¥ 2,268
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い 単行本 – 2014/11/7

5つ星のうち 3.7 45件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,268
¥ 2,268 ¥ 1,480

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い
  • +
  • 和解のために-教科書・慰安婦・靖国・独島 (平凡社ライブラリー740)
  • +
  • 「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 130pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

性奴隷か売春婦か、強制連行か自発的か、異なるイメージで真っ向から対立する慰安婦問題は、解決の糸口が見えないままだ。
大日本帝国植民地の女性として帝国軍人を慰安し続けた高齢の元朝鮮人慰安婦たちのために、日韓はいまどうすべきか。
元慰安婦たちの証言を丹念に拾い、慰安婦問題で対立する両者の主張の矛盾を突くいっぽう、「帝国」下の女性という普遍的な論点を指摘する。
2013年夏に出版された韓国版はメディアや関連団体への厳しい提言が話題になった。
本書は著者(『和解のために』で大佛次郎論壇賞受賞)が日本語で書き下ろした渾身の日本版。

内容(「BOOK」データベースより)

性奴隷vs.売春婦、もはやこの議論は無意味か。対立する「記憶」の矛盾を突き、「帝国」と植民地の視点で見直す。「慰安婦問題」解決のため、“第三の道”を提案する、大佛論壇賞受賞者による渾身の日本版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2014/11/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022511737
  • ISBN-13: 978-4022511737
  • 発売日: 2014/11/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,105位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
韓国で事実上の発禁となり、著者が韓国の検察から在宅起訴された本です。

・この本の長所は、
著者は韓国人ですが、慰安婦の強制連行という虚構は信じていません。また民間業者が慰安婦を集めていた実態や、業者から賃金が支払われていたことなど、慰安婦の事実を否定していません。要するに明らかな虚構を創作していません。韓国人が実名で書いた慰安婦の本では、これは非常に稀有なことです。慰安婦問題で韓国人が明らかな虚構を避けて書いたという点では、評価すべき本です。

著者は今まで無視されてきた慰安婦の証言にも光をあてています。韓国内では絶対に言えないと思いますが、たぶん著者は慰安婦のうち誰が本物で誰が偽物かや、証言のうちどれが本物でどれが偽物かに薄々は気づいていると思います。

著者はこの本の中で慰安婦と兵隊との同志的関係についても述べていますが、これも平均していうと正しいです。理論や書物からではなく、たぶん、著者が本物の慰安婦と接する中でわかったのでしょうね。1991年に日本軍慰安婦が突然に社会問題になった時に、日本側の関係者からの反論が遅れた理由もそこにあります。元兵隊や関係者は、日本や朝鮮の慰安婦に対しては敵側でなく同志的意識を持っていたので慰安婦を売春婦だと明確に言うことに抵抗があったからです。

・この
...続きを読む ›
6 コメント 170人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は韓国人だが、日本軍人が朝鮮半島の村でサーベルを振り回しながら韓国人の処女を誘拐して性奴隷にしたといった通俗的な慰安婦像には批判的である。朝鮮人を含む民間業者が詐欺的な手法を用いて慰安婦を集めていた実態や、一定の賃金が支払われていたことなど、韓国の挺身協などが触れたがらない都合の悪い事項も誠実に記している。

もっとも、彼女たちが自発的な売春婦であるといった右翼的な慰安婦像に同調するものでは全くなく、日本軍の関与の下で事実上拒否できない状況で売春を強要されていたことや、慰安婦の多くが朝鮮人だったことが朝鮮半島への帝国主義支配と無縁ではないことも論じている。

著者の引用する資料は1990年代以降に慰安婦問題がイデオロギー的に脚色される以前に書かれた兵士の手記なども多く、おそらくはかなり実態に即していると思う。

こうした実態認識の下で、日本政府が1965年の請求権協定で国家間賠償はすべて解決済みとの立場を堅持しつつも、日本の帝国主義支配に対する道義的な責任として河野談話を出し、アジア女性基金を立ち上げたことを、その問題点を指摘しつつも、一応は評価している。おそらくは、日本では和田春樹さんなどと一番立場が近いと思う。

おそらく韓国でこの著者のような見解が主流となれば、自民党や民主党の比較的リベラルな
...続きを読む ›
229 コメント 506人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
良くも悪くもここに書かれていることは歴史のひとつの見方であり、立場によって評価は分かれると思うが自分としては読後も末永く書棚に保存し日韓の関係が変化するたびに読み返してみたい一冊である。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
2015年10月30日発行の第6刷を購入しました。

新聞の紹介では、専門書ということでしたので難しい論文形式化と思い読み進みましたが、

一般的な評論書籍と変わることなく深読みすることが出来ました。

著者は、韓国の女性大学教授で慶応義塾大学を卒業後、早稲田大学院で博士課程を修了している方です。

韓国の人口は、5千1百万人で日本の半分ですが、言論統制しやすい国柄なのか、というのが第一印象です。

著者は、挺身協の主張の間違いを指摘していますが、韓国政府が挺身協に振り回されている実情についても紹介しています。

韓国内においては、このような中立的な発言をする人は少数のようですが、もっと広がりが出てくることに期待したいものです。

いみじくも、今日、岸田外相が慰安婦問題で訪韓しますが、今夜のニュースや明日の新聞等の論調が楽しみです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
そもそも出版が「朝日新聞出版」から行われていることに、注意。
原著にある記述が、朝日新聞社にとって不都合な部分はカットされているし、逆に書かれていないことが訳本に記載されている。
関心のあるむきは、西岡力「朴裕河『帝国の慰安婦』をあえて批判する」「歴史通2016.9月号」104p~117 ご参照。
1 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック