通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
希望の国のエクソダス (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

希望の国のエクソダス (文春文庫) 文庫 – 2002/5/10

5つ星のうち 3.4 97件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,697 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 希望の国のエクソダス (文春文庫)
  • +
  • 愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫)
  • +
  • 愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫)
総額: ¥2,474
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   バブル崩壊の2年前、著者は『愛と幻想のファシズム』で、戦後日本が作りあげてきたシステムに拮抗する「狩猟社」を登場させ、世界経済と格闘させた。13年後、教育をテーマにした本書で、著者は再び経済と出あう。金融経済の専門家、文部省官僚などへの3年にわたる徹底した取材から、正確な情報に裏打ちされた話題の超大型長編。

   2002年、失業率は7%を超え、円が150円まで下落した日本経済を背景に、パキスタンで地雷処理に従事する16歳の少年「ナマムギ」の存在を引き金にして、日本の中学生80万人がいっせいに不登校を始める。彼らのネットワーク「ASUNARO」は、ベルギーのニュース配信会社と組んで巨額の資金を手にし、国際金融資本と闘い、やがて北海道で地域通貨を発行するまでに成長していく。

   少年犯罪の凶悪化、学級崩壊など、さまざまな教育問題が噴出し、「学校」「文部省」「親」と責任の所在をたらい回しにする世間を尻目に、子どもたちは旧来の前提に縛られた大人の支えを必要としないことを立証する。『愛と幻想のファシズム』では、システムの破壊を目的とした狩猟社は、その過程で自身がシステム化していくという自己矛盾を抱え崩壊した。「ASUNARO」もまた崩壊の予感が示唆されているが、今回、著者はその手前であえて筆を置く。子どもたちには「希望」を与え、大人たちには「絶望」を突きつける。「ASUNARO」に拮抗するシステムを、今度は社会や大人たちの側が提示する番である。(中島正敏) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

2002年、一斉に不登校を始めた中学生がネットビジネスを展開し、遂には世界経済を覆した! 閉塞した現代日本を抉る超大型長篇
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 452ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2002/5/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167190052
  • ISBN-13: 978-4167190057
  • 発売日: 2002/5/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 97件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,759位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
村上龍が経済に対して造詣を深めるきっかけとなったのは「愛と幻想のファシズム」だと思いますが、おそらくは彼が「教育」について一貫した考え方を示すようになったのが本作だと思います(これがその後の「13歳のハローワーク」に繋がると言える)。

教育は重要ではあるが、「何も考えない」詰め込み教育はその人の将来性をスポイルするだけであり、画一化させるための没個性的な教育であれば受ける価値はない、という危機感を表したものが本書。
「不登校」を単なる子どもの社会に対する反抗ではなく、子どもたちが自身の将来そして日本の未来を考えたからこそ「学校へ行かない」という視点で捉え、自らが学び、実践し、経済活動の一部を担うことの大切さを述べています。

主人公は”大人”の記者で、その記者の目を通した不登校児童についてのストーリーが展開されますが、子どもたちは大人に反抗するわけではなく、独自のコミュニティを組織します。
そこには「大人は不要な存在で、反抗する対象にも値しない」というクールさがあり、一方では不登校児童を「問題児」としてしか捉えることが出来ないステレオタイプな大人たちが滑稽に描かれます。

世代は交代するもので、大人たちが整えた教育システムでは自分たちの将来を担保できない。
そう考えて自分たちで教育システム、
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/4/4
形式: 単行本 Amazonで購入
「荒唐無稽で現実味のない物語」という評価は、言葉づかいをちょっとシフトすれば 、「夢があり、希望にあふれる物語」になる。その評価そのままに、これは児童文学 の傑作だと思う。
アフガンゲリラに参加した日本人少年をきっかけに、日本中の中学生がすべて不登校 に入る。彼らは「あすなろ」と名乗り、インターネットを駆使して新たなビジネスを 起こしていく。一方、沈滞する政治、経済、社会に悩む日本政府は、アジア通貨圏の 構築に突き進むが、これがヘッジファンドに狙われ、日本経済は危機的状況に陥る。 そして、不登校の中学生集団に過ぎなかった「あすなろ」が、このとき大きな役割を 果たすことになる...。
やっぱり中学生に読んで欲しい。最新の経済事情、インターネット、料理に関するウ ンチクなど、中学生には難しすぎるところも多いが、背伸びしないで読めるものばか りが好きな子供がいるだろうか。
それにしても、村上龍の「気配」の表現は本当にうまい。飲み物を買いに行くリーダ ーが感じさせる「あすなろ」のゆるやかな結びつきや、友達気分で彼らにつきあう大 人がやがて敬遠されるようになったり、ナマムギの銃撃のシーンでの不釣り合いなシ ーソーのくだりはうならされる。特に、衛星中継での国会質疑の場面で、ポンちゃん が「この国には本当になんでもある、でも...」と話し始めたときには、背筋が寒く
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読んでいてワクワクした、不登校の中学生たちがどうやって日本社会を変えていくのかと。
最後に自治体を作ってひとつの国家を持ってしまうところまで一気に読み終えた。
「愛と幻想のファシズム」にちょっと似てる。と言うか同じ系統の作品。この手の話は好きだから(笑)現実味がどうとかは問題じゃない。てかこの手の作品しか読まない、村上龍は(笑)
しかし「愛と幻想のファシズム」もそうだけど、出てこないねぇ、実際にこういう連中は(苦笑)
「愛と幻想のファシズム」のほうは、在特会?新風?ちょっと肌色は違うが現実になりかけている気はするが、この作中の、凄い中学生たち、凄い世代はまだまだ、と言うか当分出てこないでしょう。
でも自治体とかだったら、あれくらいぶっ飛んだことをやるところがひとつくらい出てきても良さそうなもんだが(あの通りにやれと言うわけではない) 普通に(?)やってて破綻させるところもあるのだから。
ま、要するに日本社会が温(ぬる)いから、こういう中学生たちが出現すれば簡単に引っくり返せるよと、言いたかったのだと思う。それだけ今の日本という国を心底馬鹿にしていると思う、村上龍は。外国ならこういう中学生たちが出現すれば、問答無用で叩き潰されるか、大人扱いされて一気に社会的に成り上がるかどちらかだから。
「愛と幻想のファシズム」と似ているが、最初から最後まで読んでいて何かファンタジーのような感じだった。おとぎ話のような。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くま 投稿日 2002/7/7
形式: 文庫
物語の前半部分は非常に刺激に満ちた本だった。中学生がネットで連絡しあって独自の経済活動を始める。リアル性はギリギリのところでまだあるし、圧倒的な情報量と幾らかばかりの希望が物語の中から垣間見えた。「限りなく透明に近いブルー」以来の村上龍の小説体験である。近所のお兄ちゃんが24年ぶりに見ると大会社の部長におさまっていた、という感じだ。大人になった。私は全然子供のままなのに…という感じ。
しかし小説の中でポンちゃんが、日本経済どころか世界経済まで演出するに至るや、しらけてきた。村上龍は実はなんの希望も持ってはいない。だからこんな非現実的な結末を用意して平気なのだ。村上龍に危機意識はあるが、自分は安全なところに居ようとしている。つまらない大人になったという感じ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー