¥ 2,484
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 486 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,998
Kindle版
¥ 2,484
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 486 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
  • ポイント: 75pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
帰還兵はなぜ自殺するのか (亜紀書房翻訳ノンフィク... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

帰還兵はなぜ自殺するのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ) 単行本 – 2015/2/10

5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 300

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 帰還兵はなぜ自殺するのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)
  • +
  • 兵士は戦場で何を見たのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ II-7)
  • +
  • 戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥6,588
ポイントの合計: 199pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

ピュリツァー賞作家が「戦争の癒えない傷」の実態に迫る傑作ノンフィクション。内田樹氏推薦!

本書に主に登場するのは、5人の兵士とその家族。 そのうち一人はすでに戦死し、生き残った者たちは重い精神的ストレスを負っている。
妻たちは「戦争に行く前はいい人だったのに、帰還後は別人になっていた」と語り、苦悩する。
戦争で何があったのか、なにがそうさせたのか。
2013年、全米批評家協会賞最終候補に選ばれるなど、米国各紙で絶賛の衝撃作!

「戦争はときに兵士を高揚させ、ときに兵士たちを奈落に突き落とす。若い兵士たちは心身に負った外傷をかかえて長い余生を過ごすことを強いられる。
その細部について私たち日本人は何も知らない。何も知らないまま戦争を始めようとしている人たちがいる。」(内田樹氏・推薦文)


【書評も多数! 】
東京新聞夕刊(6月8日)/「大波小波」
『週刊金曜日』(6月5日号)/書評(伊藤氏貴氏・文芸評論家、明治大学准教授)
日刊スポーツ(6月2日)/「政界地獄耳」
朝日新聞 (5月29日)/「天声人語」
『AERA』(5月25日号)/書評(星野博美氏・作家)
赤旗(5月15日)/「潮流」
毎日新聞(5月3日)/書評(中島岳志氏・北海道大学大学院准教授)
公明新聞(4月27日)/書評(山田満氏・早稲田大学教授)
日本経済新聞(4月26日)/書評(渡辺将人氏・北海道大学准教授)
朝日新聞(同日)/書評(保阪正康氏・ノンフィクション作家)
週刊読書人(3085号)/書評(小俣和一郎氏・精神科医、精神医学史家)
『週刊朝日』(4月10日増大号)/書評(上野昴志氏・評論家)
『週刊文春』(4月2日特大号)/短評
『週刊新潮』(4月2日号)/書評(大竹昭子氏・作家)
北海道新聞(3月29日)/書評(鎌田實氏・医師、作家)
日刊ゲンダイ(3月27日)/「出版HOT NEWS」
新潟日報(3月29日)/書評(広瀬弘忠氏・東京女子大名誉教授)
山陰中央新報(3月22日)/書評(同上)
神奈川新聞(同日)/書評(同上)
下野新聞(同日)/書評(同上)
京都新聞(同日)/書評(同上)
沖縄タイムス(3月21日)/書評(同上)
『サンデー毎日』(3月8日増大号)/著者インタビュー掲載
『心と社会』(2015年162号)/書評(玄東和氏・帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科医)
毎日新聞夕刊(3月15日)/書評(上野千鶴子氏・社会学者)
しんぶん赤旗(4月17日)/コラム(豊田栄光氏)
不戦(冬・春季号No.176)/書評(安川寿之輔氏・名古屋大学名誉教授)
現代ビジネス(7月17日)/書評(熊谷達也氏・作家)

内容(「BOOK」データベースより)

本書に主に登場するのは、アダム・シューマン、トーソロ・アイアティ、ニック・デニーノ、マイケル・エモリー、ジェームズ・ドスターの五人の兵士とその家族。そのうち一人はすでに戦死し、生き残った四人は重い精神的ストレスを負っている。妻たちは、「戦争に行く前はいい人だったのに、帰還後は別人になっていた」と語る。戦争で何があったのか、どうしてそうなったのか…。イラク・アフガン戦争から生還した兵士200万のうち、50万人が精神的な傷害を負い、毎年250人超が自殺する。戦争で壊れてしまった男たちとその家族の出口なき苦悩に迫る衝撃のレポート!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 390ページ
  • 出版社: 亜紀書房 (2015/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 9784750514253
  • ISBN-13: 978-4750514253
  • ASIN: 475051425X
  • 発売日: 2015/2/10
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 134,014位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


15件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.6

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

言及のある他のレビューを読む

15件中1 - 8件目のレビューを表示

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2015年2月23日
形式: 単行本Amazonで購入
190人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年2月4日
形式: 単行本Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年5月1日
形式: 単行本Amazonで購入
77人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年9月29日
形式: 単行本Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年1月7日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2017年5月10日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2015年12月28日
形式: 単行本
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月21日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告