¥ 2,376
  • ポイント: 72pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
帝国の最期の日々 下 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

帝国の最期の日々 下 単行本 – 2018/2/27

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2018/2/27
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 帝国の最期の日々 下
  • +
  • 帝国の最期の日々 上
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 164pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

時代も地域も異なれば、形も違っているアレクサンドロスの帝国から現代のアメリカまで、2500年にわたる20の帝国の崩壊をまとめて取り上げた初の歴史書。
崩壊の原因はあまりに多様で、過去の失敗を繰り返さないための定義はおろか、法則も見つけることができない。

目次

11 ナポレオンまたはフランスの夢の終わり――一八一二 ― 一八一五年
12 中華帝国の九つの人生
13 オーストリア王家の終焉――一九一八年
14 オスマン帝国の最期――一九一八 ― 一九二二年
15 第三帝国の最期の日々――一九四五年
16 原爆で解体された大日本帝国――一九四五年
17 イギリス帝国の後退――強国から影響力のある国へ――一九四五年から現在まで
18 フランスの植民地帝国の悲劇――一九四五 ― 一九六二年
19 ソ連の最期またはロシア帝国の二度目の死――一九八九 ― 一九九一年
20 アメリカ帝国は衰退に向かうのか?

執筆者一覧
参考文献

帝国の最期の日々◆上・目次

まえがき 永遠のくりかえし
1 アレクサンドロスの帝国の終焉――紀元前三三一 ― 三二三年
2 西ローマ帝国の長い断末魔
3 ペルシアのササン王朝、急転直下の失墜――七世紀初頭
4 カロリング帝国の五回の死――八〇〇 ― 八九九年
5 アラブ帝国の未完の夢――七世紀 ― 一五世紀
6 モンゴル帝国、見かけ倒しの巨人――一三世紀 ― 一四世紀
7 コンスタンティノープルの五五日間――一四五三年
8 一つの帝国から別の帝国へ――メキシコ人からスペイン人へ――一五一九 ― 一五二二年
9 予告された死の年代記――神聖ローマ帝国の最期――一八〇六年
10 スペイン帝国の長い衰退期――一五八八 ― 一八九八年

■編者略歴
パトリス・ゲニフェイ(Patrice Gueniffey)
社会科学高等研究院に属するレイモン・アロン政治研究センター研究指導教授。
代表的な著書に、『革命と帝国の歴史』(ペラン社刊タンピュス・コレクション)のほか、とくに『ボナパルト』(ガリマール刊)は評価が高く、多数の賞を受賞している。本書と同シリーズ『王たちの最期の日々』(ペラル/ル・フィガロ・イストワール刊)も監修。

ティエリー・ランツ(Thierry Lentz)
パリ・ナポレオン財団所長。執政政治と第一帝政の専門家としてすぐれた業績があり、著書多数。
ペラン社からは、『ウィーン会議』、『ヨーロッパの建てなおし――1814‐1815年』(ピエール・ラフュ賞を受賞)、『フォンテヌブローの20日間』、『ワーテルロー』を出版。最新刊は『アルバム・ナポレオン』。

内容(「BOOK」データベースより)

大きな傷痕を残した二つの世界大戦と、全体主義の失敗、16世紀から世界を支配していたヨーロッパの衰退で、歴史の終わりがたたえられ、帝国は虚栄の名のもと火刑に処せられたかのようにみえた。しかし、帝国は死すとも、帝国主義だけは永遠に死ぬことはない。その証拠が中国の驚くべき変身であり、あいも変わらぬロシアの復活、大国の重みを隠そうとしないアメリカである。世界の過去を知り、現在を理解するための歴史の重要な教訓がつまったかつてない歴史書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 原書房 (2018/2/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 456205459X
  • ISBN-13: 978-4562054596
  • 発売日: 2018/2/27
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 572,883位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2018年7月10日
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告