中古品
¥20
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の日焼けと汚れ有り。カバーに多少のすり傷あり。記載ない限り帯・付録・特典などは付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

常識として知っておきたい日本のしきたり (PHP文庫) 文庫 – 2007/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥1

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

「お節料理」「雛祭り」「七夕」「十五夜」「年越しそ
ば」......。日本人なら誰でも知っている行事や習慣。しかしその由来や正式な
作法は? と聞かれると意外と困ってしまう人も多いはず。古来から伝わるしき
たりには、それぞれ始まった理由や意味がある。そしてそこには、今なお私たち
の暮しを豊かにしてくれる智恵や工夫が息づいているのである。
本書は、「衣」「食」「住」といった日常の習慣から、「冠婚葬祭」や「年中行
事」「信仰」といった特別行事や精神生活まで、身近な「しきたり」についてわ
かりやすく解説したものである。
「食べると七十五日寿命がのびると言われた初物」「桜の開花の様子から農作物
の出来を占うことが目的だった花見」「相撲はもともと地に宿る悪霊や疫神を、
四股(しこ)によって踏み鎮める神事だった」「年越しそばは、残すと翌年お金
に苦労する」など、意外なエピソードがわかる本。
『暮しに生きる日本のしきたり』を改題。

内容(「BOOK」データベースより)

「お節料理」「雛祭り」「七夕」「十五夜」「年越しそば」…。日本人なら誰でも知っている行事や習慣。しかしその由来や正式な作法は?と聞かれると案外困ってしまう。本書は知っているようで知らない日本のしきたりについて解説したものである。「花見は、桜の開花の様子から農作物の出来を占う、共同祈願の一種だった」など、意外なエピソードがわかる本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 317ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2007/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569668674
  • ISBN-13: 978-4569668673
  • 発売日: 2007/06
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,316,866位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう