帝都大戦 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

帝都大戦 [DVD]

5つ星のうち 3.3 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,731 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 259 (6%)
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 帝都大戦 [DVD]
  • +
  • 帝都物語 [DVD]
  • +
  • 魔界転生 [DVD]
総額: ¥10,211
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 加藤雅也, 南果歩, 嶋田久作, 荒俣宏, 高橋長英
  • 監督: ラン・ナイチョイ, 一瀬隆重
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2009/08/28
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002B6ZBBE
  • EAN: 4988111286222
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 47,602位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

戦争はこれからだ 帝都・東京が壮絶な戦場と化す!

☆監督は『GOEMON』製作の一瀬隆重!
☆『帝都物語』の続編「戦争編」を映画化!
☆嶋田久作の怪演は必見!


●『帝都物語』続編!荒俣宏の「帝都物語」シリーズの「戦争編」を映画化!

●監督は 『孔雀王』『孔雀王/アシュラ伝説』のラン・ナイチョイ! アクション監督に『レジェンド 三蔵法師の秘宝』を迎え、サイキック伝奇ロマンと迫力の香港アクションが融合!

●SFXは『死霊のしたたり2』などハリウッド映画で活躍する日本人SFXマン、スクリーミング・マッド・ジョージ!

■ストーリー
昭和20年、東京は連日の空襲で地獄と化し、満ち溢れた怨念によって帝都破壊を画策する魔王・加藤保憲が蘇える。日本の霊的指導者である高僧、観阿弥光凰は、瀕死の日本を勝利へ導くべく驚くべき秘策を準備していたが、加藤がその前に立ちはだかる。加藤を倒すため、霊能力を持つ青年、中村雄昴と、東京の守護神である平将門の末裔、辰宮雪子が命を賭けて挑んでいく。

■出演
中村雄昴:加藤雅也 『アンフェア the movie』『ジュテーム~わたしはけもの』
辰宮雪子:南果歩 『夜のピクニック』『妖怪大戦争』
加藤保憲:嶋田久作 『K-20 怪人二十面相・伝』『おろち』
東亜商会担当者:荒俣宏 『妖怪大戦争』
小笠原真教:高橋長英 「篤姫」『それでもボクはやってない』
近衛文麿:日下武史 『まだだよ』『天河伝説殺人事件』
観阿弥光凰:丹波哲郎 『日本沈没』『たそがれ清兵衛』


■スタッフ
原作:荒俣宏「帝都物語11 戦争編」
総監督:ラン・ナイチョイ 『孔雀王』『孔雀王/アシュラ伝説』
監督:一瀬隆重 『GOEMON』(製作)、『シャッター』(製作)
脚本:植岡喜晴『精霊のささやき』 李美儀
SFX:スクリーミング・マッド・ジョージ 『死霊のしたたり2』『スピーシーズ リターン/種の終焉』
アクション監督:フィリップ・コク 『レジェンド 三蔵法師の秘宝』『黄龍 イエロードラゴン』
撮影:安藤庄平 『麻雀放浪紀』『修羅がゆく』
音楽:上野耕路 『ウンタマギルー』『江戸川乱歩劇場 押繪と旅する男』

☆日本語字幕、画面サイズ:16:9スクイーズ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

荒俣宏原作の『帝都物語』の続編。昭和20年、連日の空襲で地獄と化した東京には怨念が満ちあふれていた。それら負の力によって甦った帝都の破壊を企む怨霊の化身・加藤保憲に、霊能力を持つ青年・中村雄昴と平将門の末裔・辰宮雪子が立ち向かう。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

前作「帝都物語」は原作の圧縮版というか、
原作を駆け足で観ていく作品でしたが、
こちらは「初見でも楽しめるように」と気遣って作られたようにも思えます。
当時では分かりにくい「陰陽道」を超能力に置き換え描写しています。
ただ、加藤の五芒星の手袋などは印象にのこるように描写されています。
その辺りで「見えないけれど式神を使っているのだろうな」とか、
脳内補完で何とか。

また、サントラの曲名で
「復活−怨霊たちの慟哭−」「この身,我物にあらず」という感じのタイトル曲があるように、
この大戦での「加藤保憲」自体はナレーションでも語られますが、
戦争で死んでいった人間の怨念を「憑依」させているのではないかなと思わせます。

だから台詞もあまりなく、ただただ破壊し呪うだけの存在になっているのかと。

ラストはあっさりしていますが、噂だと加藤と一個小隊のバトルも予定されていたとか。
その辺りもあればもっと派手な作品になったと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
話は原作新書版11巻の一冊分だけなんやけど
それをさらに端折って陰陽師などのややこしい部分を外しアレンジ
かなり別物の超能力ウォーズになっている

僕はコレはこれで好きなんやけど(ちゅーか実相寺版よりこっちの方が好き)
原作大好きな人にはかなり評判悪い(ちゅーか原作ほんまに好きやったら実相寺版も色々あかんと思うんやけどね…)

アクション監督香港から呼んで加藤にワイヤーアクションさせて跳ばしまくるし
スクリーミングマッドジョージにSFX担当させて加藤が負けるときデローンて裏返ったりとなかなかのおもしろグロ描写も満載
という感じで完全に娯楽に徹しきった方向性
ま、中途半端に原作を追って消化不良気味になるより潔いと思います

個人的には
野沢尚子が「アメリカさんは病院なんか撃ちませんよ」とか言って窓から手を振ってたら
機銃掃射をあびて撃ち殺されるシーンがなぜか心に残っています
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 夜の翼 投稿日 2012/2/29
今までに何度繰り返して見たかわかりません。大好きな映画です。

同じような異能者として生まれついた人間が、家系、境遇によって立場を変えてひとつの世界の崩壊とそれにどう対処して「生きる」のかを、冒頭の異様なエピソードからさまざまな悲劇を通じて最後までテンションを落とさずに圧倒的な表現で描写しきった名作です。

息抜きとしての笑いや美しい自然の風物をはさみながら、無力で愚かで策のない、あるのは必死の抵抗、気構えだけ、という状況でそれでももがき傷つく男と、「もう見たくない」と一度はそれに背を向けた女の間の情感が無残に死によって引き裂かれ、それでも生きていく女たちの、ラストシーンの美しさは異様なまでに感動的です。

その女は特別な家系の出身だった。それゆえに天与の守護が与えられ、皮肉にも最大最凶たるべき「敵」であるはずの怨霊が、ラストシーンの大逆転につながります。
けれども女は、この世でやっとめぐり会えたたったひとりの男を失い、ひとりで歩いていくことを強いられます。友達はいる。仲間はいる。でももう男はどこにもいない。

これだけの悲劇を、誰も知らない。女も語ろうとはしない。
ただひとり、胸に秘めて生きていく。残された人生を悪夢と喪失とを道連れにして。

そんな愚かな人の世
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本作における加藤保憲の強さは、前作の比ではない。
兵士の身体を手を触れずして捩じ切り、または車を動かし、または敵対者の腕を折るなりする・・・完全無敵と言っても過言ではない。

しかし残念なことに、本作には陰陽道らしいところが全くない。加藤と対峙する青年の中村も霊力があるというのものの、この両者は寧ろ念力やサイキックパワーの使い手(超能力者)にしか見えないのである。式神の姿も見えず、全くの別作品に見えてしまう。

ストーリー展開も原作とは違い、原作を既に知っている人にとっては『なんだこれ』という状態になる。そもそも、加藤が一度死んでいる設定になっている時点で、原作とは異なる。映画内容も、軽く感じてしまうであろう。

だが、軽い反面、衝撃的な場面が多い。そのほとんどは流血表現で、上述した兵士が死ぬ場面、中村がぼこぼこにされる場面のみならず、子どもの身体が虫であったり、加藤の顔をした子供が同時に出てくるとか・・・子供が見たら間違いなく『トラウマ』になります。

もっと原作に寄った作りをしてくれれば面白かったのではないかと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...


フィードバック