通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
常連さんが増える会話のコツ〈銭湯の番台が心がけてい... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 CARPE DIEM書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

常連さんが増える会話のコツ〈銭湯の番台が心がけている〉 単行本(ソフトカバー) – 2015/1/29

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 817

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 常連さんが増える会話のコツ〈銭湯の番台が心がけている〉
  • +
  • 銭湯養生訓
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 60pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

廃業寸前の銭湯「日の出湯」を4代目として引き継ぎ、
経営を立て直すことを決意した著者。
「価格競争はできない」
「新たな設備投資もきわめて難しい」
「すぐ近くに強力な競合店がある」
このような“三重苦"を抱えたなかで、他の銭湯との
違いを出すために取り組んだのが、お客さまとの日々の会話。
日々、番台でお客さまと話しながら、失敗したり学んできた
「感じがいい」店になるための会話のコツとは?

【目次より(抜粋)】
◆第1章 出会った瞬間、心が温まるような挨拶を
挨拶から自然とつながる「プラスアルファの一言」を、会話の入り口に
いくらていねいでも、無味乾燥なマニュアル口調は逆効果
「久しぶりの友人が訪れたような出迎え」を意識する……

◆第2章 「ご年配のお客さまに好まれる話題」の見つけ方
「天気」の話は効果大。気象庁と呼ばれるくらいの情報を
スポーツが好きなお客さまのために、旬の話題をおさえておく
「思い出話」に触れるときは、細心の注意が必要
「孫はかわいい」との思い込みは危険。家庭の事情は人それぞれ……

◆第3章 「聞き方」を変えれば、もっと信頼される
同じ話のくり返しでも、返事を変えて常に新鮮に聞く工夫を
話は必ず最後まで聞く。それが間違っているときでも
アドバイスを求められるまでは、相談事も聞き役に……

◆第4章 ご年配の方に、声をかけるときに気をつけること
10歳違えば考え方も異なる。ひとくくりにしてはダメ
おじいちゃん、おばあちゃん扱いは絶対しない
なかにはプライドの高い人も。「知っていますか?」はタブー……

◆第5章 お客さまの様子を見ながら、ふさわしい接し方を
恐縮していたら、「大丈夫ですよ」と声をかける
さり気なく名前をたずねて、以後は名前でお呼びする……

◆第6章 相手の立場になって考えて、さらに愛される
できることなら、深刻な話も最終的には楽しい話に
「お客さまの素敵なところ」をいつも探せるように……

著者について

田村 祐一(たむら・ゆういち)

1980年12月生まれ。東京都大田区蒲田にある「大田黒湯温泉 第二日の出湯」の四代目、
銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2010年8月、世界に銭湯ファンをつくる活動「銭湯部」を創部。
SNSで話題を呼び、NHK首都圏ネットワーク、お元気ですか日本列島、
朝日新聞、共同通信社などの取材を受ける。
2012年5月より創業の地である浅草「日の出湯」のマネージャーとして銭湯経営に携わる。
赤字経営が続いていた「日の出湯」だったが、
「お客さまに心地よくなってもらう」という一心で番台をつとめることで、
常連客を着実に増やしている。

日の出湯
http://hinodeyu.com/

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: プレジデント社 (2015/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4833421151
  • ISBN-13: 978-4833421157
  • 発売日: 2015/1/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 2 x 12.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 248,776位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読みやすくて一気に読んでしまった。
最後まで読ませる、というのは実は大変で、そこは書き手の力量なのだ。
「感じが良い」をキーワードとして話を進めるよ、と最初に言ってしまってから、
超具体的な話を少しずつ区切って紹介するやり方は、読み手を飽きさせない。

内容は、考えてみれば当たり前で些細なことの積み重ねなのだが、それを意識を持ってやり続けられるか、ということがこの本の根底を成している。
最近話題になっている「引き寄せの法則」なども、結局はこの「些細な意識の維持が導くスパイラル」の事を言い換えているように思える。

当たり前で些細なことは一番難しい。
何かと言い訳を考えて手を抜くことが簡単すぎるからだ。
つい流されてしまうことに棹(さお)をさし、そして継続することが肝心なのだ。

内容については100%同意する。

だが、本書を読み物として捉えた場合に、どうしても物足りなさを感じてしまう。
それは、挙げられた失敗例がどれも大した失敗ではなく、
お客様の帰り際に玄関まで出るのはやりすぎだった、など、どう考えても致命的とは思えない失敗例ばかりなのが要因だ。
そのなかでも最大の失敗と思われる例に至っては、田村氏ではなく、お
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
廃業寸前の銭湯の経営を、いかにして立て直したのか。そんな内容に興味を持ってこの本を読んだ。
平易な言葉で書かれており、スイスイ読めてしまう。
そこに書かれていたのは、小手先のテクニックではなく、心の持ち方の大切さである。
浅草の銭湯というだけあり、その心の持ち方こそが、現代の意気なのではないだろうか。
経営の立て直しという点においては、満足のいく答えは得られない。しかし、会話、コミュニケーションの本としては、その平易な表現とは裏腹に、とても奥の深いものであった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本には難しい事は何一つ書かれていません。お江戸下町の銭湯の若き四代目の経営方針は”心配り”なのだ。本当に純粋にお客様に想いを馳せ、心を配る。気を使うのと、心を配る事のニュアンスの違いを感じます。心ある客商売をした事のある人ならば”そうそう””あるある”と頷くような事が満載で、それを愚直にやり続ける理念としてその想いが綴られています。そしてその先にあるモノは小さな小さな幸せなんだろうなと予測させる何かがあります

全ての接客業の方に読んで欲しい

心温まるようなエピソードは失敗談も含めて、誰にでも手に届くところにあるような人に対する”心配り”だ、その神髄は一泊何十万もする高級ホテルも、一回440円の銭湯でも同じである。心の問題なのだと思う、下町の銭湯の番台で繰り広げられる心配り、商売の神髄がそれだけに身近に感じられる。私自信お客様商売をしているので、この本は仲間に読んで貰おうと思っている。幹部の社員から、高校生のアルバイトスタッフ迄、読書慣れしていない人でも2時間で”心配り”とは何かに触れる事ができる、教科書としてもうってつけです。

実際に訪問しちゃいました!!

で・・実は私、実際に日の出湯さんに訪問してみました。小さな小さな銭湯に、そこには常連のお客様が出入りしています。全てのお客様が入浴前或い
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
国際的なテロリズム、見知らぬ国での内戦、地球温暖化、、
すべての社会課題は人類の存続の前に横たわっている。
それらの問題を解決する方法とは何か。

「隣近所の半径5mの人たちと仲良くする」

これを全人類が実行すれば、自ずと世の中は良くなるのではないか。
大層なことを述べて社会や権力を批判する床屋や居酒屋での談義も良い。
でも、もっとも参考にするべきなのは、“銭湯談義”なのだ。

あのおじいちゃん、今日も元気に歌を唄っていたな。
おばあちゃん、またお菓子をくれたよ。
あそこの子ども、今度は小学校入学だってね。
今度近所に引っ越してきた新婚さん、犬を飼いたいって。

SNSや仕事では着飾ることが多くて、何気ない世間話ができなくなっている。
心も身体も裸になって交流すれば、ちょっと気になっていたことのヒントや
ご近所で実は解決できるアイデアや知恵を持っている人と出逢えるかも。

今日も下町の銭湯では、ほっこりするコミュニケーションが行なわれているのだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック