通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
干物妹! うまるちゃん 10 (ヤングジャンプコミ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付き。本の状態は劣化なく非常に良好です。緩衝材を使用しメール便で発送致します。分類番号35
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

干物妹! うまるちゃん 10 (ヤングジャンプコミックス) コミックス – 2017/4/19

5つ星のうち 3.5 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 350
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 干物妹! うまるちゃん 10 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • ひもうと! うまるちゃんSS 1 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • 亜人ちゃんは語りたい(5) (ヤンマガKCスペシャル)
総額: ¥1,853
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

うまるは、家ではダラダラ生活な“干物妹"で外では完璧スタイルな“美妹"!! そして第3の顔であるU・M・Rスタイルで仲良くしている、いつも元気なシルフィン。そんな彼女の意外な秘密が判明して!? 他にも叶課長が家に来たり、三者面談で妹Sのお母さん達が集合したりと、内容盛り沢山! ますます楽しさ増える第10巻っ!!



登録情報

  • コミック: 176ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088906306
  • ISBN-13: 978-4088906300
  • 発売日: 2017/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 駒形の新梧 トップ1000レビュアー 投稿日 2017/4/30
形式: コミック
単行本の巻数が二桁を突破した事、そして巻末のオマケ漫画にあるように、アニメ第二期が決定したのは、たいへん喜ばしいことであります!
表紙は橘シルフィンフォード(以下「シルフィン」)と主人公のうまるちゃんの凄腕ゲーマーとしての顔であるU・M・Rで、第4巻(レビュー済)以来のカップリングであります♪
下町(アメ横があるから上野?)を一緒に食べ歩いたり、シルフィンの母親の運転でサービスエリアを巡りながら冬の山梨をドライブしたりと、ゲームのライバルというより友達としてますます仲良くなる二人・・・中でも昔のゲーム(初代プレステのモンスターファームが元ネタ?)を通して、シルフィンが10年間も会話していないという兄のアレックス(うまるの兄・タイヘイの同僚)とのエピソードを思い出した話はとても良かったですね♪
シルフィンを出せば、切絵にも触れておかないといけませんね・・・以前は羽子板対決をした二人ですが、今回はマラソン大会!?そして彼女達だけの対決にとどまらず、今回は三者面談で母親同士のファッション対決とは(≧▽≦)・・・しかしまあ、なんと対照的な二人ですこと(*^。^*)
三者面談でそれぞれの進路について語っている場面があって、ストーリーの進行とともに各キャラもまた成長していることが感じられる反面、うまるちゃん(こまるVer.)を元に絵本を描いている切絵が、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
今回のは総体的によかった。
アニメ二期も始まるみたいなんで今後に期待してます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 amzn cstmr 投稿日 2017/4/20
形式: コミック
前の巻で干物妹を卒業すると言ってうまるが自分の正体を皆に打ち明けようとする話がありました。あの時は結局秘密のままにしておくという選択を取った訳ですが、仮にあそこで正体を明かしていても3人とも受け入れてくれたんだろうなあ、とも思います。あの話でもって、うまるの成長話という点では一区切りついたと言えるでしょう。
もう少し言うと、うまるの「キャラの演じ分け」がストーリ上、意味を成さなくなったとも言えます。それに合わせるように、家と外とでのキャラの差異も余り無くなったようにも感じます。外での美少女設定など、もうあって無い様なものでしょう。この差の縮まりを、前述のうまるの人としての成長によるものだと見る事も出来るでしょう。ただ、実生活ならともかくこういった変化が漫画として効果的に機能してるかと言えば微妙なんじゃないでしょうか。

初期の「家ではグータラな干物妹、外では万能美少女の美妹」という設定はキャラクターのセールスポイントとしても解りやすいですし、ギャグを生むものとしても有効に機能します。此処を薄めてしまうと読者にとってのフックとでもいうものが無くなってしまいます。実際、今では「家と外でなんか見た目が変わるだけの女の子」といった具合。言うなれば登場人物の個性が埋没化した結果、ギャグ漫画としては観るべき部分が少なくなって、ほのぼの日常系になっていくのも自然な流
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
電子書籍版を1ヶ月遅れて配信する意義は一体どこにあるというのか。いい加減にしろ。
1 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻よりも感動系の話が多いです。

芥川さんが切絵ちゃんの絵本に対して、キャラクターを愛しすぎるあまりに
「危険な目やハプニングにあわないので読者が退屈してしまう」とアドバイスした内容そのものだと思うのですが。。

今は日常ギャグ1割、ほろり系9割です。
割合を逆にして欲しいです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ある漫画家が「読者の予想を裏切っても、期待は裏切るな」と言っていた記事を見たことがあります。
私がこの漫画に期待していることは、「日常ギャグ漫画」でした。
最初は私の期待に応えている漫画だったのですが、前巻に引き続き、期待を裏切る作品となってしましました。

期待を裏切った理由は、笑わせようとする話が、スマホゲームを課金しすぎて怒られるオチといった、
漫画をある程度読んでいる人なら予想ができる話だからです。
感動を誘う話も申し訳ないのですが、「話だけなら自分でも書けるのでは?」と思ってしまいます。

うまるちゃんの怠惰なキャラに対しても、感動や笑いが起こりませんでした。
特に進路相談の話でうまるちゃんが発言した
「大学に行って4年!院まで行ったら、もっとダラダラ暮らせる。」のセリフが、ただ単に腹が立つだけでした。
怠け者キャラとはいえ、大学への偏見が酷すぎます。
進路相談に来てくれないと思っていた兄が来たことに対する、うまるちゃんの照れ隠しなのでしょうが、
真面目に大学で勉強している人に失礼です。

私の意見は考えすぎと思うかもしれませんが、
漫画を含め、本を読むことは、話にのめり込んだり、自分の想像力を豊かにする為だと思っ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー