帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【クリーニング済み/動作確認済み/正規品】【Amazon配送センターより発送】【状態】付属品【ディスク、ディスクケース付】 全体的に傷等少なく、綺麗な状態です。 Amazon配送センターより丁寧に梱包し迅速に発送致しますので、安心してお買い求めくださいませ。 「代金引換」「コンビニ」「ATM」「ネットバンキング」「電子マネー」払いが可能です。 「お急ぎ便」「コンビニ受取」など各種配送方法もお選びいただけます。 万が一、商品に不備があった場合は、Amazonが責任を持って迅速に返金対応等を致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.0 38件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 3,175より 中古品の出品:3¥ 2,499より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • 顔のないヒトラーたち DVD
総額: ¥6,347
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: オリヴァー・マスッチ, ファビアン・ブッシュ, クリストフ・マリア・ヘルプスト, カッチャ・リーマン, フランツィスカ・ウルフ
  • 監督: デヴィッド・ヴェンド
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: ドイツ語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ギャガ
  • 発売日 2016/12/23
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 38件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01LTHKTIU
  • JAN: 4589921403801
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,494位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ヒトラーが現代にタイムスリップし、人気芸人に!?ギャップに笑い、まっすぐな情熱に惹かれ、正気と狂気の一線を見失う、世にも危険なコメディ!
観る者のモラル、常識、価値観が試される! 現代社会に警告を鳴らす、世界中で売れまくりのベストセラー小説を映画化!


【特典映像】
・メイキング
・オリヴァー・マスッチ来日インタビュー
・予告編集
・キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)
・プロダクションノート(静止画)

【キャスト】
オリヴァー・マスッチ
ファビアン・ブッシュ
クリストフ・マリア・ヘルプスト
カッチャ・リーマン
フランツィスカ・ウルフ
ラース・ルドルフ
ミヒャエル・ケスラー
トーマス・ティーメ

【スタッフ】
監督:デヴィッド・ヴェンド
脚本:デヴィッド・ヴェンド、ミッツィ・マイヤー
原作:ティムール・ヴェルメシュ「帰ってきたヒトラー」
製作:クリストフ・ムーラー、ラース・ディートリヒ
撮影監督:ハンノ・レンツ

【ストーリー】
ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?
「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、
長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。
自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。
しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた<ホンモノ>で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

※特典映像、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

現代にタイムスリップしたヒトラーが、芸人として大スターになる様を描いたコメディ。ある日、ヒトラーにそっくりの男がとあるTVマンによって見出され、TV出演させられることに。男は長い沈黙の後、自信に満ちた過激な演説を繰り出し…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
 とかく日本のメディアではトランプ大統領登場や欧州の”極右”政党の躍進を案ずる声が多いのだが、そんな心配ばかりしていても解決しない。何が起きているか理解することが必要だ。この映画は、その問いに対して大きなヒントを与えてくれる。それも”ヒトラー”という最も刺激的なアイコンを用いて。原作は2012年の小説だが、映画化された今は、さらにタイムリーだ。
 あらすじや設定はあえて書かないが、それでも触れておきたいことがある。 劇中のドイツ庶民の不満の声に見られる妙なリアリティだ(役者の演技だけでなく、ドキュメンタリー的に取材もしているらしい)。ヒトラーに戸惑いながらも惹かれていくその様は他人事ではない。
....政治家たちが中東情勢介入の失敗した罪滅ぼしとして難民を受け入れる(「なんでおれたちの税金が使われる?」)、グローバル企業が安い賃金確保のために移民を受け入れる(「おれたちの仕事や給料が減るのはいいのかよ!?」)そして、彼らの不満が行動となって過激になればもっと酷い状態になる。しかし一方、彼らを排他的で暴力的だと批判する人たちにも同様の傾向が当てはまらないのだろうか? どちらも自分たちが正しいと叫びながら衝突する...
 誰にでもヒトラー的な部分は存在し得ると思うし、彼をタブー化することで免疫を失うことが一番危険ではないだろうか? 私個人はそのような解釈を
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画と原作は違います。
原作は本を出して一言言って終わりましたが、映画では本を出した後のことも追加されました。映画撮影をしてドキュメンタリーのようにドイツの移民問題についての映像を流しています。
また、原作では「あの女はすでに〜」や「ダックスフンドはユダヤ的な〜」というヒトラーによる現代ドイツ批評やヒトラーの使う車選びで「メルセデスが〜」が削除されました。さらに映画では秘書?の女の子がヒトラーに対して怒りを出して「密告のせいで私の家族は〜」というシーンも削除されています。
原作と映画では違いがかなりありましたので、見比べても(読み比べても)良いと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ある日、ヒトラーの姿をした男(オリヴァー・マスッチ)が街に現れる。
男はリストラされたテレビマンに発掘され、テレビに出演することになったが、視聴者の度肝を抜く演説をし、一躍時の人に。
なぜなら、ヒトラーを彷彿とさせるものの、ユーモラスでありながら真理をついているから。
しかし、男はタイムスリップしてきた本物のヒトラーだった・・・。

原作はドイツのティムール・ヴェルメシュが2012年に発表した風刺小説で、ドイツではベストセラー。
「スラップスティック」(体を使ったギャグ)と評されただけあり、とにかく面白い。
顎が外れるかと思った。
しかし、内容は笑えない。
他のレビューにもあるように、現在の世界がこの映画の世界と酷似しているから。
ヒトラーが登場した当時の世界を思い出し、極端な国粋主義を戒める。
これが筆者のメッセージだろう。
現在公開中の『マリアンヌ」もそうだが、最近は戦争がいかに悲惨かを描いた作品が多い。
改めて映画から学ぶことは多いことを実感した。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 こういう映画を作れるドイツという国はスゴイですね。
 今世界中で起こって広がりつつある、排斥的で非寛容な考え方に対し、逆説的に警鐘をならす良くできた作品です。
 ヒトラーは言う。
 「今この国は奈落にまっしぐらだが、みなそのことに気づいていない」
 2016年の現代の状況は、タイムスリップしてきたヒトラーにとっては1932年の状況に近いという。
 そしてそのことに人々は気づいていない。
 そこがヒトラーがつけいる隙となる。
 なぜ、第二次世界大戦のヒトラーが当時のドイツ国民に支持されたのか。
 それは国民がヒトラーに騙されたからではない。
 明確に道筋を示した指導者を国民自らが選んだのだ。
 ヒトラーは言う。
 「彼らの本質は私と同じだ。なぜ彼らが私を支持するのか。それは心の底で共感しているのだ」
 本作はコメディの形をとった現代社会への警鐘です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す