟買ったくらいで、サラリーマンを辞めてしまうことが合理的な判断なのか疑問。次の投資が難しくなるんじゃないの?

 2ヵ月後に再読したうえで、感想を追加します。

 2005年頃の不動産プチバブル時に勢力を急拡大した不動産の新興企業群を想い出しました。そのほとんどはリーマンショック後の金融危機で資金繰りが行き詰まり、破綻に追い込まれました。代表的な存在がダヴィンチでしょう。

 この方が実践している異常なハイレバレッジ型の不動産投資を拝見していると、ダヴィン
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー