¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
幕臣たちは明治維新をどう生きたのか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

幕臣たちは明治維新をどう生きたのか 単行本(ソフトカバー) – 2016/4/2


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/4/2
¥ 1,620
¥ 1,619 ¥ 93
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 幕臣たちは明治維新をどう生きたのか
  • +
  • 明治維新と幕臣 - 「ノンキャリア」の底力 (中公新書)
総額: ¥2,506
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

江戸幕府の崩壊のなかで、
敗者となった3万人を数える幕府直属の旗本・御家人らが
どんな運命をたどったのか。
そして明治時代をどう生きたのか。
知られざるエピソードから読み解く「敗者たちのその後」。

明治維新時の幕臣たちの進路は、新政府への仕官、
徳川家(静岡藩)へ仕官、帰農という3つだったといわれる。
しかし実際には、他藩に仕えた者から、
海外亡命した者まで、さまざまな道を取っていた。
理由のひとつが幕臣としての立場の違いにあり、興味深いことに譜代よりも、
幕末に取り立てられた「にわか幕臣」たちが
最後まで徳川家に忠誠を尽くしたことも見て取れる。
明治に至って技術者や写真師として活躍した者、
没落した者たちなど、意外な事実を明らかにしつつ、その後の運命を描く。

内容(「BOOK」データベースより)

明治維新という激動に直面した幕臣たち。幕府の倒壊とともに身を沈めた者がいた一方、むしろ維新後にこそ才能を開花させた者もいた。その多様な軌跡をたどって、埋もれた歴史を掘り起こす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 206ページ
  • 出版社: 洋泉社 (2016/4/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800309034
  • ISBN-13: 978-4800309037
  • 発売日: 2016/4/2
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 531,683位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。腕時計 カシオ腕時計 カシオ メンズ電波腕時計 メンズ