通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
希望荘 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより発送】表紙に使用による薄汚れのある部分がございます。しかし、ページ部分は全体的に使用感の少ない良好な状態です。中古品の為、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

希望荘 単行本 – 2016/6/20

5つ星のうち 4.4 35件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,890
¥ 1,889 ¥ 565

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 希望荘
  • +
  • 三鬼 三島屋変調百物語四之続
総額: ¥3,834
ポイントの合計: 116pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

探偵・杉村三郎シリーズ、待望の第4弾!

その部屋には、絶望が住んでいた――。
宮部ファン待望の14か月ぶりの現代ミステリー。特に人気の「杉村三郎シリーズ」の第4弾です。
本作品は、前作『ペテロの葬列』で、妻の不倫が原因で離婚をし、義父が経営する今多コンツェルンの仕事をも失った杉村三郎の「その後」を描きます。
失意の杉村は私立探偵としていく決意をし、探偵事務所を開業。ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年に起きた女性殺人事件を解決するカギが……!?(表題作「希望荘」)
表題作の他に、「聖域」「砂男」「二重身(ドッペルゲンガー)」の4編を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

家族と仕事を失った杉村三郎は、東京都北区に私立探偵事務所を開業する。ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年発生した女性殺害事件を解決するカギが隠されていた!?(表題作「希望荘」)。「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身」…私立探偵・杉村三郎が4つの難事件に挑む!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 460ページ
  • 出版社: 小学館 (2016/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093864438
  • ISBN-13: 978-4093864435
  • 発売日: 2016/6/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.9 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,412位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
杉村三郎、ついに探偵デビュー。前作の不憫すぎるラストからどうなることかと思ったが、まあ元気そうで何より。同業の沢崎さんがずっと開店休業状態なので、三郎さんにはガンバってもらわなくては。前作『ペテロ~』同様、物語のトーンは重くシリアス。大きな仕掛けはないものの、おっとりとした三郎の一人称で、普通の人々の日常に襞のように隠れている闇やネガティブな面を浮き彫りにしていく。短編とはいえ4編とも濃密で読み応えあり。次はぜひぜひ長編を!
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ500レビュアー 投稿日 2016/6/24
形式: 単行本 Amazonで購入
 宮部みゆきさんの作品を全部読んだわけではありませんが(杉村三郎シリーズは全部読んでいます)、シリーズ第1作の「誰か」を読んだ時、杉村夫人のキャラに正直違和感を覚えました。私の知っている宮部作品で、脇役ならともかく主要登場人物に、それも主人公の妻には今までなかったタイプだからです。でも、世間知らずで浮世離れしているお金持ちのお嬢さんでも、真面目で一生懸命なんだからまあいいか、と思っていたら、第3作でのあの結末!
 もしかして、宮部先生は第1作目からそのつもりで書いておられたのでしょうか?

 本書は、あの後味の悪い結末の後、「私立探偵」として再出発を始めた杉村さんの活躍を描いた短編(中編?)集です。4作どれも面白かったですが、個人的には、杉村さんが家族も仕事も失い、故郷の山梨に帰り、そこからまた東京に戻って探偵事務所を開くまでの経緯が語られた「砂男」が一番面白かったです。
 新生・杉村シリーズでは、「今多家」のような「異物」(娘は除く)は混入せず、「オフィス蛎殻」といった心強い後ろ盾も登場し、昔ながらの宮部ワールド全開で、落ち着いて読むことができました。

 それならば、これに先立つあの3作にはどういう意味があったのでしょう?
 財界の大立者であるかつての義父の下で学んだ有形無形の事柄が糧となって、一介の平凡なサ
...続きを読む ›
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
短時間で一気に読んだ。

また誰かから読み返したくなる読後感!

心情猫写の上手さだろうか!?
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
面白くて一気読みしました。

ペテロの葬送のショックが大きすぎて次回作に一瞬怯みましたが
杉村さん元気そうで良かった・・・。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
不思議な作品だ。
ほぼ全てのストーリーが、ハッピーエンドを迎えない。
一言で言えば救いのない話ばかりだ。

さえない私立探偵杉村三郎が、下町の人情に支えられながら
些細な事件の背景にある、ほどけないままになっていた心のもつれや、
癒されることの無い心の傷に光を当てていく・・・。

ヒューマンな装丁の雰囲気から想像されるのは、
そんな物語世界だろう。
それは部分的には当たっているが、
物語が進むにつれて、様相は変わっていく。

行方不明になった老女の行方を探す話では、小狡く生きる娘が大金を手にし、
人身事故の罪と痛みを抱えて生きる友人は、何も手当てされないままに物語が終わる。

慎ましやかに生きてきた母子家庭の母と娘の物語では、
同じように恵まれずに生きてきた若者の出来心で犯した殺人によって
ささやかな幸せへの道を閉ざされる。

宮部みゆきの暖かな筆致と人物造形によって、
決して読後感は悪くは無いのだが、しかし疑問が残る。
宮部ほどの作家なら、物語をもう少しハッピーな方向に変えることは簡単であったはずだ。
しかし、あえて、宮部みゆきはそうしなかった。
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どのお話も、あとくちが良く「もっと読みたいな」と思わせるお話ばかりです。
杉村さんのシリーズはまだまだ続くようで私は楽しみにしています。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YA 投稿日 2016/8/18
形式: 単行本 Amazonで購入
好きなシリーズなので期待していました。短編集なので読みごたえと言う点ではちょっと物足りない気はしましたが、それぞれストーリーは短編にもかかかわらず結構凝っていて楽しめました。同じシリーズの長編もまた読みたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
宮部さんは現代ミステリー物、時代劇物、ファンタジー物と、高いレベルで幅広いジャンルを書く作家さんですが
本作は「杉村三郎シリーズ」と名付けられた探偵杉村三郎のシリーズである。

前作では小説で描かれる事件とは別の、ある意味衝撃的な出来事で幕を閉じ、
それが探偵としてのシリーズ化を予感させるものであったが、
果たして今作の予告で杉村三郎の名前を目にした人達は、
その後の彼の探偵っぷりを目に出来ると喜んだであろうことは想像に難くない。

かくいう私もその一人ではあるが、ただひとつ短編集というのが気になっていた。
「模倣犯」「ソロモンの偽証」に代表されるように大長編を苦も無く読ませる希代の名手が、
短編で各章をストンと落とす切れ味を見せられるのか。
長編でこそ表では見えない人間の陰を描ききることができるのではないか、物足りなく感じるのではないか。

結論から言えば不安は全くの杞憂におわりました。
大事件を解決するわけではないが、4編全てに杉村三郎の人格が滲み出て、登場人物の人生の一辺が浮き彫りにされます。
特に「砂男」を読んでいるときにはあの大傑作「火車」を思い浮かべてしまいました。
これを読むだけでも購入する価値ありと断言してお
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー