この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

常温核融合2008―凝集核融合のメカニズム 単行本 – 2008/5

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 17,149 ¥ 5,631
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

常温核融合は、発見当初こそ“放射能がほぼ発生しない、クリーンな核エネルギー”として、科学界やマスコミを賑わせたが、再現性の悪さなどから、「似非(えせ)科学」と指弾され、研究者たちも次々と去っていった。しかし、その後も、世界で約300人が研究を続け、研究者コミュニティとして正式な学会をもつことになった。そして、これまで、100パーセント再現性のある「核変換」実験などを含め、数多くの研究者からさまざまな発表が行なわれ、徐々にその実像が解明されようとしている。本書では、当分野の第一人者である著者が、「常温核融合」(凝集系核科学)研究の歴史と、著者らの最近の研究成果を詳しく解説する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高橋/亮人
1963年大阪大学電気工学科卒業。1965年大阪大学大学院原子核工学専攻修了、工学博士。1965‐2004年大阪大学原子力工学科にて助手・助教授・教授を勤め、2004年定年退官。大阪大学名誉教授。専門は核融合中性子工学・核反応。阪大にて、強力14MeV中性子源を建設・利用して、長年内外と共同研究。日本原子力学会特賞、同フェロー、タイチェンマイ大学名誉理学博士。趣味として、凝集系核現象を研究。フィアット財団トリュフ賞、岡田科学技術賞、2004年より凝集系核科学国際学会会長、大阪大学特任教授、(株)テクノバ、理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 工学社 (2008/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777513610
  • ISBN-13: 978-4777513611
  • 発売日: 2008/05
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 890,851位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2009年8月16日
形式: 単行本
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年6月15日
形式: 単行本
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。時計 カシオ時計 スポーツ時計 電波 腕時計腕時計 カシオ腕時計 カシオ メンズ防水とけい 腕時計