この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

帝国陸軍 見果てぬ「防共回廊」 単行本 – 2010/3/16

5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 17,130 ¥ 4,900
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

ノンフィクション作家。拓殖大学日本文化研究所客員教授。1961年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。証券投資部、北京駐在員事務所、国際協力銀行出向などを経て、約14年間の勤務の後に退職。1999年、早稲田大学大学院理工学研究科に入学し、2001年、同修士課程を修了。

デビュー作『なんじ自身のために泣け』(河出書房新社)で第七回蓮如賞を受賞するほか、2004年刊行の『拒否できない日本』(文春新書)では「年次改革要望書」の存在を明らかにし、アメリカの日本に対する内政干渉を検証して大反響を呼んだ。主な著書に『国富消尽―対米隷従の果てに』(PHP研究所、吉川元忠氏との共著)『奪われる日本』(講談社現代新書) 『アメリカの日本改造計画』(イースト・プレス)『大川周明の大アジア主義』(講談社、2007年)がある。


登録情報

  • 単行本: 313ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2010/3/16)
  • ISBN-10: 4396613598
  • ISBN-13: 978-4396613594
  • 発売日: 2010/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 75,139位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
私は歴史には人一倍詳しいつもりでしたが、この本に書かれていることのほぼ全てを知りませんでした。この本が上梓されなければ、知らずに一生を終えた筈です。他の方のレビューにもありますが、戦後65年経ち、関係者もその子供も世を去ろうとしている時に、中国語の文献を含む驚くほど多くの史料を駆使して、戦後の日本人が全く知らなかった史実を掘り起こした著者に賛辞を送ります。筆者は、慶応大学を出て東京銀行に長く勤め、日本社会のエリートと言える立場にあった方ですが、大学生の頃から「チベット問題」などに関心を持ち、銀行員の勤務を全うする傍ら、研究を続けていた由。凄い方がおられるものです。

以前から「内蒙古で、自治政権を樹立した徳王」については辛うじて知っていましたが、「良く分からないが、軍閥の類」と理解していました。この本で詳細な履歴をはじめて知りました。徳王が、粘り強い努力によって、漢民族の支配を脱して、日本の後ろ盾を得たとは言え、はじめて内蒙古に「モンゴル人による自治」をもたらし、日本の敗戦後は、どこにも逃げず、最後まで内蒙古の自治を維持するために努力したが、報われずに獄死した「義士」であることを知りました。この本は、「徳王の名誉を回復した書」であると言えるでしょう。

また、戦前の日本陸軍が、当時の世界でトップレベルの情報力を持ち、特に中国とソ連に関する情報
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本に出てくる日本人の名前は、かなり日本近代史に詳しい人でも、知らない人がほとんどだろう。しかしおそらく、未来に新たなる『東亜先覚志士紀伝』が編纂されるようなときがくれば、ここに登場する日本人たちはその登場人物となるだろう。『東亜先覚志士紀伝』とは、満洲国建国後に内田良平が編纂した浩瀚な東亜先覚の人物伝である。
関岡氏の本著はそれほどの画期的な書物である。
今まで日中間の近代史と思われていた戦争の相貌がまったく違った視点から見えてくる。
「防共回廊」――なんと素晴らしい計画であり、気宇壮大なロマンであったことだろうか。
今までの視点では、日本の中国侵略としか言い表されなかった日本の軍事行動が、「防共」という観点を入れることによって、大きな意味の転換がなされるのだ。
満洲の満洲人、内外モンゴルを通じるモンゴル人、そしてダライ・ラマを中心としてまとまるチベット人、中東と手をつなぐウィグル。これらの回廊を日本は本気で結ぼうとしていたのだ。
関岡氏はシナに住む回教徒を「回民」と当時の言葉で表現する。戦前の盧溝橋の絵葉書に、橋を渡るらくだの隊商の群れの写真が使われているが、あれは回民たちの仕事だったのだろうか。
「防共回廊が実現できていれば朝鮮戦争もべトナム戦争もなかった」というあとがきは、日本のかつての軍事行動の正当性
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読みながらかなり興奮してしまう本。この本を特徴づけるサブタイトルをつけるとしたら、「大川周明」「イスラーム」そして大川周明の考えに基づき国交を開いた「アフガニスタン」としてみたい。
しかし落ち着いて考えてみると、アイデアは壮大だがどこまで現実的なアイデアなのか、実際に当時の日本に実行可能だったのか、というのは多少疑問が残る。
大川周明の教育機関についての記述があるが、塾生の方がまだご存命で、そのインタビューDVDがあるのも発見した。そちらも大変興味深い。他の方のレビューで当時のイスラームといえば東南アジアとのご指摘がありましたが、インタビューによると大川塾ではアラビア語やペルシア語を教えていたとのことなので、やはり中東へ実際に塾生を派遣することを考えていたように思える。
あとあえて気になるところを上げるとしたら、西川一三の日本敗戦後の残留とインパール作戦への評価だろうか。敗戦後、内地にかえっても植民地になって(まさに関岡さんが今指摘していること!)男は奴隷、女は強姦されているから帰っても仕方がないから残る、とした人が結構いた。西川にも似たような認識はなかったのだろうか。またインパール作戦はたしかにインド軍の積極さはあったが、この本の書き方はどうかな?
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 八木下滋 VINE メンバー 投稿日 2011/2/15
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、旧帝国陸軍の「防共回廊」戦略を明らかにしたのもだが、この戦略を過去のものとして読み解くべきではない。これは、これからの日本にとっても、非常に有効な戦略たり得る。しかも、欧米諸国や中共には、まずとることのできない戦略である。そう言う意味においても、本書が刊行されたことの意味はとても大きい。歴史の中に埋もれてしまったかのような、この「防共回廊」に光を当てた著者にも敬意を表したい。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す