中古品の出品:7¥ 3,544より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

帝都物語 [DVD]

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 3,544より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 石田純一, 原田美枝子, 嶋田久作, 勝新太郎, 姿晴香
  • 監督: 実相寺昭雄
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2009/08/28
  • 時間: 136 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002B6ZBAU
  • JAN: 4988111286215
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 63,055位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

我を崇めよ 闇の魔都・東京でサイキック・ウォーズ勃発!


☆特撮映画の名作!大ベストセラー荒俣宏「帝都物語」を映画化!

☆『ウルトラQザ・ムービー 星の伝説』の巨匠・実相寺昭雄監督作品!

☆『平成ガメラ』の監督・樋口真嗣、造形・原口智生が参加!


●興収10億円を突破!公開年の年間邦画興収第8位を記録した大ヒット作!

●監督は『姑獲鳥の夏』の実相寺昭雄!原作は荒俣宏の大ベストセラー「帝都物語」!日本近代史を陰陽道、風水などの東洋系サイキックの視点から描き直し、伝奇小説に新風を吹き込む!

●近代日本の実在の文化人たち、実業家・渋沢栄一、文士の幸田露伴、森鴎外、泉鏡花、物理学者の寺田寅彦などが登場! 日本最初のロボット"学天則"の製作者・西村真琴を、実子の西村晃が演じたのも話題!

●後に『平成ガメラ』を世に送り出し、日本の特撮映画の第一人者となる樋口真嗣、原口智生が参加!

●コンセプチュアル・デザインは『エイリアン』のH・G・ギーガー!

■ストーリー
明治末期、都破壊を目論む謎の軍人、加藤保憲が出現。彼はサイキック・パワーを自在に操り、東京の地霊・平将門を怨霊として目覚めさせ、帝都・東京の壊滅を目論む。加藤の野望を阻止するべく、平将門の末裔である辰宮洋一郎と妻の恵子、そして一千年に渡って日本を見守ってきた陰陽師の末裔、平井保昌が立ち上がる。彼らに幸田露伴、森鴎外、泉鏡花ら近代日本の実在の人物たちが協力する。

■出演
辰宮洋一郎:石田純一 『愛と平成の色男』『旅立ち ~足寄より~』
辰宮恵子:原田美枝子 『60歳のラブレター』『ブタがいた教室』
加藤保憲:嶋田久作 『K-20 怪人二十面相・伝』『おろち』
渋沢栄一:勝新太郎 『座頭市』シリーズ
辰宮由佳理:姿晴香 『NIGHT HEAD』「介護エトワール」
鳴滝順一:佐野史郎 『ジェネラル・ルージュの凱旋』『20世紀少年』
大河内正敏:寺田農 『ぐるりのこと。』『次郎長三国志』

■スタッフ
監督:実相寺昭雄 『姑獲鳥の夏』『シルバー假面』
原作:荒俣宏 『帝都大戦』
脚本:林海象 『探偵事務所5“ ~5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語~』『THE CODE/暗号』
撮影:中堀正夫 『姑獲鳥の夏』『シルバー假面』
美術監督:木村威夫 『人のセックスを笑うな』『紙屋悦子の青春』
コンセプチュアルデザイナー:H・R・ギーガー 『エイリアン』『スピーシーズ/種の起源』

コンテ作画:樋口真嗣 『ガメラ 大怪獣空中決戦』『ガメラ2 レギオン襲来』『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』
スペシャルメーキャップ:原口智生 『ガメラ 大怪大怪獣空中決戦』『ガメラ2 レギオン襲来』『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』

☆日本語字幕、16:9スクイーズ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

荒俣宏のベストセラー小説を実相寺昭雄が映画化。明治末期の東京を舞台に、都壊滅を目論む謎の軍人・加藤保憲と、それを阻止しようとする人々の戦いを描く。加藤はサイキックパワーを自在に操り、東京の地霊・平将門を怨霊として目覚めさせる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 きり 投稿日 2015/4/2
Amazonで購入
おどろおどろしい雰囲気が飽きない。
たまに見返します。加藤が来るぞ(°_°)!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
たまたま発見してポチットナしました。
いやぁ~駄作ながら懐かしいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
嶋田久作の演技が光っている。SFXも当時の日本では、最高だったのだろう。CGを使いすぎる昨今のSFより面白かった。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
実相寺昭雄監督なのでやっぱりどことなくウルトラマン感のある演出と音楽
手作りのSFXを含めまぁうまいこと作ってある

予算も10億円と日本映画では多め、でもたぶん明治の街並み造りにほとんど使っている気がする

話は原作新書版1~4巻までなんやけど、さすがに消化し切れずだいぶ端折ってある感が…
けっこう重要ポイントもぬけてたりする
135分もあるのだからもうちょっと語れたのではないかと思うが、まぁ仕方ないか…

個人的に一番気になったのは辰宮兄=石田純一がミスキャストではないかということ
あの役は気持ち悪い妹萌えで、近親相姦したり、妹を殺したりの汚れ役なのに、汚れ感が全くない
ラストに唐突に兄妹で抱き合って正門塚に飲まれていく描写も原作とかけ離れ、なんだかなーって感じがした…

それから恵子=原田美枝子がちょっと歳行き過ぎかと…
もうちょっと若い人がよかったです…(゚ー゚;

しかし、学天則の開発者 西村真琴博士がその役を演じていた俳優西村晃氏の本当のお父さんだというのがにくいですね(^^♪

まぁでも、万人ウケ部分の雰囲気はよく出てるし、それなりに面白いですよ

そういや
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作は御存知、荒俣宏氏。初期の代表作。キャストは、豪華絢爛。勝新太郎、高橋幸治、西村晃といった大御所、桂三枝(当時)、坂東玉三郎、佐野史郎、そして美しい原田美枝子さん他、有名俳優多数。
画像はウルトラマン監督作品らしく特撮要素満載。

内容面が実は面白い。
震災対策も唱えた寺田寅彦、地下鉄の早川徳次、震災復興構想の後藤新平の代わりに渋沢栄一。帝都の霊的防衛を主張する陰陽師に安倍清明ともつながる土御門家。
加藤保憲の用いる☆印は、清明紋である。
八門遁甲、風水術、式神、江戸総鎮守神田明神など、いまでも辿れる神社、術式が登場する。
日本橋の青銅の麒麟、大手町の将門塚なども実在。

一見悪役ともとれる加藤保憲の主張も、乱開発を進める都市への警鐘ととれなくもない。
地震の怖さは、映画の当時より、3.11以降のわれわれのほうが危険をよく承知しているといえるかもしれない。

そして、原田美枝子さんの凛とした美しさ、である。

この映画、昭和末期のウルトラ的怪奇映画ともいえるかもしれないが、豪華俳優を惜しみなくキャスティングした、自然回帰特撮映画といえるかもしれない。

加藤を快演、怪演した嶋田久作の危機迫る演技と、荒俣氏の原作、アニメ、
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
劇場で観賞した際は、原作も読んでいなくてストーリーに付いて行く事がやっとで
嶋田久作氏の怪演だけが凄く印象に残った楽しみ方しかできませんでしたが、その後
原作を読み知識を把握する事でやっと映画全般が理解できた少し難解な作品です。

しかし、原作を知らなくとも加藤保憲と言うキャラは凄くインパクトの強い魅力を持った悪の
ヒーローである事は理解できましたし、嶋田氏が演じる事で完成された今までにない希有な
キャラだと思います。

故・実相寺監督の光と影の絶妙なコントラストが作品に凄くマッチしていて独特の世界に誘います。
当時では最先端技術だった手法も現代の撮影手法やCGから見れば古さを禁じ得ませんが、そこは
公開当時を鑑みて深く追求せず観て欲しいと思います。

現在の日本映画の様に「沈まぬ太陽」みたいな長時間映画も普通ではない頃の作品の中では、それでも2時間越え
と言う大作でしたがやはり原作の持つ魅力を最大限引き出す事は難しく、ダイジェスト化している事は否めません。

せめて、護法童子を登場させる明確な理由付けではラグランジュの永遠の満月を画策するシーンが欲しかったですし
冒頭のもの忌みの儀式シーンの前にも辰宮家と加藤の邂逅エピソー
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー