幕末機関説 いろはにほへと 巻の四 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,400
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ◆UNV-Media OUTLET◆
カートに入れる
¥ 1,580
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
カートに入れる
¥ 2,398
通常配送無料 詳細
発売元: にしだ商店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

幕末機関説 いろはにほへと 巻の四 [DVD]

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 1,400 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,080 (78%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Ace libros 【年中無休で発送中!!土日祝日も発送しています】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 1,050より 中古品の出品:13¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 幕末機関説 いろはにほへと 巻の四 [DVD]
  • +
  • 幕末機関説 いろはにほへと 巻の五 [DVD]
  • +
  • 幕末機関説 いろはにほへと 巻の六 [DVD]
総額: ¥6,380
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: 浪川大輔, 佐藤利奈, 井上和彦, 諏訪部順一
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/04/25
  • 時間: 75 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000MTF2OS
  • EAN: 4934569628275
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 179,227位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『装甲騎兵ボトムズ』『FLAG』などを手掛けた高橋良輔が総監督を務める幕末剣豪アクションアニメ第4巻。東征軍が占領した江戸の町で、官軍兵士と戦うひとりの侍を助ける耀次郎。それは病に冒された新撰組隊士・沖田総司だった。第9話から第11話を収録。

内容(「Oricon」データベースより)

『装甲騎兵ボトムズ』『ガサラキ』の高橋良輔総監督作品。時は幕末。世に騒乱と混乱を巻き起こす「覇者の首」と、その封印を宿命づけられた「永遠の刺客」の二者の対立を描いた幕末剣劇アクション!第9話「黒猫哭く」、第10話「上野陥つ」、第11話「一座ふたたび仮櫓」を収録。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

彰義隊と新政府軍の戦いである上野戦争を背景に、
坂本竜馬の妻・おりょうが、竜馬の言葉を耀次郎に
伝えるべく、 横浜と江戸の間を行き来する第4巻。

沖田総司、榎本武揚などの有名人も初登場。
蒼鉄が榎本武揚に接触したり、死んだはずのあの人が
実は…、という感じで、 水面下では、不穏な動きも
進行していきます。

ところで、上野戦争において新政府軍を勝利に導いたのが、
新兵器のアームストロング砲。

『いろはにほへと』と同じく「幕末」をモチーフとしている
『銀○』では、 ずいぶんな扱いを受けていたなあ、
ということを思い出し、ちょっとウケましたw
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 弥白 投稿日 2008/5/24
派手な大立ち回りこそないものの、落ち着いた話が好きな人にはお勧めできるかもしれません。今回は主人公と面識があるという新撰組の沖田総司が登場。坂本竜馬暗殺事件の時に消えてしまった首の行方に新撰組が関係していたのでは、と耀次朗は病の床に臥す沖田を訪ねます。死期が迫った彼と黒猫を絡める辺り、不穏さがよく表現されていたと思います。竜馬と首の真相に気づいた耀次朗が、次巻ではついに仲居屋・首と対決。楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
幕末設定と絵にひかれて購入しましたが…。
1巻を観たとき「?」と思いつつ、まだ始まったばかりだしこれから面白くなるのかも…と4巻まで買ってしまいました。
よく考えれば自分が面白く思える作品は、例え途中からだろうが最終回だろうが観た瞬間からその世界に入っていけるし、キャラの関係や世界観が分からないながら興味を持てるんですよね。
しかしこの作品は「集中しなければ」と自分に言い聞かせ、多大な根気を要して11話まで観てきたような気がします。
絵柄が好きだから、買ってしまったから、幕末だし、なんて未練を持たず1巻で「?」と思った時点でやめなかった私が馬鹿でした。
★ひとつはジャケイラの分です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック