¥ 1,620
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 324 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,296
Kindle版価格
¥ 1,620
単行本

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 324 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
幕末明治 新聞ことはじめ ジャーナリズムをつくった... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

幕末明治 新聞ことはじめ ジャーナリズムをつくった人びと (朝日選書) 単行本 – 2016/12/9

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 796
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 幕末明治 新聞ことはじめ ジャーナリズムをつくった人びと (朝日選書)
  • +
  • 応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 46pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

幕末の激動の中から明治日本が生まれる過程で、
長崎、横浜、東京などで次々に新聞が生まれた。
読者も少なく、活字も販路も取材網もなく、手書きのものもあった。
本書は草創期の新聞の苦闘とそこに見られた
ジャーナリズム精神の萌芽を9人の新聞人の生涯を通じて描く。

●ジョセフ・ヒコ(第1章)は、漂流民として数奇な人生を送り、横浜で「海外新聞」を発行した。
●W・A・ハンサード(第2章)は、長崎で初めて本格的な英字新聞を発行した英人。
●柳川春三(第3章)は、幕府洋学派のリーダーで「中外新聞」を創刊した。
●福地源一郎(第4章)は、「江湖新聞」で初の筆禍事件の後、「東京日日新聞」で新聞史に大きな足跡を残す。
●岸田吟香(第5章)は、ジョセフ・ヒコと「海外新聞」で協力し、維新後は「東京日日」で記者として活躍する。
●J・R・ブラック(第6章)は、英字新聞を発行後、念願の日本語日刊新聞「日新新事誌」を出すが政府の罠に。

この他、遣欧使節としてフランスの新聞を見て
新聞の必要性を幕府に進言した池田長発、
新政府に出仕せず「朝野新聞」で活躍した幕閣・成島柳北、
「横浜毎日新聞」創刊にかかわり活字鋳造に貢献した
本木昌造の生涯もあわせて紹介している。

出自、個性、文章、めざしたものもさまざまだったが、
各人の挑戦、苦労、挫折の全体が、
近代国家に不可欠な、報道と言論の舞台としての新聞という
ニューメディアを育てていった。
ジャーナリズムを育てた新聞という媒体には、
誕生時から、政府の干渉、党派的報道、販売競争など
今日に通じる問題も見られる。
その歴史は、今、新聞・テレビの時代を経てネット時代を迎え、
ジャーナリズムが変貌をとげようとしている。
その針路を考える上で先人たちの歴史は示唆に富んでいる。

内容(「BOOK」データベースより)

幕末の激動の中から明治日本が生まれる過程で、長崎、横浜、東京などで次々に新聞が生まれた。読者はかぞえるほど、活字も販路も取材網もなく、手書きのものもあった。草創期の新聞の苦闘とそこに見られたジャーナリズム精神の萌芽を、9人の新聞人の生涯を通じて描く。出自、個性、文章、めざしたものもさまざまだったが、各人の挑戦、苦労、挫折の全体が、近代国家に不可欠な、報道と言論の舞台としての新聞というニューメディアを育てていった。ジャーナリズムを育てた新聞という媒体には、誕生時から、政府の干渉、党派的報道、販売競争など今日に通じる問題も見られる。今、新聞・テレビの時代を経てネット時代を迎え、ジャーナリズムが変貌をとげようとしている。その針路を考えるうえで先人たちの歴史は示唆に富んでいる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2016/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022630523
  • ISBN-13: 978-4022630520
  • 発売日: 2016/12/9
  • 梱包サイズ: 19 x 12.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 432,457位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年1月7日
形式: 単行本
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。青軸 キーボード