通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
帳簿の世界史 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

帳簿の世界史 単行本 – 2015/4/8

5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,106
¥ 2,106 ¥ 1,243

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 帳簿の世界史
  • +
  • バランスシートで読みとく世界経済史
  • +
  • 会計の歴史探訪 -過去から未来へのメッセージ-
総額: ¥7,938
ポイントの合計: 163pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「権力とは財布を握っていることである」

アダム・スミス、カール・マルクス、マックス・ウェーバー……。
彼らが口を揃えて主張していた「帳簿」の力とは、一体何なのか。

これまでの歴史家たちが見逃してきた「帳簿の世界史」を、
会計と歴史のプロフェッショナルが初めて紐解く。

・なぜスペイン帝国は栄え、没落したのか。
・なぜフランス革命は起きたのか。
・なぜアメリカ独立は成功したのか。
・なぜ日本は急速に列強へ追いつくことができたのか。

その歴史の裏には全て、帳簿を駆使する会計士たちがいた!

【目次】

■序 章 ルイ一六世はなぜ断頭台へ送られたのか

■第1章 帳簿はいかにして生まれたのか
奴隷が帳簿係を務めたアテネ、ハンムラビ法典で会計原則が定められていたバビロニア、歴代の皇帝が帳簿を公開したローマ帝国。だが古代の会計は不正に満ちていた。それはいかに進化し、複式簿記の発明へ至ったのか。

■第2章 イタリア商人の「富と罰」
教会法で金貸業が禁じられていた一四世紀のイタリアでは、商人と銀行家は常に罪の意識に苛まれていた。だが、最後の審判を恐れるその信仰心こそが、会計を発展させたのだ。彼らの秘密帳簿は、それを示している。

■第3章 新プラトン主義に敗れたメディチ家
ルネサンス期のフィレンツェを支配していたメディチ家。ヨーロッパ最大の富豪を支えた会計技術は、なぜ一世代で失われてしまったのか。その謎を解く鍵は、新プラトン主義によるエリート思想の流行にあった。

■第4章 「太陽の沈まぬ国」が沈むとき
一六世紀になっても会計への偏見は根強かった。だが、スペインは赤字続きの植民地を前に、遂に会計改革に乗り出す。重責を担ったフェリペ二世だったが、オランダの反乱・無敵艦隊の敗北など、更なる悪夢が彼を襲う。

■第5章 オランダ黄金時代を作った複式簿記
東インド会社を中心とした世界貿易で途方もない富を得たオランダ。その繁栄の秘密は、複式簿記にあった。国の統治者が史上初めて複式簿記を学び、それを政権運営に取り入れることができたのは、一体なぜなのか。

■第6章 ブルボン朝最盛期を築いた冷酷な会計顧問
ヴェルサイユ宮殿を建設したルイ一四世を支えたのは、会計顧問のコルベールだった。財政再建に奮闘したその手腕はアダム・スミスにも称賛されたが、同時に彼は会計の力で政敵を容赦なく破滅へと追い込んだ。

■第7章 英国首相ウォルポールの裏金工作
スペイン継承戦争の巨額債務や南海泡沫事件など、イギリスの財政危機を何度も救ったウォルポール。だが彼の権力と財産は、国家財政の秘密主義なくしては得られず、その長期政権も裏金工作によって支えられていた。

■第8章 名門ウェッジウッドを生んだ帳簿分析
イギリス史上最も成功した陶磁器メーカーの創立者・ウェッジウッド。彼は経営に確率の概念を取り込み、緻密な原価計算を行うことで会社を繁栄させた。この時代、富は信心と几帳面な会計の産物だとみなされていた。

■第9章 フランス絶対王政を丸裸にした財務長官
ルイ一六世から財務長官に任命されたスイスの銀行家・ネッケルは、それまで秘密のベールに包まれていた国家財政を、国民へ開示した。そのあまりにも偏った予算配分に国民たちは怒り、フランス革命が起きた。

■第10章 会計の力を駆使したアメリカ建国の父たち
「権力とは財布を握っていることだ」。アメリカ建国の父たちの一人、ハミルトンはこう喝破した。複式簿記を郵政会計に導入したフランクリン、奴隷も個人帳簿に計上したジェファーソン。彼らはみな会計の力を信じた。

■第11章 鉄道が生んだ公認会計士
鉄道の登場により、財務会計の世界は急速に複雑化した。鉄道会社は巨大企業へと成長するが、粉飾決算が横行。その監督のために公認会計士が誕生することになる。彼らは、規制がなく野放し状態のアメリカで奮闘した。

■第12章 『クリスマス・キャロル』に描かれた会計の二面性
一九世紀から二〇世紀にかけて、会計は小説や思想にどのような影響を与えたのか。父親が会計士だったディケンズ、複式簿記の発想が『種の起原』に見られるダーウィン、会計を忌避したヒトラーから見えてくるものとは。

■第13章 大恐慌とリーマン・ショックはなぜ防げなかったのか
複雑化した会計は、もはや専門教育を受けた人でなければ扱えない。その中で大手会計事務所は、監査で知り得た財務情報をもとにコンサルティング業を開始する。明らかな構造的矛盾のもと、最悪の日は近づいていた。

■終 章 経済破綻は世界の金融システムに組み込まれている

■日本版特別付録 帳簿の日本史(編集部)

内容(「BOOK」データベースより)

未来の資産価値を現在に置きかえる帳簿が生まれたとき、世界が変わった。アダム・スミス、カール・マルクス、マックス・ウェーバー…。彼らが口を揃えて主張していた「彫簿」の力とは、一体何なのか。これまでの歴史家たちが見逃してきた「帳簿の世界史」を、会計と歴史のプロフェッショナルが、初めて紐解く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 381ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163902465
  • ISBN-13: 978-4163902463
  • 発売日: 2015/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 64,547位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
読みやすい記述である。世界史の有名人が沢山登場し、会計の面から眺めた評価や逸話を聞かせてくれる。世界史の知識や事件の解釈が豊富になり、たいへん勉強になる。
また会計の門外漢、簿記に忌避感を持つ人でも無理なく読める内容となっている。

しかし、問題点も多い。

(1)「世界史」となっているが、欧米しかのべていない。巻末に編集部が日本の帳簿史を追加しているが、中国、インド、イスラム圏については触れられていない。そもそも欧州で「帳簿が発達する基礎として、アラビア数字の普及があった」ことを記しているにもかかわらず、アラビアについて何も言及していない。

(2)本書の前半では「帳簿」とは「複式簿記」を指しているが、ルイ14世の頃から「国家統計」と混同している記述が多い。

(3)「帳簿」の内容がどのように進歩したかといった話はまったく読み取れない。会計を厳密に運用することの重要性とそれを維持することが如何に困難かを、繰り返しのべる。
「会計責任の欧米史」とすれば、過不足ないタイトルであろう。

(4)都合の良い史実のみ強調する例
①ルイ14世は当初、会計を重視し繁栄したが、コルベールの死後、関心を失い財政破綻を招き、王朝としての破綻の原因を作ったと述べる。
...続きを読む ›
コメント 157人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は北イタリアでルネサンス期に複式簿記が誕生してから現代に至るまでの会計の歴史について書かれたものである。前半は主に宗教との関係に頁が割かれ、「金を扱う職業や会計慣行の大半は教会法に反していた」「中世の銀行家や商人には罪の意識がまとわりついて」いたことが会計の発展を促したという指摘は逆説的で興味深い。

中盤では絶対君主や政府と会計との関係について述べられており、その歴史は「会計改革というものは、始まると直ちに頑強な抵抗に遭う」ことに尽きる。しかし徐々に「会計の信頼性こそが政治の正統性を保証するとの見方が浸透していく」。巻末で「会計が文化の中に組み込まれていた社会は繁栄する」と総括している。

最後に米国における巨大企業の粉飾会計とそれを規制するために登場した会計士がミイラ取りがミイラになる様を書いている。アーサー・アンダーセンがエンロンの不正会計容疑に伴い解散に追い込まれたが、「二〇〇八年の金融危機に関連して有罪になった者は一人もいない」。「要するに事業の内容が複雑過ぎ、規模が大きすぎて、銀行であれ企業であれ政府機関であれ、もはや監査不能なのだ」。そして「経済の破綻は単なる景気循環ではなく、世界の金融システムそのものに組み込まれているのではあるまいか」と絶望的な詠嘆で締め括られているが、いかに優れたシステムであれ運用するのは人間である。絶望も希望も人間次第ではないだろうか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボーン・ウイナー トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/11/24
形式: 単行本 Amazonで購入
私は今から約50年前、一会計学徒であった。
恩師片野一郎教授の著書に「複式簿記をはじめて体系化したのはイタリアのルカ・パチョーリであった。」との記述があったのを覚えていえるが
このパチョーリなる人物がいかなる人物かについては全く記述がなく講義でも述べられることがなかった。おそらく片野先生自身もパチョーリとはどんな人物なのかご存知なかったのではないかと愚考する次第である。

しかし、本書の第四章「太陽の沈まぬ国」が沈む時、では冒頭からパチョーリの著書「算術、幾何、比および比例全書」が1494年に印刷されたことに始まり、以下約10ページに亘ってパチョーリの生い立ち、ダビンチと交友関係があったというパチョーリの人となりなど、詳細にパチョーリについて述べている。パチョーリの肖像画まで掲載されている。
これなどは、会計学の専門に学ぶものにとっても大いに参考になるのではないか。

本書を読み進めるにあたって複式簿記の予備知識が必ずしも必要とは思はないが、中世から複式簿記方式での帳簿組織は、毎日の取引を日記形式で記録した日記帳からはじまって、この取引日記を借り方・貸方に分類する仕訳帳、仕訳帳から転記する総勘定元帳、さらにこれをまとめた財務諸表が昔からあったことは驚きだが、複式簿記の知識があったほうが本書をよりよく理解することが
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルに言及されているレヴューもありますが、この本の序章にも「本書はこの問題に切り込み、会計責任を果たすことがいかにむずかしいかを知るために、七百年におよぶ財務会計の歴史をたどる。」とあります。「この問題」とは「財務報告の責任はどうあるべきか、どうすれば責任は果たされるのか」、「現代社会がこうもたびたび財政と政治の責任能力の喪失に陥るのはなぜか」ということです(いずれも本文より引用)。「帳簿の世界史」というタイトルは日本語訳としてキャッチーにつけたものであり、帳簿や複式簿記の歴史的成り立ちを主軸として書いたものではありません。従って複式簿記の成り立ちや変遷を知ろうとして本書を読むと、かなり物足りなさを感じます。

原題も

THE RECKONING
FINANCIAL ACCOUNTABILITY and RISE and FALL of NATIONS

なので、「勘定(会計) 会計責任と国家の浮沈」といったところでしょうか。国家や企業会計が国の存亡にかかわるという視点で書かれており、本書でも言及されているリーマンショックしかりですが、昔から繰り返されていることのようです。

「会計責任の歴史を帳簿記録の観点から考察した本」としては結構読み応えがある良書だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す