通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
帝国の最期の日々 上 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆◆おおむね良好な状態です。中古商品のため若干のスレ、日焼け、使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

帝国の最期の日々 上 (日本語) - – 2018/2/27

5つ星のうち4.4 2個の評価

お届け日: 明日 詳細を見る

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 帝国の最期の日々 上
  • +
  • 帝国の最期の日々 下
総額: ¥4,840
ポイントの合計: 44pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

歴史は永遠にくりかえされるのが定めなのだろうか?この有名な問いかけについてはとりわけ、帝国の誕生と崩壊において考えさせられる。古代から、あらゆる大陸で、いくつかの国や地方が、武器や富、才気をもってほかを圧倒する強国にのしあがり、世界の広汎な区域を支配している。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ゲニフェイ,パトリス
社会科学高等研究院に属するレイモン・アロン政治研究センター研究指導教授。代表的な著書に、『革命と帝国の歴史』(ペラン社刊タンピュス・コレクション)のほか、とくに『ボナパルト』(ガリマール刊)は評価が高く、多数の賞を受賞している

ランツ,ティエリー
パリ・ナポレオン財団所長。執政政治と第一帝政の専門家としてすぐれた業績があり、ペラン社からは、『ウィーン会議』、『ヨーロッパの建てなおし―1814‐1815年』(ピエール・ラフュ賞を受賞)、他、著書多数

鳥取/絹子
翻訳家、ジャーナリスト。著書の他、訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 原書房 (2018/2/27)
  • 発売日 : 2018/2/27
  • 言語: : 日本語
  • - : 272ページ
  • ISBN-10 : 4562054581
  • ISBN-13 : 978-4562054589
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
2 件のグローバル評価
星5つ
71%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
29%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年8月19日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告